肩が痛い!動かない!それもしかしたら五十肩(四十肩かも)… | 札幌市中央区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院大通院です!!

ここ最近は気温の上下がとても激しいですね。雨が降る日も多いので毎日天気を確認して快適な服装でお過ごしください!

さて本日は五十肩(四十肩)についてお話させていただきます。

五十肩(四十肩)という名前はご存知の方も多いとは思いますが、具体的にどういった症状かはご存知ない方もいらっしゃるかと思います。痛みは感じるけど病院とか整骨院とか行くほどでもないからと放置されてる方は症状が軽くなるまでの期間が長引いてしまうこともあるので注意が必要です

◎まず自覚症状としては…
・朝起きたら急に肩が上がらない
・年齢が40歳以上で、肩に原因不明の痛みがあり上がらない
・髪を洗うのが痛くてできない
・着衣、脱衣が痛くて億劫
・肩が痛み夜寝付けない
といったものです。

◎ずばり五十肩(四十肩)とは
医学的には「肩関節周囲炎」といい、肩関節(肩甲骨と上腕骨の関節)の周囲の筋肉や腱の組織に変性が起こり炎症が起こることで痛みが出るというものです。その原因としては肩関節組織の老化と言われています。


◎経過と期間
経過としては、突然鋭い痛みが出る急性期と、鈍い痛みと共に肩関節の動きが制限される慢性期とがあります。
痛みは急に起こり、その治るまでの期間は一般的には6ヶ月~2年程と言われています。

 ①急性期
前触れなく突然腕を動かした時に肩に鋭い痛みが発生するのが五十肩(四十肩)の典型的な急性期の症状です。
通常片側の肩のみに痛みが現れ、その後腕や手先にも痛みが伝わるようになります。これらの症状は通常数日でおさまります。

②慢性期
急性期の時のような鋭い痛みがおさまり、肩を動かした時に鈍い痛みを感じるようになります。
そして肩を動かせる範囲がだんだんと狭まって行きます。特に腕を横にあげる動きと、後ろに回す動きが困難になります。
動かした時に痛みが伴うためにそのまま肩の筋肉を動かさないでいると、肩関節の骨に石灰が沈着してしまうことで組織の癒着が起こり関節の動く範囲(可動域)を失ってしまう可能性があります。また、放っておくことで今度は元々症状が出ていなかった方の肩も五十肩(四十肩)になってしまう可能性もあります。
そのせいで治癒までの期間が長引いてしまったり症状が残ってしまう可能性がありますので、可動域の低下を自覚した場合は早めに専門家の施術を受ける必要があります。


◎もし起こってしまった場合は
急性期の場合はなるべく安静にして肩を無理に動かさないようにしましょう。重いものを持ったり運動したりといった肩に負荷がかかる事は避けたほうがいいです。
慢性期になってからは、動かさないことによる可動域の低下を防ぐために動かすようにしましょう。500ml~1L程度のペットボトルに水を入れた物を肩が痛い方の手に持ち、ゆっくり振り子のように動かす動きも自然に肩の周りの筋肉や腱が伸びるため有効です。
また、慢性期は肩を温めるようにしましょう。

五十肩(四十肩)だと思って放っておいたら症状がよくならず、実は腱板(肩を動かす腱)が損傷、断裂してしまっていたという事もあるので肩の痛みや肩が思うように動かない時等はお早めに専門の病院や整骨院に受診された方がいいと思います。

様々な肩まわり等の症状やお悩みに関してのご相談や施術を行っておりますので、札幌市中央区の整骨院、札幌あゆみ整骨院大通院までお気軽にお越しください!!

↓アクセス、ご連絡先はこちら↓

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

大通院
〒060-0061
札幌市中央区南1条西2丁目9-1
IKEUCHI ZONE 7F

電話:0120-73-7366
電話:011-200-3773

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線/東西線/東豊線
大通駅から徒歩約1分!
市電西4丁目駅 徒歩3分!
駐車場はカモンチケットと提携!
…………………………………………………………