踵や足の裏が痛い!!〜札幌市北区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市北区の整骨院
札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院です\(^o^)/

本日は足の裏の痛みについてお話したいと思います!

足裏、踵が痛い原因

踵や足の裏に痛みを感じることがある方。その症状は、「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」、「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」かもしれません。
足の裏には、多数の筋肉がついており、「足底腱膜」(もしくは足底筋膜)という筋肉の膜に覆われています。足の骨は、中央部が盛り上がった山なりの構造をしており、その端と端を結びつなぐのが、足底腱膜です。この部分に炎症が起こることがあります。
一番わかりやすいのは「朝一の一歩目が痛い。起きてから足をつくと足裏に痛みが走る。」です。他にも、長時間座ってから立ち上がる時の痛み。長時間の歩行もだんだんいたくなってきたり、悪化すると常に足裏が痛い、という状態にも。ただ見た目での症状がなく、「腫れてないから大丈夫だろう。」と放っておかれやすいです。

 

足底腱膜炎になる原因

原因として考えられることの一つには、筋肉の柔軟性の低下があります。足底腱膜や足の筋肉群の柔軟性が低下することで、衝撃の吸収する力や、歩行時に蹴った時の力を体全体がぶれないよう安定させるバネ作用がうまくはたらかなくなります。土踏まずがなく足の裏が地面にペタッとついてしまう「扁平足(へんぺいそく)」の人も足の裏が痛くなりがちです。土踏まずもまた、衝撃を和らげるための構造になっているので、ここのアーチが少ない人は足の裏に衝撃を受けやすくなっています。
特にアキレス腱の硬さは足底腱膜へ強く影響します。アキレス腱と足底腱膜はシーソーのような関係性があり、アキレス腱が収縮している時は足底腱膜が緩み、逆に足底腱膜が収縮している時はアキレス腱が緩んでいます。そのためアキレス腱が硬く伸びなくなると、足底腱膜にかかる負担も増えてしまいます。

さらに骨盤が歪んでいる人も身体のバランスが崩れているために、どちらかの足に負担がかかってしまいます。靴が合っていないとか、姿勢が悪くて身体の重心に偏りがある人などは徐々に骨盤が歪んでいき、その結果、足の裏や踵の痛みに繋がる恐れがあります。

足底腱膜炎は症状が出始めてくると、放っておいても良くなることはありません。初期であればある程度痛みはストレッチなどの対処法で軽減されますが、あくまで対処法です。根本的な原因を治療したわけではないのでまた再発するリスクが高いです。

 

当院の【ACRバランス骨格調整プログラム】では、足底筋膜炎の原因とされている、筋肉に対してアプローチしていきます。さらに緊張の原因である全身の骨格のバランスを整えることで、足底への負担をかかりにくくして、筋肉本来の回復力を高めていく治療を行います。そうすることで再発を最大限に防ぐことができるのです。

同じ症状で悩まれている方がいても、全員が全員同じ原因ではありません。そのため一人一人お話をしっかりと聞かせて頂き、治療にはいります。そして日常生活で必要な気をつけるポイント、必要なアドバイスもさせて頂きます。
お一人で悩まず、ぜひ一度札幌あゆみ整骨院南麻生新琴似院へお越しください!!
スタッフ一同、全力でサポートさせていただきます!!

 

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで受付です!
LINE@からもご予約お待ちしております♩

肩こり頭痛腰痛でお困りの方はもちろん、
札幌あゆみ整骨院は交通事故の治療も行っています!
交通事故
でのむち打ちや腰痛は当院にお任せください

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩5分!
JR学園都市線 新琴似駅 徒歩5分!
駐車場は院前・院横に11台完備!

…………………………………………………………

 

あわせて読みたい