こんなことに気をつけて!腰痛と日常生活での8か条!札幌市白石区の整骨院

おはようございます!札幌白石区にある札幌あゆみ整骨院北郷院です。( ^ω^ )ノ

今日は腰痛についてお話しいたします。日常の生活の中で、腰痛になりやすい姿勢について詳しくお話ししていきます。

毎日行っている何気ない動作は腰痛の原因になることがあります。腰痛の改善のためには、こうした生活動作を正しい姿勢で行うことが、とても大切なのです。第一のポイントは体をひねる、捻るといった動きをしないことです。後ろを振り向くなど、つい体をひねってしまいがちですが、これが腰に大きな負担をかけます。布団から起きるなど、どんな動作も腰を捻らず、体全体をゆっくりと動かしましょう。

第二は前かがみや中腰での作業を避けることです。特に前に20度ほど上体を傾けた中腰は、腰に最も大きな負担がかかる姿勢です。床にあるものを取ろうとして、つい膝を伸ばしたままの姿勢で前かがみになってしまいますが、これも危険です。必ず膝を曲げ、ものを体に近づけてとるようにしましょう。

第三は目線より上のものを無理して取らないこと。背伸びは腰を強くをそらすため、腰痛の原因になってしまいます。高い場所のものを撮るときは、踏み台を必ず使うようにしましょう。日常生活の各場面で踏み台を用意するのは、ちょっとめんどくさい気もしますが、その一手間が、腰痛を予防し、悪化を防ぐのに役立つのです。

①洗面台で顔を洗う

腰痛対策

洗面台は1日に何回も使う上、動作は中腰になりがちです。慢性腰痛の原因やぎっくり腰のきっかけになるので使うときの姿勢に注意しましょう。

腰への負担を軽減するには、よく膝を軽く曲げるとよいと言われていますが、さらに効果的なのが、一方の足を前に出す方法です。片足を前に出すと腸腰筋(腰まわりの筋肉)がリラックスするため、上体を曲げやすく、また、腰椎の自然なカーブを保ちやすくなり、腰への負担が軽減されます。

前かがみで、膝を伸ばして顔を洗う動作は、腰痛の原因の1つになります。膝を伸ばしたままで上体を屈めると、骨盤が後方に傾き、腰椎の自然なカーブが減って、脊柱にかかる重みが増し、椎間板への負担が増大するのでやめましょう!

②調理台が体に合わないとき

腰痛対策

家事は毎日のことでしかも長時間の動作になるため、やり方次第で腰痛の原因になったり腰痛を悪化させたりします。特に調理台の高さに注意しましょう。

調理台は高すぎても低すぎても、腰に負担がかかります。調理台のカウンターはおへそより少し下位がベストです。自分の身長に貼っていない調理台での作業は、高さ10〜20cmの踏み台を利用します。時間がかかる作業は椅子に座って行うと良いでしょう。

③掃除機、モップがけ

腰痛対策

掃除機をかけるときは、背筋を伸ばして行えるよう、菅の長さを調節します。背中が丸々場合は菅を長く、背中がそりすぎる場合は短くします。机の下などは膝を曲げて腰を落とし、背筋を伸ばした姿勢でかけます。モップも同様です。

④窓拭き

腰痛対策

つい、立ったままの姿勢で、高いところも低いところも吹いてしまいがちですが、目線より上の部分を拭くときは踏み台を用意して吹きましょう!腰より下の部分は床に腰を下ろして座って拭きましょう。

伸び上がったり、中腰になったりせず、背筋を伸ばして行える動作が基本です。

⑤入浴時の姿勢

腰痛対策

血行をよくして、慢性腰痛を和らげるはずの入浴も、腰を丸めた姿勢で行うと、腰痛の原因になることがあります。腰を痛めない入浴法をしておきましょう。

入浴は全身の血行良くし、筋肉の緊張ほぐしてくれるため、急性期を除いた腰痛には、簡単で効果的なセルフケアとなります。ただし、前かがみで髪を洗ったり高い浴槽をまたいだり、無理な姿勢で入浴すると、逆効果になります。シャワーチェアなどを使って腰に負担がかからない姿勢、動作を習慣化しましょう!

⑥荷物やバックを持つ腰痛対策

荷物の持ち物も腰痛に関係しています。重いものを片手で持つなどの何気ない動作や習慣を見直すと、腰痛改善に期待できるのです。

⑦荷物を持ち上げる

腰痛対策

不用意に荷物を持ち上げると中腰になるため、腰を痛めるきっかけになってしまいます。腰痛にならない持ち方のコツを知っておきましょう。

前かがみになり、腕の力で荷物を持ち上げる姿勢は、腰に大きな負担をかけます。荷物を持ち上げる時は、大きさや重量にかかわらず、自分の体を近づけて行うのが基本です。ゴルフボールのように小さくて軽いものでも膝を伸ばしたまま拾うと、その瞬間に腰を痛めることもあるので気をつけましょう。

⑧靴下&靴を履く

腰痛対策

外出の準備をするときは、靴下や靴を履くといった動作に注意しましょう。中腰の姿勢で行うと腰を痛めてしまいます。

靴下やズボン、靴を履く時、立ったまま中腰の姿勢で行うと、腰に負担がかかります。慢性腰痛をかかえている人は、こういう動作のたびに腰に痛みが走る事もあります。腰の負担を軽くするには、椅子に座って履くのが基本です。女性がストッキングを履く時も同様です。

この時靴下は丸めておくと、足先を手元近くに引き寄せやすいでしょう!

いかがでしたか?腰痛を悪化させやすい日常での8か条、気をつけて生活をしましょう!

当院の治療はビリビリなど痛みの少ない、お体に合わせた電気治療を行っております!どんな些細なお悩みでも一度ご相談ください!

札幌白石区にある札幌あゆみ整骨院北郷院では腰痛はもちろん、体のお悩みは全力でサポートさせていただきます!諦める前にまずはお電話下さい!

当院でしかお受けできない治療プログラムもご用意いたしておりますのでぜひ、
お体のことは札幌あゆみ整骨院北郷院へお問い合わせください!
札幌市白石区の札幌あゆみ整骨院北郷院

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

北郷院
〒003-0831
札幌市白石区北郷3条7丁目1-20
タイヤ館北郷前

電話:0120-50-8533
電話:011-879-8533

LINE@でもご予約・ご相談受付中!

札幌あゆみ整骨院北郷院では 患者様から沢山のお声をいただいております!
エキテン
↑押してみてね

《アクセス》
JR白石駅 徒歩約10分
駐車場は院前に4台完備!

…………………………………………………………