腰痛の原因は生活習慣!?解説と対策法

 腰痛でお悩みではありませんか?

こんにちは!札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です!

みなさんは普段生活する中で、腰痛を経験したことはありますか?

「なんだか腰に違和感がある…」
「腰からお尻あたりにかけて痛みがある…」
「急に激しい腰痛が起こり、動けなくなった」

腰痛は人によって様々ですが、どの腰痛にも必ず原因となった癖や動作があります。

今回はそんな腰痛について、詳しくお話ししていきます。

 腰痛を起こす人には共通点があった

腰痛を起こしやすい人には共通の傾向があります。
立った状態での作業を長時間続けると、筋肉に疲労が溜まるのと同時に、不良姿勢によって腰のクッションの役割を担っている椎間板にかなりの負担がかかるため、腰痛になりやすいです。
また、ずっと座っている姿勢も立っている状態より椎間板にかかる負担が大きいので、悪い姿勢が続くことで腰痛を引き起こしやすいといえます。

・同じ姿勢を長時間続ける
・重労働や運動のし過ぎで筋肉に疲労が溜まっている
・運動不足で足腰の筋力が低下している
・きつい下着や服装で血行が悪くなっている
・身体が硬く、筋肉が緊張しやすい
・神経質な人

これらが、腰痛になりやすい人の特徴です。

軽い腰痛や原因がはっきりと分からない腰痛をまとめて、『腰痛症』といいます。
これらは基本的に、日常での悪い癖や動作によったものといえます。

重いものを持った時やくしゃみをした時、急に腰に激痛が走り動けなくなった状態のことを『急性腰痛症』といい、これは一般的に『ぎっくり腰』といわれています。

 腰痛の特徴

ではタイトルに戻りますが、腰痛の原因が生活習慣というのは、先ほどもちらっとお話しした内容を読んでいただけると何となく理解していただけるかと思います。

日常生活での動作などが癖づいてしまうことによって身体のバランスが歪み、腰痛だけでなく骨盤の歪みなどを引き起こしてしまいます。

自分は慢性の腰痛なのか?急性の腰痛なのか?あまり分からない人もいると思いますので、それらの違いについてお伝えしていきます。

 急性の腰痛とは… 

急性の痛みの原因は炎症です。

くしゃみをした時、重いものを持ち上げた時、屈んだ時など、腰に負担がかかった時に激しい痛みを伴い、腰の曲げ伸ばしが困難になります。

腰椎や腰周辺の組織が損傷して炎症が起きている状態なので、いわゆる『怪我』と同じです。

ぎっくり腰の場合も、実は生活習慣が原因だと言われています。
なぜかというと、生活習慣での悪い癖や動作で定着してしまうと、常に腰に負担がかかっていることになります。
本来であればかかるはずのない負担が常に腰にかかることで、痛みや疲労が蓄積し、ある日グキッとなってしまうのです。

急性の腰痛は痛みの特徴として、以下のようなものがあります。

急性の痛みの特徴

・発赤(ほっせき)
皮膚が赤くなります。血流を増やし、治癒に必要な物質の供給と不要な物を除去しようとするため、赤みを帯びることがあります。

・疼痛(とうつう)
異常が生じたことを知らせるための痛みです。何もしていないときはジンジンと痛みますが、患部に刺激や力が入ると、ズキズキとした痛みが生じます。

・発熱
ウイルスや最近を攻撃する免疫細胞が活発に活動できるように、炎症が起きた付近は熱を帯びます。

・腫脹(しゅちょう)
治癒に必要な物質などが集まってくるため、細胞の容積が増大した状態になり、腫れます。

急性の腰痛の対処法は、怪我と一緒なので3日〜1週間程度の間安静にすることが何より大切です。
発症後48時間以内は患部を冷やすことが重要です。お風呂等もシャワーで済ませるようにしましょう。
48時間経過後は、それ以上冷やしてしまうと筋肉が冷えによって硬くなってしまい、治りが遅くなってしまう場合もあります。炎症が引いた後はお風呂にゆっくりと浸かるなど、なるべく温めてあげることが大切です。

激痛が長く続いている場合、病気の可能性も考えられますので、一度整形外科を受診することも大切です。

 慢性の腰痛とは… 

では逆に、慢性の腰痛とはどういうものかというと、何らかの原因で継続的な痛みが生じている状態が慢性的な腰痛です。

急性の腰痛のようにいきなり激しい痛みが生じたり、極端に動かせる範囲が狭くなるということはありません。
しかし、鈍い痛みが長く続いたり、長時間同じ姿勢をとり続けることで痛みが増す場合もあります。

慢性的な腰痛は、悪い姿勢や動作が癖づくことで筋肉が硬くなり、血行不良が起こってしまっていることが原因です。
筋肉が硬くなると、短くなり伸びなくなるので、腰椎などに負担をかけます。この状態が続くと、ぎっくり腰の原因になったり、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などの病気を招いてしまいます。

そうならないためにも、しっかりと早期に治療することが大切です。

 腰痛はどこで治せばいい?

「ただの腰痛だから…と放置した結果悪化し、普通の生活を送るのも辛い状態になってしまった…」
「病院へ行ったけど、痛み止めで様子を見ましょうと言われた…」
「痛み止めや湿布で経過を見ているが、一向に変わらない…」
「1日でも早く、少しでも楽に動けるようになりたい!」

これらは全て、当院に来られる患者様がよく口にされる言葉です。

先ほども言ったように、腰痛は放置しておくと椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の発症だけでなく、手足のしびれなどが起こってしまう場合もあります。

そうならないためにも、また、既になってしまっている人の場合はこれ以上悪化させないためにも、しっかりと回数をかけて根本的に治療していくことが大切です。

地下鉄東西線白石駅から徒歩1分の札幌あゆみ整骨院白石院では、手では届かない深層の筋肉に直接アプローチを行います。

痛みのない、ボキボキとしない施術となりますので、そういった施術が苦手な方はご安心くださいね。

長い間蓄積された痛みは、どうしても1度で完璧に取り除くことは出来ません。
蓄積された期間分、しっかりと時間をかけて元の状態へ戻して行く必要があります。

平日は夜8時まで営業しており、土日祝は朝9時から開院しております!
柔道整復師という国家資格を持ったスタッフが施術に入りますので、お身体のことはお任せください!

お身体のことでお悩みの際は、お気軽に札幌あゆみ整骨院白石院へご連絡くださいね!

あわせて読みたい