タグ別アーカイブ: ぎっくり腰

ぎっくり腰になってしまったときは|札幌市東区の整体院・整骨院

こんにちは!!
札幌あゆみ整骨院元町院です。
8月に入って暑い日が続いてますね。
屋外と屋内の気温の変化が結構あり、体調を崩しやすい時期ですね。
夏風邪は引いてませんか?
その時の温度の変化にによってぎっくり腰になりやすくなってしまいます。

ぎっくり腰の発生原因として多いのが、
重いものを持った時や座ってる状態が長く立ち上がろうとして
動かくなってしまうのが一般的ですが、
トイレのふたを開けるとき、冷蔵庫の扉を開けるときのように
小さい動作でぎっくり腰になる場合もあります。
それで考えられるのは普段の日常生活の疲労だったり、お仕事のストレスが
溜まってしまい急に症状が出てきてしまうのが、ぎっくり腰です。

そもその筋肉っていうのは温めると筋肉は緩みます。
逆に冷やすと筋肉は固まってしまいます。
今の時期
ぎっくり腰ってどのような筋肉になっているのか。
急に背中~腰の筋肉がガチッと固まってしまって動かくなってしまいます。
そのときにやってもらいたいのはアイシング(冷却)です。
慢性腰痛と比べてぎっくり腰というのは急性腰痛です。
なので炎症が起きていることが考えられるので
まずは炎症をとることを最優先にしてください。
アイシングして安静にして痛みが少し治まるようなら
しっかりストレッチもしてください。
ストレッチすることで筋肉が伸びたり縮んだりすることができるようになるので
徐々に改善して行くと考えられます。
それでも治らないようなら病院で診てもらうか、
あゆみ整骨院でお身体診させてもらうか、してください。

そのまま放置してしまうと筋肉の炎症がとれても
がちがちに筋肉が固まってしまうので、その筋肉のせいで坐骨神経を圧迫してしまい、
坐骨神経痛になり、足の先までしびれが出てしまい夜も寝づらくなってしまいます。
また身体を支えてくれているのが筋肉か骨であるので
筋肉が使えないとなると骨(背骨)で身体を支えようとするので
腰の椎間板が飛びてまい、腰椎ヘルニアになってしまいます。
なのでぎっくり腰になってしまいアイシング、安静にしていても
身体の状態が良くならなければ是非当院に一度お身体の状態を
見せてください。

当院の施術としてガチガチに固まってしまっている筋肉を
まずは柔らかくして本来の伸び縮みを取り戻すというのをやり、
計画的にしっかり一つずつできることを増やしていきます。
筋肉の状態を安定させることがこれからのぎっくり腰の予防にもなります。
なのでぎっくり腰なってしまったときは当院で一度に相談ください。

札幌市東区元町 札幌あゆみ整骨院 元町院

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

元町院

〒065-0031
札幌市東区北31条東16丁目2-3
元町イオン前

電話:0120-50-8522
電話:011-786-8522

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

ご予約はお電話の他、LINE@でも承っております!
電話予約は営業時間内ですが
LINE@では24時間受付しております。
※営業時間外や休診日はお返事が遅れることがあります。
まずは登録しませんか?(*^^*)
こちらのQRコードをLINEのお友達追加画面で読み取ってください♩

《アクセス》
地下鉄東豊線 新道東駅から徒歩3分!
イオン元町店さんの目の前です!
駐車場は院前に4台完備!
※元町院の駐車場は右から4台分です。

…………………………………………………………

腰痛になりやすい人‼あなたは大丈夫⁉|札幌市北区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院(整体院)麻生新琴似院です♪

今日は腰痛についてお話しさせていただきます。

日本で腰痛の人は約 3000 万人いるともいわれており、国民病とも呼ばれています。多くの人が 1 度は経験があるのではないでしょうか、腰痛は私たちの身近な症状といえるでしょう。痛みの原因は様々ありますが、なりやすい人には共通の特徴があげられます。

デスクワークや授業、タクシードライバーなど、座りっぱなしの時間が長い人。
またはライン製造など、その場に立ったままで長時間同じ姿勢をすることが多いという人。
カバンをいつも同じ肩にかけている。また、子供を抱っこするのはいつも同じ腕など偏った体の使い方をしていると、初めは筋肉の疲労から始まり、ゆくゆくは骨格の歪みにつながります。初めは少しの疲労でも、長期間続けることで慢性的な腰痛を引き起こします。

 

立っていることより座っている方が楽に見えますが、実は座りっぱなしの体勢は立ちっぱなしよりも椎間板にかかる負担は大きく、不良な姿勢から腰痛になりやすいといえます。
ただ、同じ長時間座るにしても、姿勢正しく座っていれば問題ないと思われがちですが、いくら姿勢よく座っていても、同じ姿勢を長時間続けると言うことは、限られた筋肉や骨格に負荷が継続的にかかると言うことです。腰痛にとっては「長時間座っている」ということが要因になるのです。デスクに向って座っているだけで、運動しているときのように筋肉を使っているという自覚はないでしょう。大きな筋力は必要としませんが、座っていても筋肉を使っています。
動かないまま継続的に筋肉を使っていると、知らず知らずに筋肉疲労が蓄積され、最終段階で初めて『腰痛』として症状が表れます。座りっぱなしは、立ちっぱなしよりも要注意です。
また、同じ姿勢で立ちっぱなしの仕事でも、こうした筋肉疲労が溜まったことによる腰痛が起こりやすいと言えるでしょう。
立ったままその場での作業というのは、筋肉疲労と不良姿勢(腰の反り返り)によって椎間板(ついかんばん)にかなりの負担がかかるために腰痛になりやすいのです。

一見動き回っているので座りっぱなしより楽なのではないかと思いがちですが、毎日家事を行う主婦の人も、料理や掃除で前傾姿勢を継続してとることが多く、腰周辺に負荷がかかってしまいます。
家の中を動き回って掃除機をかけたり拭き掃除をしたり、洗濯をして干し、取り込んでたたみ、台所に立って料理を作る・・・。動きながらも腰には常に負荷がかかっている状態が続きますから、デスクワークで座りっぱなしでいるよりも肉体疲労は大きくなるでしょう。
力仕事をしているわけではないから・・・と油断をしていると疲労が蓄積され、最終的には腰痛として症状が表れることがありますので注意が必要です。

他にも、階段や段差のある場所で重い荷物を持って上り下りしたり、荷物を持ち上げる時に、膝を曲げずに腰だけを曲げて持ち上げようとする人は要注意です。一瞬で腰痛持ちになる可能性が高いです。
重い荷物を持ち上げる時には、しっかりと膝を曲げてしゃがんでから持ち上げましょう。
また、重い荷物の受け渡しも、体を捻らず正面を向き、腰に負担がかからない自然な姿勢
で行いましょう。

 

 

上記以外にも、運動不足な人や身体が硬い人などは腰痛になる可能性が高いと言えます。
このような特徴に当てはまりやすい方はぜひ腰痛にならないような生活習慣を身につけ、
ケアを行っていきましょう。違和感があってもひどくはないから、とそのままにしておく
と、ぎっくり腰ヘルニアなどに発展することもあります。辛くなる前の早期発見、早期
治療も大切なことです。

当院の【 ACR バランス骨格調整プログラム】では、腰痛の原因となっている筋肉の緊張
を取り、深い部分の筋肉と骨格を調整することで、正しい状態の全身バランスを記憶させ
る施術を行います。全身の筋肉をほぐし、緊張の原因である骨格のバランスも調整する事
で、人間本来の筋肉が持つ動きを取り戻して血流を良くし、腰痛の改善を目指します。
あなたの日常生活や症状をじっくりと聴き、体調に合わせて施術をすすめていきます。
気になる方はぜひ一度、当院にご相談ください!!

 

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで受付です!
LINE@からもご予約お待ちしております♩

肩こり頭痛腰痛でお困りの方はもちろん、
札幌あゆみ整骨院は交通事故の治療も行っています!
交通事故
でのむち打ちや腰痛は当院にお任せください

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩5分!
JR学園都市線 新琴似駅 徒歩5分!
駐車場は院前・院横に11台完備!

…………………………………………………………

夏はぎっくり腰になりやすい?|札幌市豊平区の整骨院・整体

こんにちは!札幌市豊平区にある整骨院
札幌あゆみ整骨院南平岸院です!

やっと日焼けが気になる日差しになってきましたね!
BBQや海水浴、かき氷、花火などなど…。
夏は楽しいイベントがたくさんありますよね♪( ´▽`)
そんな夏を思う存分楽しむために健康管理、熱中症などには十分にお気をつけください!

暑さが厳しくなるにつれて冷たいものを求めてしまいますが、冷たいものばかり飲食したり、クーラーで身体を冷やしすぎていると身体はどんどん冷えていき冷えることで身体の負担も大きくなっていきます。
今回は、身体を冷やしすぎた事によってどのような影響が起こり、ぎっくり腰になってしまうのかについてご紹介していきます。

身体の冷えがぎっくり腰を引き起こす?「ぎっくり腰 フリー素材」の画像検索結果

そもそも身体が冷えると内臓に負担がかかり身体の機能がどんどん低下してしまいます。人の身体は意識しなくても勝手にバランスをとりながら生活しています。なので、身体の機能が低下するとそれを周りの筋肉など他の部分で補おうとします。このようにバランスをとっていくと身体がどんどん歪み、その歪みが今度は筋肉に負担をかけていきます。こうして蓄積した負担はなかなか取ることが出来ず、重い荷物を持ち上げた時や咳やくしゃみをした時、顔を洗おうと前屈みになったなどの何気ない時に急に「グキッ」となりぎっくり腰になってしまい、痛みが強くでてきてしまいます。

では、ぎっくり腰になったときの対処法と予防法をご紹介していきます。

夏のぎっくり腰の原因は?

身体の冷え「エアコン フリー素材」の画像検索結果

この季節に注意して欲しいのが、クーラーによる身体の冷えです。今の時期はどこに行ってもクーラーがかかっていることがほとんどです。なので、室内の温度は低く寒いぐらいになっています。その状況の中に長時間いると身体はどんどん冷えていき、血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなってしまうと、筋肉に酸素や栄養が行かなくなり、乳酸などの老廃物が溜まりやすくなってしまいます。そのため、お尻や腰の筋肉に疲労が溜まり硬くなり、ぎっくり腰に繋がってしまいます。

疲れに気付かない「キャンプ フリー素材」の画像検索結果

夏は海やプール、BBQやキャンプ、旅行など楽しいことがたくさんありますよね!!
このように、夏は開放的になりやすく、ちょっとした違和感や疲れが感じにくくなる季節です。このちょっとした違和感や疲れが溜まっていくことによってある日急にぎっくり腰になってしまいます。

ぎっくり腰にならないためには…

すぐに羽織れる物を用意する「腹巻き フリー素材」の画像検索結果

クーラーに長時間あたりそうな時はレッグウォーマーや腹巻き、膝掛けなどを使い身体が冷えないようにしましょう。オススメは腹巻です。お腹周りを温めると身体全体が温まりやすいので、薄手のものを衣類の下につけるなど対策を行いましょう。

冷たい物を取りすぎない

 今の時期はどうしても冷たい物を取ってしまいがちです。しかし、冷たい物を取り過ぎてしまうと身体が中から冷やされてしまいます。その為、取り過ぎには注意しましょう。「ビール フリー素材」の画像検索結果

ぎっくり腰で違和感を感じたり痛みが続くようであれば当院にご相談ください(^-^)
当院ではその日、その時、その人に合わせた施術を行い、辛い症状を根本的に改善できるようにサポートさせて頂いております。
いろいろやってみたけど、ぎっくり腰が改善されずお困りの方は是非1度、札幌あゆみ整骨院南平岸院へお問い合わせください。
スタッフ一同全力でサポートさせていただきます\\\\٩( ‘ω’ )و ////
もちろんぎっくり腰以外のお悩みも受け付けております!お気軽にご相談ください♬

一人でも多くの患者さんが笑顔になっていただければと思います( ´ ▽ ` )ノ

札幌市豊平区の札幌あゆみ整骨院南平岸院では、忙しくなかなか時間のとれない方や電話が苦手な方の為に、LINE@もご用意しています!
友だち追加
お気軽にご登録くださいね(*’▽’*)♪

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ南平岸院
〒062-0933
北海道札幌市豊平区平岸3条14丁目3−1
電話:0120-85-9616

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

 

▼PCの方はこちらのQRコードを読み取ってください!!▼

《アクセス》
地下鉄南北線 南平岸駅から徒歩1分!
道道453号線 マックスバリュ平岸店目の前!
駐車場4台完備!

…………………………………………………………

 

ぎっくり腰の原因とは?|札幌市中央区山鼻の整骨院、整体院

こんにちは札幌あゆみ整骨院山鼻院です。

札幌あゆみ整骨院山鼻院に通われている患者様の中で腰痛の症状が多くその中でも急に腰が痛くなるぎっくり腰の方も腰痛の割合の中で多くいらっしゃいます。このぎっくり腰ですが急に痛みが出る症状なので発症してしまう原因が分からないであったり腰を痛める様な動きなどに心当たりがない方がほとんどなのですが実は日頃の生活環境にぎっくり腰になりやすくなってしまう要因が隠れています。なので本日は、ぎっくり腰になりやすい生活環境を詳しく書いていきます。

 

 

 

 

 

 

  1. 運動不足
    運動不足の方は、運動をされている方に比べると腰痛になりやすいというのは、
    よく知られています。特に年齢を重ねることに連れてされている方とされていない方との
    差が大きく出てしまう傾向にあります。ここで出ている『運動』はウォーキングやジョギング
    など適度な運動をさしていて、ゴルフや野球、テニスなど、前かがみかつ腰を大きく捻る
    様な腰に負担が大きいスポーツとは別になります。なのでゴルフやテニスなどのスポーツを
    される場合は十分に準備体操を行い、長時間続けてのプレーは控えましょう。
  2. 喫煙
    実はタバコを吸われる方は腰痛のリスクが高まっていることは知られています。
    特に重度な腰痛で入院される方は喫煙の習慣がある方が多い様です。
    理由としては腰椎の周りにある椎間板というものがありこの椎間板は腰にかかる負担や
    衝撃を和らげる効果があるのですがタバコに入っているニコチンを摂取することで血管が
    収縮してしまい血行が悪くなり椎間板まで血液が行きづらくなり椎間板が老化してしまう
    ため腰に負担がかかりやすくなりぎっくり腰に繋がってしまうケースがあります。
  3. 睡眠不足
    生き物の身体が回復している時間が睡眠をしている時になるのでしっかりと睡眠を取らない
    と身体は回復をしません。日頃、腰痛を感じない方でも椎間板、椎間関節、筋肉に疲労が
    たまりぎっくり腰になりやすくなります。なのでお仕事などでお忙しいとは思いますが
    生活リズムをしっかり守り睡眠時間もキープできる様に心がけましょう。
  4. 日頃の姿勢
    腰を痛めてしまう方の多くは前傾姿勢(猫背)になってしまっている方がほとんどです。
    また姿勢だけではなく骨盤が歪んでしまい腰痛になるケースもあります。
    歪みが発生してしまうことでお仕事だけではなく日常生活でも負担がかかりやすくなり身体
    が回復しにくくなってしまいます。
  5. 職種によるリスク
    お仕事の内容でもやはりぎっくり腰のリスクは高まります。
    もちろん腰に負担がかかりやすい、重たい物をもつ回数が多い、腰部に振動がかかる様な動作
    が多い職業はもちろん、具体的にはタクシードライバーやデスクワークがメインの職業は同じ姿勢で長時間いることが多いため腰に負担がかかりやすくぎっくり腰に繋がる場合があります。
  6. 精神的ストレス
    肉体的な疲労だけではなく精神的にストレスがかかってしまっている場合も注意が必要です。
    日常生活やお仕事でストレスがたまりうつ状態になってしまうとぎっくり腰になりやすくなるだけではなくなってしまった後の予後にも影響が出る様です。

以上の5つ以外にも普段からの食事で筋肉や骨の回復に必要な栄養素が足りていない方も
ぎっくり腰のリスクを高めてしまう傾向にあるので、カルシウム(乳製品や小魚)やビタミンD(秋刀魚や鮭、青魚)やビタミンC(野菜や果物)を積極的に取る様にしましょう!
ですがお仕事や日常生活でも負担は完全にはケアを個人ですることはとても大変なことなので
少しでも腰に違和感や重だるさがある方はぜひ札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!
腰や背中、骨盤周りの筋肉の緊張や、姿勢、骨盤矯正まで患者様一人一人にあった治療メニューを
提案させていただきぎっくり腰になりづらい再発しにくい身体作りをさせていただきます!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

ぎっくり腰はストレスが関係している!?|札幌市西区の整体・整骨院

皆さんこんにちは!札幌市西区の整骨院札幌あゆみ整骨院琴似院です(*´∀`*)

全国的に猛暑が続いていますが皆さん熱中症などは大丈夫でしょうか?
40度を超えた地域もあるみたいです!北海道民には驚きですね(O_O)
くれぐれも水分補給を怠らないようにしてくださいね!

さて、本日はぎっくり腰についてお話しさせていただきます!

ぎっくり腰のイラスト(男性)
ぎっくり腰が何故発症するのかご存知でしょうか?
原因は疲労の蓄積にあります。
何もしていないのにぎっくり腰が突然発症した!と思っていませんか?
実はそれ、大きな間違いです。
ぎっくり腰というのは、様々な理由によって腰や周りの筋肉に負担がかかり、疲労が蓄積されて発症するものです。
重いものを持ち上げようとしたときやくしゃみをしたときなどに発症する方が多いですが、これらはあくまできっかけに過ぎません。
限界まで来ていた腰回りの筋肉が様々なきっかけによって発症するのです。
ただ、気をつけていただきたいのがただのぎっくり腰ではなく椎間板ヘルニアや圧迫骨折の可能性も潜んでいるので
ぎっくり腰を発症した際は自己判断せずまずは病院で詳しく検査を行なってください。
骨の異常でない限りレントゲンには写らないのでMRIやCTなど精密検査が可能な病院を受診することをオススメします。

また、腰痛と精神的ストレスは実は深い因果関係があるのです。
心因性腰痛と呼ばれる腰痛もある程です。
痛みのメカニズムとしては、痛みを感じる信号が脳へ繋がり、脳内でドーパミンと呼ばれる神経伝達物質が大量に放出されます。
ドーパミンが放出されると痛みを抑えてくれるセロトニンやノルアドレナリンが放出され、痛みを感じる信号が遮断されるので痛みを感じにくくなります。
これは人間が生まれながらに持っている痛みをコントロールしてくれる働きなのですが、精神的ストレスを感じている状態が長く続いてしまうとこのドーパミンが放出されにくくなり、痛みを感じやすくなってしまいます。
病院に行っても良くならない、原因がよくわからないけど痛みは強く感じる、といった症状でお悩みの方は、もしかすると精神的要素が関係しているのかもしれません。

ストレスを受けると自律神経が乱れる→血管が収縮→血流が悪くなる→筋肉に栄養や酸素が行き渡らない→筋肉の負担が増え、疲労が溜まる
という仕組みです。

腰は体の中でも負担を受けやすい部分です。筋肉疲労が腰で爆発してしまい、ぎっくり腰と言う形で現れます。慢性的な腰痛になるか、ぎっくり腰になるかはその人によりますが、ストレスを緩和することでぎっくり腰や慢性的な腰痛の改善が期待できます。

もしもぎっくり腰を発症してしまってもご安心ください!
札幌市西区の札幌あゆみ整骨院琴似院ではぎっくり腰の治療も行なっております!
硬くなってしまった腰回りの筋肉を微弱電流を使って深層部から緩め、筋肉が持つ本来の動きを取り戻します。
リラックス目的のマッサージではなく、根本改善を目的としているので本格的に治したい方はぜひ一度当院にお越しください(⌒▽⌒)♫

札幌市西区八軒 札幌あゆみ整骨院 琴似院

*

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ琴似院
〒063-0861
札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!
ケンタッキーさん目の前です。
駐車場は院横に2台完備!
斜め向かいのタイムズさんとも提携しています。

…………………………………………………………

夏に多い腰痛の原因と対策|札幌市東区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市東区の札幌あゆみ整骨院元町院です\(^o^)/

もう7月になって2週間が経っていますが、雨ばかり続いていてじめじめしていますね(T_T)
いつになったら、暖かくなってくれるのでしょうか…
早く7月らしいお天気になってくれるといいですね!!

「夏 エアコン フリー素材」の画像検索結果

これからお天気が良くなって気温が暖かくなってくると、エアコンを使用する方もおおくなってくるのではないでしょうか?
しかし、冷房の当たりすぎで身体の不調を起こす人も多いです。
さらに、そのエアコンが腰痛の原因になっているかも知れませんΣ(・□・;)

✔︎最近首肩こり、頭痛、腰痛が出ている

✔︎手足が冷えやすい

✔︎食欲が出ない

✔︎体がだるい

最近このような症状が出ている方は、冷房による急な冷えが原因かもしれません。
外と中の急激な気温差で自律神経が崩れ体温調節がうまくいかないケースが多いです。

「夏 エアコン フリー素材」の画像検索結果

身体が冷えることで何が起きるかというと、血管が収縮してしまいます。
また、冷えることで体温を上げようと筋肉も収縮し硬くなってしまいます。
その状態で急に動いたり、力が入ったりすることで筋肉を傷めてしまう可能性が高くなってしまいます。
このような理由からぎっくり腰と呼ばれるような急性腰痛は意外と夏の時期が多いのです。

ぎっくり腰等、急性的に起こる障害は炎症期と呼ばれる受傷されてから3日間を過ぎると痛みは引いて来ます。
この状態を「治った!」と思ってしまう方も多いのですが、炎症が収まっただけで患部の損傷が治りきってるわけではありません
この状態で運動等、患部に対して負荷を続けてしまうとぎっくり腰が癖になっている、いわゆる再発を繰り返してしまう状態になってしまいます。

そうなってしまわないためにも、早期的な適切な処置が必要になってきます。


では、今から対策をお伝えします!!

エアコンは25〜28度が理想!
この気温は過ごしやすいといわれています。また、直接風が当たらないのが理想です。

ひざ掛けを使う
お尻や太ももの筋肉の裏側に大きな血管が通ってるので温めると効果的です。

首やお腹を温める!
手首や足首には血管が集まっており、温めると温まった血液が循環が良くなり冷えを予防できます!


当院【 ACR バランス骨格調整プログラム】では、ぎっくり腰腰痛の原因となっている筋肉の緊張を取り除き、奥深い部分の筋肉と骨格を調整することで、正しい状態の全身バランスを記憶させる施術を行います。
ぎっくり腰腰痛の場合も、全身の筋肉をほぐし、緊張の原因である骨格のバランスも調整する事で、人間本来の筋肉が持つ動きを取り戻して血流を良くし、ぎっくり腰腰痛の改善を目指します。
あなたの日常生活や症状、体調に合わせて施術をすすめていきます。
辛くなる前の早期発見、早期治療も大切なことです。
気になる方はぜひ一度、札幌あゆみ整骨院元町院にご相談ください(*^▽^*)

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

元町院

〒065-0031
札幌市東区北31条東16丁目2-3
元町イオン前

電話:0120-50-8522
電話:011-786-8522

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

ご予約はお電話の他、LINE@でも承っております!
電話予約は営業時間内ですが
LINE@では24時間受付しております。
※営業時間外や休診日はお返事が遅れることがあります。
まずは登録しませんか?(*^^*)
こちらのQRコードをLINEのお友達追加画面で読み取ってください♩

《アクセス》
地下鉄東豊線 新道東駅から徒歩3分!
イオン元町店さんの目の前です!
駐車場は院前に4台完備!
※元町院の駐車場は右から4台分です。

ぎっくり腰になった時の応急処置!|札幌市北区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市北区の整骨院、
札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院ですO(´O`o)

札幌では気持ちよく晴れる日が少なく、気温お変化が大きい影響か、
最近ぎっくり腰でご来院される方が増えてます!

みなさまもご自身での経験、またまわりでぎっくり腰になってしまった方がいて、対応に困ってしまったことはございませんか?

ぎっくり腰〜応急処置はどうするの??

お子さんを抱き上げたとき、荷物を持ち上げたとき、前かがみになったときなどに急に激しい痛みに襲われてしまい、ぎっくり腰になり動けなくなってしまった。
また、身近な人がぎっくり腰になってしまったことでどうすればいいのかわからず、困ってしまった。という経験はありませんか?

ぎっくり腰の発症直後、痛みが強い場合には、腰に負担がかからない楽な姿勢をとるようにします。

ぎっくり腰というと、腰や背中に急に激しい痛みを感じ、動けなくなるというイメージがあるかと思いますが、違和感から始まり、そこから徐々に痛みが大きくなり動けなくなってしまうこともあります。

そんな時は、、、
・無理に腰を曲げたり伸ばしたりせずに、ゆっくり動いて体を横にしましょう。
身近な人がぎっくり腰になってしまった場合も、ゆっくり動くように促してあげて下さい。

・横になるときは、痛みがあるほうを下に向けて横向きになりましょう。
そのときに少し膝を曲げると腰への負担が少なくなるので、楽な姿勢で休むことができます。

・仰向けの時は腰の負担を減らすため、膝を立てて横になりましょう
クッション代わりになるようなものがあるときは、ふくらはぎの下に入れてあげると姿勢が安定して腰が楽になりますよ。

痛みがひどく動けない場合は、無理をせずにゆっくり安静にされたほうが良いでしょう。患部を氷のうなどで冷やしてください。

一般的にぎっくり腰は腰を痛めてから48時間は炎症物質が出続けるといわれています。この炎症物質は冷やすことである程度抑えられるので、ぎっくり腰の初期段階は患部を冷やすことに徹しましょう。発症してから48時間を目安にして、強烈な痛みが和らいできたら冷やすことをやめても良いでしょう。
なお、痛みのピークは初日ではなく2、3日目というのが定説です。初日が痛くないからといって、冷やすことをサボらないほうが痛みを早く抑えることにつながります。

少しずつ痛みが和らいでくると思いますので、動けるようになった際に、病院や専門の治療院などで診察してもらうのが良いでしょう

ご注意いただきたいのは・・・

ぎっくり腰を経験すると、その後の1年間でなんと、約1/4ほどの患者さまが再発するといわれています。

再発を予防するための4つのコト!

無理な姿勢をとらないようにする

腰に負担がかかる姿勢は普段から避けましょう。ご注意頂きたいのは”前かがみの姿勢”です。

ストレスの軽減

ストレスが続けばよけいに痛みに敏感になります。リラックスできる時間や趣味を楽しむなど、自分の好きなものを生活に取り入れて、 ストレスを軽減していきましょう。

肥満予防

肥満は体重が重い分、それだけダイレクトに腰に負担がかかり腰痛が起こりやすくなります。

適度な運動

痛みがなくなり完治した後は、適度に体を動かすことが腰をいたわるという意味で効果が期待されます。

辛さを繰り返さないためにも、しっかり再発防止に取り組むことが大切です!

辛い痛みを我慢せず、まず一度札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院にご相談ください♪

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで受付です!
LINE@からもご予約お待ちしております♩

肩こり頭痛腰痛でお困りの方はもちろん、
札幌あゆみ整骨院は交通事故の治療も行っています!
交通事故
でのむち打ちや腰痛は当院にお任せください

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩5分!
JR学園都市線 新琴似駅 徒歩5分!
駐車場は院前・院横に11台完備!

…………………………………………………………

ぎっくり腰は様々な原因からきていた!|札幌市中央区の整体院・整骨院

こんにちは!札幌市中央区の札幌あゆみ整骨院山鼻院です♫

最近は雨や湿気で体調を崩す方が多くいらっしゃいます。
濡れた服は必ず着替える、タオルを持参しておく、外から帰った時は手洗いうがいを徹底することを忘れ図に行いましょう。

今回は最近多くある、急におこってしまうぎっくり腰についてお話しさせていただきます。

 

ぎっくり腰の原因は様々

ぎっくり腰は、何らかの原因で知らない間に腰の筋肉にたまった疲労が限界を超えた時に起こります。
重い荷物を持ち上げた時になるイメージが大きいと思いますが、それ以外にも

・後ろを振り向いた時に

・靴紐をしめようとしゃがんだら

・子どもを抱き上げた瞬間

・床に落ちたものを拾おうとして前屈みになる

・くしゃみをする

など、ちょっとした日常的な動作をしただけなのにぎっくり腰になったという人が多いのは、知らない間に腰の筋肉にたまった疲労が限界を超えた時なのです。特に腰は疲労のもととなる「コリ」を感じにくい場所だそうで、何の前触れもないままいきなりぎっくり腰になる人も多く、だからこそ、早期発見・早期治療が大切になります。

大きく原因を4つに分ける

1筋肉疲労からのぎっくり腰

筋肉の慢性疲労です。
ぎっくり腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しています。
日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまう。。。これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、ふとした時に、負荷の許容量を超えてしまい、腰痛として発症してしまいます。日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こってしまいます。
それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を起こし、ぎっくり腰になるきっかけだできます。

2骨格の歪みからくるぎっくり腰

骨格の歪みも大きな要因となります。
私たちの日常を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいることが多いと思います。
長時間限られた姿勢でいると、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。
そして、使われている筋肉には負荷がかかってきます。使われていない筋肉は、少しずつ緩んでいき、こ筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。
歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わります。
身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、ぎっくり腰につながります。

3急な過負荷

若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因の1つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや、動きの急激な切り替えの時に、腰に急な過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

 

ぎっくり腰になる原因として考えられるものは、体重や筋肉のバランスや生活習慣、または生活環境、体質なども考えられます。

ぎっくり腰に多い季節がある?

ぎっくり腰が起こりやすい季節があります。
その季節、実は秋から冬にかけてになります。
なぜかと申しますとそれは「コリ」が発生するメカニズムに関係しています。
コリは筋肉が硬く固まってしまう現象ですが、冷えや運動不足、過度な負担やストレスなど、長時間筋肉が緊張することにより、血流が滞って老廃物が排出されなくなります。
その結果、細胞に酸素や栄養が行き届かなくなって起こります。
特に、気温が低下する秋から冬にかけては冷えによるダメージが大きく、ぎっくり腰になりやすいと言われます。

予防策のご紹介

血流を悪くしないように日頃からお身体を冷やさないようにしましょう。
外出される際は厚着でご自宅にいる時は室温の調節をこまめに行うようにしましょう。

ぎっくり腰の治療・対処法

ぎっくり腰になった後2~3日は組織の炎症がみられる可能性もあるため、痛めた部位は温めない方がいいです。
1日数回、10分間アイスパックなどで冷やして対処しましょう。
また個人のケアでは限界がありますのでぎっくり腰になってしまった場合は札幌中央区の
札幌あゆみ整骨院山鼻院へご相談ください。
生活に支障がないように早期回復できるように全力でサポートいたします。

札幌市中央区の札幌あゆみ整骨院の治療

痛みのない状態で全身の調整ができます。

札幌中央区の札幌あゆみ整骨院山鼻院では「あなたの笑顔のお手伝い。」をモットーにしています。

その時の状態をしっかり見極め、信号の周波やリズムを変えることで、原因の質の異なる状態に対応できます。ストレスによる痛みやだるさ、急な怪我、天候や気温によって変化する状態に合わせたオーダーメイドの施術が可能です。

ぎっくり腰やお身体のお悩みは札幌中央区の札幌あゆみ整骨院山鼻院へお越しください。
早期発見・早期治療で根本改善をしていきましょう!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

…………………………………………………………

ぎっくり腰と戦う!!!|札幌市中央区整骨院・整体院

こんにちは!札幌市中央区にあります、札幌あゆみ整骨院大通院です!!!

7月に入り、夏のイベントも増えて来ましたが雨や気温が低いですね。
みなさん、お出かけの際はしっかり暖かい格好をして出かけてくださいね( ͡° ͜ʖ ͡)

本日は「ぎっくり腰」についてです。
みなさんぎっくり腰と聞くとどんなイメージでしょうか。
「急に症状が起きる」「立ち歩くのも辛い」そんなイメージではないでしょうか。

ぎっくり腰
ぎっくり腰は正式に「急性腰痛症」といいます。
例えば重い荷物をもったり、前屈みの姿勢やくしゃみをしたことがきっかけで急に腰に激しい痛みが走る症状です。

欧米ではこの突然くる症状から「魔女の一撃」と呼ばれているそうです。

◆原因:生活習慣◆
ぎっくり腰の主な原因は運動不足だと言われています。日頃から適度に運動をして、腰回りの筋肉をしっかりつけておきましょう。

ぎっくり腰予備軍チェック◆
下記項目に当てはまる場合はぎっくり腰の予備軍なので、日常の生活を見直してみてもいいかもしれません。

□最近急激に太った
□ヒールの高い靴を履く
□喫煙者
□仕事中、長時間座り姿勢
□体力の衰えを感じる

ハイヒール, 靴, 女性, 女の子, 脚, 足, 床, 具体的な

「こんなことが?!」と感じてしまうかもしれませんが、この5項目は全て腰へ大きな負担をかけてしまうのです。

◆症状の緩和◆
①安静にする!!!
ぎっくり腰は日常生活の中で急に腰が激しく痛みます。
このままではいけない、とストレッチなどをしようとする方もいらっしゃいますが痛みを我慢して無理に動かす必要はありません。
無理に動かすと、痛みがさらに強くなり治るのにも時間がかかってしまいます。
痛みがある間はできるだけ安静にしていてください。

ペット, 犬, 子犬, 恥ずかしがり屋, かわいい, 眠い, 動物, ブラック

②冷やす!!!
痛みのあるところを温めようとすると更に痛みが強くなります。まずは氷などで冷やしてください。
※この時冷感湿布でも間違いではありませんが、基本的に湿布は炎症を抑えるためのものなので、炎症を抑えるという意味では効果がありますが、冷やすという意味ではあまり効果的ではないのでご注意ください。

◆食事◆
ぎっくり腰は食事で予防することができます。

さんまや鮭、まいたけなどに含まれるビタミンDや牛乳やヨーグルト、豆腐に含まれるカルシウムは骨や筋肉を作る大切な栄養素となります。もちろん過度の摂取はいけないことですがバランスよく栄養を摂り、一緒に適度な運動も心がけましょう。

デザート, 朝食, ヨーグルト, イチゴ, ベリー

◆くせになるぎっくり腰
ぎっくり腰という症状は、急に激しい痛みが出てだんだんと痛みは緩和されていく場合があります。
この時治った!のではなく、一時的に炎症がおさまったと考えていただきたいです。
ぎっくり腰の症状はとても厄介で、一度症状が出るとまたひょんなきっかけからまた悪夢のようなぎっくり腰が発症します。
ぎっくり腰は癖になると言われておりますので、一度緩和されたからと言って油断は禁物です!!!

当院では、ぎっくり腰の治療も行っており、上記で挙げたように癖になるこの症状を根本改善を目指しております。
整骨院と聞くと”バキバキされる”と想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、当院はソフトな施術で小さいお子様からご年配の方まで老若男女問わず受けられる施術ですので、ご安心ください♪( ´θ`)ノ

当院は・・・
《ご予約優先制》待ち時間がほとんどございません!
《平日20時まで受付》お仕事や習い事の後に来院可能!
《土日祝も受付》なかなか平日は難しい方にも安心!
《各院転院可能》平日は職場や学校の近く、休日は自宅の近くへ通院することができます!
《ストレッチ指導》ご希望に応じて自宅で出来るストレッチもお伝え!

一人でそのお辛い症状と戦わず、お困りの場合は是非札幌あゆみ整骨院大通院を頼ってください!
みなさんの笑顔のサポートが出来るよう、スタッフ一同で全力サポート致します!!!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

大通院
〒060-0061
札幌市中央区南1条西2丁目9-1
IKEUCHI ZONE 7F

電話:0120-73-7366
電話:011-200-3773

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線/東西線/東豊線
大通駅から徒歩約1分!
市電西4丁目駅 徒歩3分!
駐車場はカモンチケットと提携!
…………………………………………………………

ぎっくり腰になりやすい人はこんな人!|札幌市豊平区の整骨院・整体院

こんにちは(。・ω・。)
札幌市豊平区の札幌あゆみ整骨院南平岸院です(*・ω・)ノ

最近雨が続いていましたが、今日はお天気が良く気温も暖かいのでお出かけ日和になりましたね!
休日の方も多いと思うので、楽しい休日をお過ごしください!!

さて、本日はぎっくり腰についてお話しさせていただきます。

ぎっくり腰の原因

①筋肉疲労

健康的な食事ぎっくり腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しています。 中腰で荷物を持上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまいます。これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷の許容量を超えてしまい、腰痛として発症してしまったと言えます。 日常生活を送る中で筋肉疲労は必ず起こりますが、人間はそれを回復するメカニズムを持ち合わせています。しかし、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになります。

②骨格の歪み

デスクワーク私たちの日常を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間限られた姿勢でいることが多いと思います。こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。そうして、使われている筋肉には負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうしたことが筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。 歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わります。身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながります。

③いきなりの過負荷

塀から飛び降りる若い人やスポーツ選手に多い原因の1つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がった時など、止まっている状態からいきなり動いた時や、動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

ぎっくり腰になりやすい人の傾向

①同じ姿勢で長時間いることが多い人

  • 運動不足運動不足で身体をあまり動かさない
  • 車の運転をすることが多い
  • 寒いところに長時間いることが多い

②腰に負担がかかる習慣がある人

  • 靴太り気味で体重が多い
  • ハイヒールを履くことが多い
  • いつも同じ肩にかばんをかける
  • 足を組む癖がある

③腰に負担をかける動作が多い人

  • 荷物を運ぶ重い荷物を持ち運ぶ機会が多い
  • 腰を曲げたりひねったりすることが多い

また、精神的なストレスが溜まりやすい人も、ぎっくり腰になりやすいといわれています。なぜなら、精神的なストレスを感じていると筋肉がこわばりやすいからです。

ぎっくり腰の予防のポイント

①腰に疲れをためない

●こまめにストレッチをする

pixta_4791165_S-570x379腰の筋肉が凝って固まると、疲れがたまりやすくなるので、こまめに腰の筋肉をほぐしてあげましょう。

●体を冷やさないように温める

カイロ身体が冷えてしまうと、筋肉が硬くなって固まってしまいます。特に冬などの寒い季節は身体が冷えがちなので、カイロなどを利用して背中や腰の筋肉が冷えないように温めましょう。

●ストレスをためこまない

叫ぶ女性ストレスがたまることでも筋肉は凝り固まってしまいます。自分なりのストレス発散方法を用意しておきましょう。

②膝を使って腰の負担を減らす

●床に落ちたものを拾うときは、腰を折り曲げずにひざを曲げて屈み、上半身は伸ばしたままにしておく。

●重いものを持ち上げるときは、胸を張った状態で、ひざの曲げ伸ばしを使って荷物を持ち上げる。

もし、ぎっくり腰になってしまったという方はプロに相談してみるといいでしょう。
しっかり診てもらいたいと思ったら、まずは整形外科に行きましょう。整形外科の場合、レントゲンを使って検査してもらうことができるので、ほかの病気ではないという確認もとれて安心です。
そこで「やっぱりぎっくり腰です」と診断されたときは、医師の指導に従ってください。
また、ぎっくり腰の痛みが和らいできた時期なら、腰の回復を早めるために整骨院や接骨院に行くのもオススメです。
腰周辺の筋肉の緊張をほぐしてもらえるだけでなく、骨のゆがみを整えてもらえるので、腰の回復を早めることができます。
ゆがんで固まっている体だと血液の循環も悪く、栄養も細胞に行きとどかないので体の治りが遅くなるのです。
ぎっくり腰をしてから痛みは大体とれたけど腰の調子が良くない場合もあります。
この時、腰の痛めた筋肉の炎症は治まってもゆがみが残っているから体がうまく動かせない可能性があります。
ぎっくり腰が癖になっているとか、毎年いつもぎっくり腰を起こしている人もいますが、それはぎっくり腰が癖になっているのではなく、その方の日常生活の体の方にゆがんでる癖が残っていて、体に負担が毎回かかるためにどうしても繰り返してしまうと考えられます。
もう2度と辛い思いをしたくないですよね?!
ぎっくり腰になる前に当院で体のゆがみをとり一緒に体のケアをしていきませんか?
スタッフ一同、全力でサポートさせて頂きます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

…………………………………………………………

札幌あゆみ南平岸院
〒062-0933
北海道札幌市豊平区平岸3条14丁目3−1
電話:0120-85-9616

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

 

《アクセス》
地下鉄南北線 南平岸駅西口から徒歩1分!
道道453号線マックスバリュ平岸店目の前!
駐車場5台完備!

…………………………………………………………