カテゴリー別アーカイブ: ぎっくり腰治療の体験談

ぎっくり腰になった時の応急処置!|札幌市北区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市北区の整骨院、
札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院ですO(´O`o)

札幌では気持ちよく晴れる日が少なく、気温お変化が大きい影響か、
最近ぎっくり腰でご来院される方が増えてます!

みなさまもご自身での経験、またまわりでぎっくり腰になってしまった方がいて、対応に困ってしまったことはございませんか?

ぎっくり腰〜応急処置はどうするの??

お子さんを抱き上げたとき、荷物を持ち上げたとき、前かがみになったときなどに急に激しい痛みに襲われてしまい、ぎっくり腰になり動けなくなってしまった。
また、身近な人がぎっくり腰になってしまったことでどうすればいいのかわからず、困ってしまった。という経験はありませんか?

ぎっくり腰の発症直後、痛みが強い場合には、腰に負担がかからない楽な姿勢をとるようにします。

ぎっくり腰というと、腰や背中に急に激しい痛みを感じ、動けなくなるというイメージがあるかと思いますが、違和感から始まり、そこから徐々に痛みが大きくなり動けなくなってしまうこともあります。

そんな時は、、、
・無理に腰を曲げたり伸ばしたりせずに、ゆっくり動いて体を横にしましょう。
身近な人がぎっくり腰になってしまった場合も、ゆっくり動くように促してあげて下さい。

・横になるときは、痛みがあるほうを下に向けて横向きになりましょう。
そのときに少し膝を曲げると腰への負担が少なくなるので、楽な姿勢で休むことができます。

・仰向けの時は腰の負担を減らすため、膝を立てて横になりましょう
クッション代わりになるようなものがあるときは、ふくらはぎの下に入れてあげると姿勢が安定して腰が楽になりますよ。

痛みがひどく動けない場合は、無理をせずにゆっくり安静にされたほうが良いでしょう。患部を氷のうなどで冷やしてください。

一般的にぎっくり腰は腰を痛めてから48時間は炎症物質が出続けるといわれています。この炎症物質は冷やすことである程度抑えられるので、ぎっくり腰の初期段階は患部を冷やすことに徹しましょう。発症してから48時間を目安にして、強烈な痛みが和らいできたら冷やすことをやめても良いでしょう。
なお、痛みのピークは初日ではなく2、3日目というのが定説です。初日が痛くないからといって、冷やすことをサボらないほうが痛みを早く抑えることにつながります。

少しずつ痛みが和らいでくると思いますので、動けるようになった際に、病院や専門の治療院などで診察してもらうのが良いでしょう

ご注意いただきたいのは・・・

ぎっくり腰を経験すると、その後の1年間でなんと、約1/4ほどの患者さまが再発するといわれています。

再発を予防するための4つのコト!

無理な姿勢をとらないようにする

腰に負担がかかる姿勢は普段から避けましょう。ご注意頂きたいのは”前かがみの姿勢”です。

ストレスの軽減

ストレスが続けばよけいに痛みに敏感になります。リラックスできる時間や趣味を楽しむなど、自分の好きなものを生活に取り入れて、 ストレスを軽減していきましょう。

肥満予防

肥満は体重が重い分、それだけダイレクトに腰に負担がかかり腰痛が起こりやすくなります。

適度な運動

痛みがなくなり完治した後は、適度に体を動かすことが腰をいたわるという意味で効果が期待されます。

辛さを繰り返さないためにも、しっかり再発防止に取り組むことが大切です!

辛い痛みを我慢せず、まず一度札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院にご相談ください♪

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで受付です!
LINE@からもご予約お待ちしております♩

肩こり頭痛腰痛でお困りの方はもちろん、
札幌あゆみ整骨院は交通事故の治療も行っています!
交通事故
でのむち打ちや腰痛は当院にお任せください

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩5分!
JR学園都市線 新琴似駅 徒歩5分!
駐車場は院前・院横に11台完備!

…………………………………………………………

寝違えの天敵!クーラーの冷え対策が大切です!〜札幌市北区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市北区整骨院札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院です (*^▽^*))

今週末から気温も25度近くになる日が増えるようですが、
最近は1日での変化、また、日々の気温の変化が激しいこの時期はギックリ腰や寝違えにお悩みの患者さまが非常に増えております!

そんな本日は、クーラーからの冷え対策についてお話いたします!

皆さまは毎年夏の冷房・クーラー対策はしていらっしゃいますか?

クーラー冷えからの寝違い

昼夜とわずエアコンで冷え体温が下がると血流が悪くなり筋肉の伸びが悪くなっているので
肩まわりがこり固まってしまいます。この時注意していただきたいことが一つ!
肩や首も、動かしにくい時には無理に動かしたり、回したりするのはともて危険です!
ぎっくり腰寝違えが起こる可能性があります。

出来れば、お風呂でゆっくり身体を温めると良いです。
時間の無い場合は、ぬるめのシャワーで、首まわりを温めましょう。
血流がよくなると筋肉の固まりこわばりが緩み動かしやすくなってくるでしょう。

*寝違え


寝違え
は様々な要因によって、不自然な姿勢などで寝たりすることにより首へ無理な負担がかかってしまうことが原因です。これによって首から肩にかけての筋肉や靭帯に炎症や亜脱臼を起こしてしまい強い痛みや運動制限が発生してしまいます。
もしも症状に熱感がある場合はまず、炎症している患部を冷やしますが、冷やし過ぎには要注意です。予防策としては前兆をつかむということが大切でしょう。
「今日は疲れた」「なんだか枕がしっくりこない」「いつも肩や首にツッパリ感がある」など、身体へ何らかのサインがあるはずです。その前兆を見逃さずに心身をリラックスさせたり、ストレッチで肩回り・肩甲骨・背中の筋肉の緊張をほぐすと良いでしょう。
痛みが激しかったり、長引く・繰り返し頻繁におきる・発熱や手足の痺れを伴う場合には、なんらかの病気が隠れている可能性があるので注意しましょう。

しかし、ぎくっとに激痛がはしった場合には逆に、温めてはいけないと言われております。
ぎくっという激痛や 温めてもこわばりが緩まない場合。
毎朝繰り返す、腰の固まりや重だるさ。慢性的な腰痛でお悩みの場合には専門医に早めにご相談することをおすすめいたします。

札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院はあなたのお身体に合わせたオーダーメイドでの施術をさせていただきます。

辛い痛みを我慢せず、まず一度札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院にご相談ください♪

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで受付です!
LINE@からもご予約お待ちしております♩

肩こり頭痛腰痛でお困りの方はもちろん、
札幌あゆみ整骨院は交通事故の治療も行っています!
交通事故
でのむち打ちや腰痛は当院にお任せください

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩5分!
JR学園都市線 新琴似駅 徒歩5分!
駐車場は院前・院横に11台完備!

…………………………………………………………

札幌東区Mさん「体が楽になりました!!」痛み止めの副作用とは…?ー札幌市東区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院整体院元町院です!
台風がきてすごい大雨ですね( i _ i )
雨が激しい日は車のブレーキの効きが悪くなりますし、
雨で道も混みやすくなってしまうので
いつも以上に余裕を持った時間に出発をして
安全運転を心がけてくださいね(*^^*)

さて、本日は札幌あゆみ整骨院整体院元町院に通われている患者様をご紹介いたします!

「体が楽になりました!!ありがとう♡」

こちらの患者様は運転や大きな荷物を持津事が多く
腰〜背中の下部にかけて痛みを感じ来院されました。

しっかり痛みを取ることを目標に施術させていただき
・冷湿布は使用しないこと
・痛み止めの塗り薬は1日2回まで
・お風呂上りに前屈後屈のストレッチを行う
など、ご自宅でも頑張っていただきました!

施術の序盤は痛みに変化はあまりありませんでしたが
後屈した際の動きが上がっていたりと効果が見えていたので
継続して治療を行ったところ、背中や腰の張りも低下し
徐々に痛みも出にくくなっていきました。

お忙しい中でもしっかりと来院していただいたことで良い状態を保つことができ、
急に良くなった!痛みがない!という状態にすることができました!
その後は、痛みを感じるわけではないそうですが
肩こりに悩まれていたため肩こりの治療も行っていきました。

担当の薄田先生とも仲が良くいつも楽しくお話しさせていただきました♩

痛み止め塗り薬は塗るだけで少し痛みがやわらぎますし
携帯しやすい形状のものも多く出回っているので
常に携帯して辛くなったら塗る・・・という方もいらっしゃいますよね。
お守りのような、とても便利な痛み止め塗り薬ですが
どのような副作用があるのでしょうか?

一概に痛み止め塗り薬と言っても種類は様々です。
CMなどでよく見かける、ジェル状の塗り薬や
病院で処方される痛み止めクリーム、軟膏、ローション、
薬局でも買えるような湿布から、
薬剤師の指導が必要な医薬品の湿布など・・・
たくさんのものがあり、それぞれに必ず副作用が存在します。
各薬剤や使用方法によって副作用は異なりますが、
ここでは一般的な副作用をご紹介いたします。

まずはCMでよく見かけるジェル状のものですが
妊娠中の方は薬剤師、担当医に相談が必要になるのと、
発疹、かゆみ、はれ、熱感、乾燥、ヒリつきなどを起こす恐れがあります。
皮膚が弱い方は連続の使用を避けると安心ですね。

病院で処方される軟膏、クリームなどは
成分にもよりますが、
血管が浮き出てみえる、皮膚が薄くなる、赤み、にきび、皮膚感染症、発疹、かぶれ
などを引き起こす可能性があります。
その方にあったものを処方されていますし、
使用方法の用紙も同封されていますので
注意書きのとおりに使用すれば危険は少ないですが
いつ処方されたかわからない、用途や部位は違うが使ってみる、
自分以外(家族友人など)に処方されたものだが似ている症状だから・・・など
安易な気持ちの自己判断で使用してしまうと危険です。
つらい症状を抑えるために使った薬でもっと辛い思いをしないように
「自分は大丈夫!」と思わずしっかり正しく利用しましょう!

市販の湿布でも妊娠中は使用できないものが多くあります。
皮膚に直接貼ることから、かぶれ、赤み、ヒリつきなどを感じることもありますが
効果の強いものだと、顔が蒼白になる、呼吸がしにくい、冷や汗が出るなど
アナフィラキシーの症状が出てしまうこともあります。
市販のものだから、と安易に考えず使用しましょう。

病院で処方される湿布も同じように赤みなどが出ることがありますが
処方された湿布は市販品よりも効き目が強く、
湿布を貼った部分は日光に当ててはいけないう注意書きがあるものもあります。
この注意書きを理解せずに使用してしまうと、光線過敏症という
日常生活に大きな支障をきたす症状が出てしまう場合があります。
この症状の怖いところは、湿布を貼った箇所を
1年経った後に日光に当てただけで症状が出てしまうなど
薬剤が体内に残っていたり、体内を循環して別の場所に症状が出たりすることです。
このような湿布を処方される際には薬剤師さんからしっかり説明があると思いますが
しっかりと理解して使用するようにしましょう。

また、病院で処方されるような強い薬も探せば薬局やネットで購入することができます。
この場合、薬剤師からの説明を受けることなく使用してしまうため注意が必要です。

このように、「ちょっと痛みを取る」ことに便利な痛み止めも
使い方を誤ると重大な副作用をおこしてしまう可能性があります。
当院の治療は痛みをごまかさず根本から治療していきます。
辛くなったら塗る・・・という生活から、
痛みを気にせず生活できる!という生活に一緒に変えていきませんか?
ご相談お待ちしております(*^^*)

札幌東区の札幌あゆみ整骨院元町院ではお仕事や学校、ご用事の後に通いやすい様に
平日は夜8時まで受付を行っております。
少しでもお身体のお悩みがある方は症状が悪化する前にお気軽にご相談ください!
私たちと一緒に痛みの改善を目指していきましょう(^ ^)♩

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

元町院

〒065-0031
札幌市東区北31条東16丁目2-3
元町イオン前

電話:0120-50-8522
電話:011-786-8522

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

ご予約はお電話の他、LINE@でも承っております!
電話予約は営業時間内ですが
LINE@では24時間受付しております。
※営業時間外や休診日はお返事が遅れることがあります。
まずは登録しませんか?(*^^*)
こちらのQRコードをLINEのお友達追加画面で読み取ってください♩

《アクセス》
地下鉄東豊線 新道東駅から徒歩3分!
イオン元町店さんの目の前です!
駐車場は院前に4台完備!
※元町院の駐車場は右から4台分です。

急性的な腰痛の原因とはー札幌市白石・整骨院

こんにちは、札幌あゆみ整骨院白石院です!
みなさん、週末はゆっくりできましたか?お出かけされた方は十分に楽しめましたか?
毎日のお仕事や家事、お勉強などで溜まった疲れは、お休みの日に取り除き、心も身体もリフレッシュさせましょうね♪( ´θ`)ノ

腰痛には『慢性』の腰痛と、『急性』の腰痛があります。
『慢性』とは、簡単に言うと、腰の痛みやだるさ、辛さが長く続くことを言います。

今回は『急性』の腰痛についてお話していきます。

その前に、腰は私の生活を支える重要な部位です。
腰を痛めてしまうと、運動を激しくすることはもちろん、日常生活における歩くことや立ち上がることする苦痛に感じることでしょう。

突然腰に激痛が走り、その場から動けなくったり・・・なんて経験をした方はいらっしゃいませんか?
ギックリ腰」は聞いたことがあると思いますが、急性腰痛・椎間捻挫とも呼ばれ、いきなりグキっという衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われるものです。
ギックリ腰になる原因は様々で、ギックリ腰になる人の人数だけ原因があるとも言われています。
ギックリ腰は腰椎が瞬間的にずれてしまい、腰の筋肉が負担に耐えきれずに炎症を起こしてしまう急性腰痛です。
ギックリ腰は、検査しても椎間板や骨格組織にも異常がみられず、神経痛も発症しません。
このように目立ったものがないにも関わらず、腰痛の症状がある場合には、ギックリ腰や急性腰痛、椎間捻挫を疑いましょう。

なぜ痛みが出るのか。
先ほど人の数ほど原因があると言いましたが、大きく分けると3つに分けることができます。
◉筋肉疲労から
これは筋肉の慢性疲労です。ギックリ腰は突然起こりますが、症状としていきなり現れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しています。
例えば、中腰で荷物を持ち上げようとした瞬間に激痛が走ったり、つまずいて片足を勢いよくついてしまった瞬間などにもギックリ腰になります。これは日常生活において少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷がかかりすぎて耐えきれなくなり、発症してしまったと言えます。
筋肉疲労は日常生活を送る中で必ず起こります。
運動不足や座りっぱなしの仕事、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったりが続くと、筋肉疲労が回復することなく、徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招きます。

◉骨格の歪みから
私たちの日常生活は立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事を行なっていると、長時間限られた姿勢でいることが多いでしょう。
その結果、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。使っている筋肉には負担がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうしたことから筋力のバランスが崩れていき、骨格の歪みを招いてしまいます。
歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わります。身体のバランスを取ろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が溜まり、やがて腰痛になるのです。

◉いきなりの過負荷
若い方やスポーツ選手に多いギックリ腰の原因に1つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いた時や、動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなり過負荷がかかり、ギックリ腰を起こしてしまいます。

ギックリ腰は個人差はありますが、痛くて日常生活がままならない期間は約2〜3日です。その後は痛みがあってもなんとか生活できるレベルが続きます。完治には発症してから10日目以降です。

ギックリ腰になったらまず、冷やすことをオススメします。絶対安静にして患部に氷のうなどで冷やしましょう!一般的に腰を痛めてから48時間は炎症物質は冷やすことである程度抑えられると言われています。そのため、ギックリ腰の初期段階は冷やすことを徹しましょう。

逆に温めてしまうと痛みが広がってしまう特徴があるのが炎症物質です。そのため、身体を温めてしまう入浴はギックリ腰の初期段階では避けましょう。
足湯なども身体の血の巡りが良くなると、全身の体温が上がります。そうなると必然的に腰も温まってしまい、炎症物質が広がってしまいます。なのでシャワーのみにしましょう。

ギックリ腰を起こさないためには普段の生活から気をつけることが大切です!
腰を痛めない動き方のコツをご紹介します!
*寝返り:膝を曲げながら、身体全体でやや前に丸めて寝返りをしましょう。
*起き上がり:いったん横になって、そこから腕の力で身体を起こしましょう。
*立ち上がり:両足を肩幅までしっかり開き、両膝もしくは何かにつかまったり、手をついたりして、身体を起こします。

札幌あゆみ整骨院白石院でもギックリ腰の治療を行なっております。
当院では、良い状態を記憶させる=根本的な体質改善を目的としています!
「深層筋」と「骨格」を調整することで「正しい全身バランス」を記憶させる施術を行なっていきます。

ぜひ一度、札幌あゆみ整骨院白石院へご相談ください!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

…………………………………………………………

 

ぎっくり腰治療の体験談「こんなに早く良くなるとは思わなかった」:札幌市北区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市北区の整骨院、札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院です♪

もうすぐ6月、札幌この週末は運動会を行う学校も多いのではないでしょうか?
風が強く肌寒い気温が続いているので、風邪やまだ根強く残っているインフルエンザには注意してくださいね((+_+))

本日は当院にぎっくり腰の治療で通われた患者さまのお声をご紹介いたします!

*ぎっくり腰の治療体験談*

img_1598

ぎっくり腰で、来院して毎日通院してました。
4~5回位から大分楽になって動けるようになってきました。
こんなに早くよくなるとは思わなかったのでとても
感謝しております。ありがとうございました。』

この患者様は麻生院に通われている患者様で、朝にしゃがんで起き上がろうとした時に
ぎっくり腰になってしまいました。元々慢性的な腰痛もあり、ぎっくり腰になるのも初めてではなかったようです。ですが、当院の治療を何回か重ねるうちに日常生活でも普通に動けるようになってきて、立ち上がりや歩くときもとてもスムーズに動けるようになっています。
腰の痛だるい感じが取れるように、背中・腰・殿部の筋肉をしっかり柔らかくなるように施術を施していきました。
回数を重ねていく中で、腰の痛みが出ていた動きがなんともなくなっていきました。
痛み自体はもうほぼない状態なので、また痛みが出てこないようにメンテナンスと
姿勢のストレッチもしてこれからもしっかりサポートしていきます!

ぎっくり腰

重いものを持ち上げた時でしたり、朝起きて洗顔しようとして腰を屈めた時など、ぎっくり腰になった原因がはっきり認識できる場合もありますが、きっかけが不明だとおっしゃる方もよくいらっしゃいます。

例えば、朝目覚めた時に腰に激痛があり、起き上がるのも難しい、、、。「ああ、昨日は引越しを手伝っていくつか荷物を持ち上げたからかな?それとも久々に長い距離を歩いたせいかな?」と言うものです。

しかし、無意識に体を動かした時やくしゃみをした時など、ぎっくり腰になってしまう場合もあり、姿勢や腰への意識が低い時になってしまうことが多くあります。

症状を放置せず、痛みが大きくなる前に、一度身体に症状が形状記憶してしまう前に治療していきませんか?
是非、当院までご相談ください。
お待ちしております。

一人で悩まず、まず一度ご相談ください(^-^)!

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで受付です!
LINE@からもご予約お待ちしております♩

肩こり頭痛腰痛でお困りの方はもちろん、
札幌あゆみ整骨院は交通事故の治療も行っています!
交通事故
でのむち打ちや腰痛は当院にお任せください

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩5分!
JR学園都市線 新琴似駅 徒歩5分!
駐車場は院前・院横に11台完備!

…………………………………………………………

 

「腰痛」:前屈が出来ないひと|札幌市北区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市北区の整骨院、
札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院です(*^▽^*)

本日は腰痛でお悩みの患者様の中でも多くいらっしゃる、
”前屈ができない原因”についてご紹介していきます。

「前屈が出来ない」腰痛

ほんの少し上体を倒しただけで太ももの裏側・膝の裏などが伸びてしまい痛みを感じるなど、一般的に身体が硬く柔軟性に自信がない方にも共通しているのではないでしょうか?

前屈できない5大原因

「身体がもともと硬いだけ」と、ご自身の「腰痛」と絡めて考えている方も少ないと思うのですが、筋肉が正常に動かないということはそれだけで身体のバランスをくずし、余計な負担をかけているんです。

まずは、前屈ができない原因を紹介していきます。

(1)お尻の筋肉に柔軟性がない!

お尻の筋肉は骨盤や股関節まわりの動きに必要な筋肉で、下半身の前後左右の動きに大きく関わっていてお尻の筋肉が硬くなってしまった場合、骨盤も後ろ側に傾いてしまい、背中や腰が丸まっていわゆる”猫背”になり、上手く上体を前に倒しずらくなります。

前屈をすると、【 股関節→太ももの裏側→ふくらはぎ 】

と通常は上から順番に動いていくのですが、お尻の筋肉が硬いことで、股関節の動きが制限されてしまい、前屈しようとすると股関節から曲げることが難しくなってしまうのです。


(2)「ハムストリングス」と呼ばれる(太ももの裏側)に柔軟性がない!

前屈をした時、一番伸び・つっぱる痛みを感じる太ももの裏側の筋肉の柔軟性です。

「ハムストリングス」は骨盤を支える筋肉の1つなのでこの筋肉硬くなってしまっていると、骨盤を後ろ側に引っ張る力が大きくなり、骨盤が後傾した状態にあると「ハムストリングス」の付着部分の距離が短くなって、筋肉は常に縮んだ状態になります。
この結果、骨盤を土台にしている背骨が丸くなってしまい(猫背)、前屈をするときに骨盤から前に倒れられずに腰が途中で折れてしまうことで、床まで手が届きにくくなってしまいます。


(3)ふくらはぎに柔軟性がない!

なんと、ふくらはぎの柔軟性が乏しいだけで前屈がしにくくなってしまいます!

これは、ふくらはぎの筋肉は膝の裏側まで繋がっており、筋肉が硬くなってしまうと膝を曲げるように筋肉を引っ張ってしまいます。このとき硬い状態のままでは膝を伸ばしたくても上手く伸びることができず、前屈をした際につっぱりが生じて前屈がしにくくなってしまうのです。

 

(4)肩甲骨の可動域が狭くなっている!

「肩甲骨」ときくと、前屈のできるできないには関係がないように思いますが、実は大切な筋肉です!
なぜ大切なのかというと、肩甲骨の開く動きと腕や背骨の動きの関係があります。
私たちの身体は腕を動かすとき、肩甲骨と上腕骨が連動する働きがあり、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなり動かなくなると、この連動が行われなくなってしまい腕の可動性が制限され小さくなってしまいます。
また、肩甲骨が動かないことにより、背骨の弯曲が浅くなることが原因で床に手がつきにくくなってしまいます。

(5)腰回りの柔軟性がない

やはり、どんなに上半身・下半身の柔軟性が高くとも、腰まわりの筋肉がかたまってしまっていては、どうしても前屈は難しくなってしまいます。

なぜかというと、前屈をする姿勢の時に股関節から身体を折り曲げていく状態になりますが、腰まわりの筋肉が硬いと腰が突っかかったり、また腰が丸まったようになることで、そこから先身体を倒すことが難しいのです。

主には身体を倒したり・回したりする動きには、下半身や上半身の筋肉が使われます。
しかし、上半身と下半身のつなぎ目である腰まわりの筋肉の柔軟性も勿論必要となるのです!


きれいに前屈できるメリットとは?

前屈ができることでの、身体にとってのうれしいメリットを4つ紹介いたします!

1、まず、姿勢が良くなり機能的な動きができる

前屈に関わる筋肉の柔軟性を上げれば、骨盤を正常な位置に保つことができるので、身体のバランスが取りやすくなり仕事のあとも疲れにくく&休日もアクティブにスポーツなど楽しむことが可能になります。

そして、その時の姿勢に応じて正しい筋肉が使われるようになり、無理に他の筋肉で補うことがなくなるので身体の不調や日常生活でも無駄なく機能的に動くことができます。

2、腰痛になりにくい身体づくり

骨盤を真っすぐ立てることができれば、日々の生活でかかる腰椎への負担を最小限に抑えることができるので、骨盤の後傾を改善することができる前屈は腰痛になりにくい身体づくりをすることができます。

3、むくみや冷えのないの身体へ

下半身の筋肉は、それぞれが大きくかたまってしまうことで血行が悪くなりやすいです。
前屈ができるようになると、下半身の大きな筋肉を使うので、例えば心臓のように下半身の筋肉がポンプののうな役割をして、常に血行がいい状態や老廃物の循環も上手くいく体になっていきます。

4、最後に、怪我のしにくい・パフォーマンスも向上することができる!

当然、可動域が広がりますので身体に負担が少なく、ダイナミックな動きが可能になります。

柔軟性がないことで起こりやすいのが、捻挫や肉離れといった筋肉や腱を痛めてしまう怪我です。ジャンプしたり走ったりと瞬発力を必要とするスポーツは、気をつけなくてはなりません。

怪我をした際の度合いにもよりますが、復帰までに数ヶ月〜1年とかかり体のバランスを取り戻すのも大変です。そのためスポーツをしてる方は、ウォーミングアップも大切ですが、クールダウンも忘れずしっかりとストレッチをして頂けたらと思います。

ただし、ストレッチも適切な筋肉にしっかり伸びていないと、効果を感じることができないおそれもあります。せっかく、取り組んでいるのに腰痛も良くならず、それではとても残念ですよね?
そんな時は、ぜひ当院にご相談ください。
腰痛のお悩みはもちろん、姿勢矯正や、日々の適切なストレッチもその方の症状に合わせてご提案させていただきます!

辛い痛みを我慢せず一度ご連絡くださいませ(*^o^*)

あなたに合わせたオーダーメイドのプログラムでサポートさせていただきます!!

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで開院しております!
LINE@からもご予約OK♪

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩6分!

…………………………………………………………

ほっとくとあぶない!ぎっくり腰を予防すべき3つの理由〜札幌市北区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市北区の整骨院、
札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院です!(・u・)♪
当院では、辛い腰痛や、ぎっくり腰の治療を行っております!

ぎっくり腰はどのような症状をイメージされますか?何かとても重たいものを持った時や、かがんだ時にグキッといやな音が鳴ったりなど、このような状況を想像した人は多いのではないでしょうか? 実際は、とくに重いものを持ったわけでもないし、音が鳴らないぎっくり腰もさまざま存在するんです。


静かに襲われるぎっくり腰

とくに音の鳴らない場合も”ぎっくり腰”の症状とされ、例えば洗顔中の少しかがんだ体勢から起き上がる時などのふとした瞬間に起こりやすく、典型的なぎっくり腰と同じように立てなくなってしまったりすることもあります。

多くのぎっくり腰は、腰を丸め前屈した姿勢のまま重いものを急に持った場合などに起こりやすいことはすでにみなさまもご存知の通りなのですが、気づかぬうちになっているぎっくり腰症状の場合ですと、腰を丸める姿勢・捻る姿勢を長い時間続けたり、繰り返すことによって徐々に筋肉が傷つき、ぎっくり腰と同じ症状に陥るのではないかといわれています。

私たちの日常生活では、デスクワークをされている方に限らず、食事や洗顔、読書など、腰を丸めたまま長時間座っていることが多いからこそ日々のケアが必要になります。


ぎっくり腰の予防をすべき理由( ? _ ? )

ぎっくり腰は予防大切です!
理由は大きく3つ!

①自分で簡単に直せる症状ではないこと

ぎっくり腰は、腰まわりや背中の筋肉の捻挫や肉離れがおきていますので、簡単には治るものではありません。湿布や飲み薬は一時的に痛みを緩和しているだけに過ぎませんので、治ったと思っても、痛みに慣れ落ち着いただけで筋肉は傷ついたままです。

このまま日常生活に戻ることで、新たなぎっくり腰や慢性的な腰痛に移行してしまう火種になる可能性がでてきます。

②ぎっくり腰は繰り返す度に次の回復が鈍って症状が複雑化するため

ぎっくり腰を繰り返すたびに筋膜・筋肉の粘弾性や弾力性が低下していきます。
そして、常に同じタイプのぎっくり腰になるというわけではありませんので、違うタイプのぎっくり腰が入り乱れて複雑化してしまうことでさらに体の回復を妨げます。

③慢性的な腰痛・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症になっていく恐れがある

ぎっくり腰を繰り返してしまうことで、腰痛の慢性化や骨や軟骨など身体の深部への影響がでることです。この代表が中高年者以上の方に多い脊柱管狭窄症(せいきちゅうかんきょうさくしょう)です。脊柱管狭窄症でみられる腰の湾曲や症状は、まさにぎっくり腰で生じた腰の曲がりや症状の名残りといえます。ぎっくり腰が完治せずに不完全な状態のまま年月をかけ、徐々に慢性腰痛や脊柱管狭窄症へと移行してしまう可能性は充分に考えられます。

このようにぎっくり腰は、症状の重軽に関係なく多くの腰痛の原型で、非常に恐ろしい症状です。まずは、”ならない・繰り返さない”ように、ぎっくり腰を予防することこそが重要です。


「どこに行ってもよくならない」
「痛み止めなどでなく根本から治したい」
まわりに辛い腰痛でお悩みの方はいらっしゃいませんか?
一度、札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院にご相談ください!
しっかりお身体の状態を診させていただき、あなたに合わせた治療プログラムで
サポートさせていただきます!!

あなたに合わせたオーダーメイドのプログラムでサポートさせていただきます!!

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで開院しております!
LINE@からもご予約OK♪

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》
◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休 診 木曜日

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩6分!

…………………………………………………………

ぎっくり腰治療の体験談:札幌市東区Tさん「かなり楽になりました」ー札幌東区の整骨院整体院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院整体院元町院です!

本日は札幌東区の元町院に通われている
患者様のお声をご紹介いたします!


『かなり楽になりました。ありがとうございました。』

こちらの患者様はもともと腰痛持ちだったそうですが
来院の数日前にぎっくり腰のような症状が出てしまい、
安静にしていたが痛みが引かず来院されました。
起き上がる痛みや立ち上がる際に痛みが出てしまい
日常生活も難しい状態だったため
硬くなっていた背中、腰、臀部の筋肉をACRバランス調整法で緩めていきました。
2回目の治療では痛みが取れ、少しずつストレッチも行い
3回目ではストレッチも伸びやすくなったそうです。
産後の骨盤の歪みも気になるとのことで
産後骨盤矯正や、寝違えのケアなども行いました。
「かなり楽になった」というお言葉もいただくことができ良かったです!

では、なぜぎっくり腰になってしまうのでしょうか?
ぎっくり腰』とは俗称で、医療機関では『急性腰痛』と言われます。
普段から腰痛がある方は、その延長線上にぎっくり腰があるのですね。
「普段から腰痛はあったが、今朝起きたら今まで感じたことのない腰痛があり
起き上がれなくなってしまった」という患者様のお声をよくお聞きしますが
ぎっくり腰になる主な原因は
1、重いものを持ち、腰部へ強い負担がかかる
2、前かがみの姿勢になり、自分の体を支えるため腰部に強い負担がかかる
3、くしゃみなど、急な体の動きで関節や筋肉を痛める
4、無理な姿勢を長時間取り、筋肉や関節が固まる
など、筋肉への負担、硬さが原因となるものばかりです。

筋肉が固まっていると感じるのは、肩こりなど肩の筋肉が多いのではないかと思いますが
腰痛持ちの方は、腰回りの筋肉も硬くなっていることが多いです。
肩と違って、腰はすぐ骨に当たるため硬さを実感しにくいかと思いますが
お尻の上部(尾てい骨付近の筋肉)や背中の背骨の両脇にある筋肉を押すと
痛気持ちいい感覚があったり、痛みを感じる方は
腰回りの筋肉が硬くなってしまっているかもしれません。
肩は自分で手が届く範囲をほぐし一時的に楽にすることもできますが
腰や背中、臀部は後ろに手を回してほぐすことはなかなか難しいですよね。
また、手でほぐす方法は表面の筋肉しかほぐれず
またすぐに辛くなってしまったり、力加減を誤ると揉み返しが起こり
さらに辛くなってしまうこともあります。
筋肉の疲労、硬さは放置するとぎっくり腰となりますが
さらに放置すると急性腰痛だったぎっくり腰から「慢性腰痛」となってしまうことも・・・!

当院ACRバランス調整法では微弱な電気を用いて
マッサージなど手では届かない体の深い部分の筋肉を緩めることができます。
微弱な電気といっても体重計の体脂肪率測定などに使われる程度の電流で
ビリビリと痛みの伴う電気治療とは違います。
痛みを伴う電気治療は痛みの感覚を麻痺させ、痛み止めのように
一時的に楽にさせるものもありますが
当院では根本改善を目標に、痛みをごまかさず、
マッサージのようにその場しのぎではない、痛みの出ない身体作りを行っております。
また、普段の姿勢から腰部に負担がかかっている場合は
コアストレッチで姿勢を整え体の歪みを正していきます。

当院では症状に合わせて一人ひとりに合った治療を行っております。
腰痛と言っても痛みの原因になっている筋肉や、
それを引き起こしている生活習慣、癖は一人ひとり違います。
札幌あゆみ整骨院元町院では硬くなった筋肉を独自のACRバランス調整法
マッサージなど手では届かない部分の筋肉を緩め根本改善を目指します!
長年悩まれている慢性的な腰痛でお悩みの方も
一度、札幌市東区の札幌あゆみ整骨院元町院までご相談ください♩

札幌東区の札幌あゆみ整骨院元町院ではお仕事や学校、ご用事の後に通いやすい様に
平日、土曜日は夜8時まで受付を行っております。
少しでもお身体のお悩みがある方は症状が悪化する前にお気軽にご相談ください!

ご予約は電話の他、LINE@でも受付しております!
電話予約は9時〜12時、16時〜20時(日曜、祝日は9時〜12時)ですが
LINE@では24時間受付しております。
どんな内容でも構いません。まずはご登録しませんか?(*^^*)
元町院,LINE
こちらのQRコードをLINEのお友達追加画面で読み取ってください♩

私たちと一緒に痛みの改善を目指していきましょう(^ ^)♩

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》
◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休 診 木曜日

…………………………………………………………

元町院

〒065-0031
札幌市東区北31条東16丁目2-3
元町イオン前

電話:0120-50-8522
電話:011-786-8522

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄東豊線 新道東駅から徒歩3分!
イオン元町店さんの目の前です!

…………………………………………………………

 

ぎっくり腰を繰り返さない身体づくりを!札幌市北区Kさんの体験談”少しの施術でものすごく楽になり感動”

こんにちは!札幌市北区の整骨院、
札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院です!(・V・)ノ
当院では、慢性的な腰痛や、ぎっくり腰の治療を行っております!

本日でさっぽろ雪まつりも最終日、
お身体も元気いっぱいでお休みを楽しみたいですね( ^ V^ )/♪

本日は当院にぎっくり腰でかよわれている患者様お声をご紹介いたします!

ギックリ腰で来院させてもらいました。少しの施術でものすごく楽になり、大変感動しています。スタッフの方々も優しくて話がしやすく続けて来院させてもらってます。また何かありましたら宜しくお願いいたします。ありがとうございます。

此方の患者様はひどいぎっくり腰と慢性の腰痛に悩まれており、すでに通われている患者さまからのご紹介で来院くださいました。
最初にこられた日は歩くのもやっとといったかなり辛い状態でしたが、お仕事の合間にも立ち寄っていただき、しっかり数回を重ね治療を行わせていただいたことで、結果早い段階で痛みが軽減することができました。
「痛みなく生活したい」というご希望の為にも今後のお身体のメンテナンスまでふまえて
しっかりサポートさせていただきます!!


繰り返すぎっくり腰

腰に激痛が走るぎっくり腰は本当に怖いです。経験のある方は予想以上に辛い経験をしただけに”再発”を心配する人は少なくありません。ですが、中には実際に複数回ぎっくり腰を繰り返す方もいます。同じ部位を再び痛める人もいますが、前回とは別の部位を痛めてしまう方もいます。
ぎっくり腰を起こすその間隔は1ヶ月間に数回ギクっと腰を痛めてしまう人や1年に1から数回程度、1度のぎっくり腰がきっかけとなって腰痛が慢性化してしまうケースもあります。

同じ部分・他の筋肉への負担がかかっている

精神的なストレスが溜まってしまう

不安感からくる動きの制限

上記がぎっくり腰が再発する原因として多い3つのパターンになります。

「どこに行ってもよくならない」
「痛み止めなどでなく根本から治したい」
まわりに辛い腰痛でお悩みの方はいらっしゃいませんか?
一度、札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院にご相談ください!
しっかりお身体の状態を診させていただき、あなたに合わせた治療プログラムで
サポートさせていただきます!!

交通事故でのむち打ちや辛い肩こり頭痛でお悩みの方も札幌北区の整骨院(整体院)
札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院へご相談ください!
あなたに合わせたオーダーメイドのプログラムでサポートさせていただきます!!

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで開院しております!
LINE@からもご予約OK♪

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》
◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休 診 木曜日

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩6分!

…………………………………………………………

ギックリ腰はの予防と注意点!札幌市厚別区周辺の整骨院整体院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院北郷院です!

今日で1月も終わりですね!月日ははやいものですね!ということで2月は1年の中でもっとも寒い月とも言われています!そんな時に気をつけていただきたいのはギックリ腰です!

ギックリ腰とはみなさん突然なる場合があります!それは筋肉の疲労とくしゃみをした時や重たい荷物を持った際にギクっと!!なり動けなくなる状態ですね!

一般的にはギックリ腰の症状にの場合は腰を丸める姿勢や悪い姿勢を長時間続けたり、反復することにより少しづつ、少しづつ筋膜筋肉が傷つくことでギックリ腰の症状ではないか?と推測されています!特に寒いこの季節は筋肉のこわばりも激しくなりますのでギックリ腰が起こるやすい季節でもあるのです!ですが、ならないように努力する予防も大切です!

ではギックリ腰を予防する方法をお伝えいたします!

前かがみの体制はなるべく避ける!長時間の同じ姿勢は筋肉は疲労やすくなりますのでギックリ腰になる場合が高くなります!なので長時間同じ体制はなるべく避けましょう!デスクワークや立ち仕事が多い方はこまめに簡単なストレッチを取り入れましょう!

筋肉の緊張や疲労を和らげるストレッチをこまめに行いましょう!

あとはなるべく同じ姿勢でいるのも避けましょう!座りっぱなし、立ちっぱなしの方は腰を支える筋肉の血流が滞りやすいので、ストレッチなどで腰の筋肉を刺激してあげましょう!

荷物の持ち方などの少し注意が必要です!腰痛ギックリ腰にならない為には

たとえばテーブルにある荷物を持つには離れた場所から手や体を伸ばすのではなく、テーブルに近づいて、体を引きつけて荷物の中央を持つようにしましょう!また床にある荷物に関してはきちんとかがんでから持つようにしましょう!

中途半端な位置からだとギクッとなりやすいので注意して持つように心がけましょうね!

またギックリ腰を一度行うと繰り返し起こりうる症状の一つですので1度経験がある方は適度は運動も含めてしっかりと予防していきましょう!

お困りの方は札幌市厚別区札幌あゆみ整骨院北郷院にご連絡下さい!(^^)!

当院でしかお受けできない治療プログラムもご用意いたしておりますのでぜひ、
お体のことは札幌あゆみ整骨院北郷院へお問い合わせください!
札幌市厚別区周辺の整骨院札幌あゆみ整骨院北郷院

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》
◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休 診 木曜日

…………………………………………………………

北郷院
〒003-0831
札幌市白石区北郷3条7丁目1-20
タイヤ館北郷前

電話:0120-50-8533
電話:011-879-8533

LINE@でもご予約・ご相談受付中!

ご登録はこちらから( ^ω^ )ノ↑↑