脊柱管狭窄症を予防しましょう!|札幌市西区の整体・整骨院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院琴似院です(╹◡╹)♫
雨が続き、気温もかなり低くなってしまいましたね・・・
まさか今時期に白い息が出るとは思いませんでした( ゚д゚)
ですが週末はまた夏の気温に戻るそうです!
気温の変化についていくのが大変ですね( ;∀;)

さて、本日は脊柱管狭窄症についてお話させていただきます!
まず、脊柱管狭窄症とは?
背骨には、脊柱管と呼ばれる脳へ続く神経のトンネルがあります。
これが加齢によって骨や靭帯が変性し、脊柱管が狭くなり、神経を圧迫してしまうことによって
脊柱管狭窄症が発症します。
特徴的な症状として、座骨神経痛・間欠性跛行(かんけつせいはこう)が表れます。
座骨神経痛なら何となく聞いたことがある!という方は多いかもしれませんが、間欠性跛行はあまり聞き馴染みのない言葉ですよね。
間欠性跛行とは、一定時間は歩けても、すぐに痛くなる。少し休むと、また歩けるようになる。
というように、長時間の歩行が困難な症状です。
脊柱管狭窄症は主に下半身の痺れ・痛みが出るもので、椎間板ヘルニアなどもこれと同じように下半身の痺れや痛みが特徴ですが、
1番の違いは間欠性跛行があるかないか、です。
間欠性跛行の症状が出てしまうと、誰かと一緒に出かけていても休みながらでしか歩けないので迷惑をかけたくない、
横断歩行を渡りきる前に赤になってしまい、クラクションを鳴らされるのが怖い、といったことから
家から出なくなってしまったり、精神的にかなりのダメージを負ってしまう方も少なくありません。

脊柱管狭窄症にならないためにはどうしたらいいのか?
それはずばり、猫背をやめることです!!!

脊柱管狭窄症の方はほとんどと言っても良いほど猫背です。
背骨は本来S字カーブを描いており、このS字カーブであることによって頭や上半身を支え、
大きな動作をした時に足から受ける衝撃を分散させてくれる役割を持っているのですが、
これが猫背やストレートネックだとS字カーブが崩れてしまい、背骨にかなりの負荷がかかってしまいます。
その結果背骨の中でも特に負荷がかかりやすい腰椎にダイレクトにダメージが生じ、脊柱管狭窄症を発症します。

加齢によるもの、と思われがちな脊柱管狭窄症
ですが、100%加齢によるものだとしたらご年配の方は全員脊柱管狭窄症ということになりますよね。
そこの違いはやはり日頃の姿勢が大きく関係してくるのです。
猫背が気になる今この時からしっかり治していきましょう!
もし脊柱管狭窄症になってしまっても札幌あゆみ整骨院琴似院にお任せ下さい!
原因となっている緊張状態にある筋肉をほぐし、痛みや痺れを改善します( ̄^ ̄)ゞ
長い間脊柱管狭窄症に悩まれている方はお時間がかかるかもしれませんが、諦めずに一緒に頑張っていきましょう!
私たちが全力でサポートさせていただきます(*^^*)

札幌市西区八軒 札幌あゆみ整骨院 琴似院

*

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ琴似院
〒063-0861
札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!
ケンタッキーさん目の前です。
駐車場は院横に2台完備!
斜め向かいのタイムズさんとも提携しています。

…………………………………………………………