後遺障害って?申請時のポイントとは?

こんにちは!札幌あゆみ整骨院北郷院です!(๑╹ω╹๑ )ノ

雪が大量にふりましたね!みなさん雪かきにおわれていませんか?道路状況は大雪のため乱れがちですので通勤、通学、お出かけの際は十分お気をつけくださいね!

さて本日は、最近増えている交通事故について少し触れていきたいと思います!交通事故にあってしまったら必ず、病院にいき、整骨院などで治療を開始しましょう!

「後遺症」と「後遺障害」いう言葉を聞いたことがありますか?

「後遺症」とは?

治療を続けたにも関わらず、完治せず、将来的に回復が見込めない身体的又は精神的な症状が残っているようなことをいいます!

「後遺障害」とは?

これに対して、後遺障害とは、交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害が、それ以上治療を続けても症状が良くも悪くもならない状態に達した(いわゆる症状固定)後に労働能力の喪失を伴う症状を言われています!

後遺障害を申請するとなると医師の診断が不可欠となります!

後遺障害の申請時の7つのポイント!!

1、むち打ちや腰痛などでも後遺障害と認定される可能性があります!

むち打ち、腰痛などでは後遺障害はつかないと思われている方が多いようですが、交通事故に遭われてから6ヶ月から1年程度経過しても痛みが残っているような場合は、後遺障害と認定される可能性があります!

ただし、痛みがあれば必ず認定されるというものでもなく、早い段階から、適切な治療や必要な検査などを受けるなどの条件を満たすことが必要をなりますので、できる限り早く後遺障害について十分な知識をもっている弁護士の先生に相談することがよいでしょう!

2、後遺障害が認定されるか否かによって、賠償額には大きな差が出ます!

痛みがあっても後遺障害が認定されないと、後遺障害慰謝料の支払いは全く受け取れませんが、後遺障害の等級が認定されると、最も軽い14級でも110万円程度の後遺障害慰謝料が受け取れます!

又、後遺障害が認定され、それによって将来にわたる収入が減少する場合には、その減少分を逸失利益として受け取ることができます!以上のよううに後遺障害が認定されるか否かによって、その他の賠償額にも大きな差がでる可能性があります!

3、後遺障害の認定をうけるためには、定期的な通院を継続することがとても大切です!

まだ痛みが残っているのに、通院期間をあけたり、通院自体をやめてしまうと、症状が改善あるいは完治したものと誤解され、適正な後遺障害の認定を受けられないことがあります!痛みなどがある間は、ご自身の症状をしっかりと伝えた上で、医師や整骨院、接骨院の先生などとよく相談しながら定期的な通院をしましょう!

4、後遺障害の認定を受けるためには、必要な検査を受けることが大切です!

自賠責保険の後遺障害として評価されるためにはMRIなどの必要な検査を受けていることが重要です!MRIなどの必要な検査を受けていないと症状が軽いのもと誤解され適正な後遺障害の認定を受けられないこともありますので、必要な検査は必ず受けておきましょう!

5、医師などに誤解を与えないように注意してください!

適正な後遺障害の認定を受けるためには、医師などが作成する診断書等の記載内容が極めて重要です!そのため、誤解がないように、ご自身の症状を正確に伝えましょう!例えば、普段からずっと痛く雨の日に特に痛い場合に医師に、雨の日に痛い!など細かく伝えると、雨の日以外は痛くないと誤解され、適正な後遺障害の認定を受けられなくなってしまうこともありますので、十分注意してください!

6、後遺障害に理解のある医療機関にいってください!

治療状況、検査内容、診断書の記載などによって、後遺障害の等級は大きく変わりますので、滴定な後遺障害の等級認定をうけるため、後遺障害に理解のある医療機関へ行ってください!中には、自分たちは怪我を治すことが仕事で後遺障害をとることは仕事ではないから協力しないなどと言って、必要な検査などを拒否するような問題のある医療機関のあるようです!また、まだ痛みがあるにも関わらす、保険会社の意向を過度に重視して治療を中止してしまったり、実際より症状が軽いかのような診断書を書いてしまうような医療機関のあるようなので、これらの医療機関は避けましょう!見極めはとても大切です!

7、後遺障害の申請を保険会社任せにしてはなりません!

相手方の保険会社に後遺障害の申請を任せる「事前認定」手続きでは、治療や検査が不十分なまま申請され適切な後遺障害の等級認定を受けられないおそれがあります!そこで「事前認定」手続きではなく、自らの側で後遺障害の申請を行う被害者請求を行うようにしましょう!その際には、後遺障害の申請に詳しい弁護士に相談しましょう!

札幌あゆみ整骨院では後遺障害の残らないように最大限全力でサポートさせていただきます!交通事故に詳しい弁護士の先生もご紹介させていただきます!何かわからないことやお悩みのことがございましたらお気軽にご相談ください!!

あわせて読みたい