タグ別アーカイブ: 山鼻

坐骨神経痛とはそもそもなんなのか?|札幌市中央区山鼻行啓通近くの整骨院・整体院

こんにちは札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院です。

最近の札幌は晴れの日が多く過ごしやすい日が続いていますね。
また今週末から再び3連休とのことで遠出される方も多いと思いますのでお車を運転される方は交通事故にあわれないようにスピードの出し過ぎや対向車や歩行者への注意などの安全運転を心がけましょう!またもし交通事故にあわれてしまい、お身体の痛みやしびれなどが出てしまった方はぜひ札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!

さて話を変わりますが本日は札幌あゆみ整骨院山鼻院でも来院される症状として多いものでもある『坐骨神経痛』について書いていきます。

 

 

 

 

 

  1. 坐骨神経痛』とはなんなのか?そもそも『坐骨神経』は人の身体の中でもっとも太い神経と言われていて腰からお尻、太ももそしてふくらはぎ、足先とかなり広い範囲をカバーしていてこの大きい神経に何らかの原因で痛みが出てしまうものを『坐骨神経痛』と言います。
  2. 坐骨神経痛』はなぜ発症してしまうのか?
    この『坐骨神経痛』は病名ではなく、症状名になり痛みがでる原因は様々です。
    椎間板ヘルニア』により軟部組織が飛び出してしまう事で腰部にある神経を圧迫し痛みに繋がってしまうケースです。また『脊柱管狭窄症』でも『坐骨神経痛』が起きてしまうことがあります。『椎間板ヘルニア』と同様に変形している部分が神経を圧迫してしまうケースもありますが、『脊柱管狭窄症』自体の痛みをかばう為に、前傾姿勢になりやすくなるため、腰やお尻の筋肉が疲労し緊張することにより、『坐骨神経』を圧迫する場合もあります。もちろん『椎間板ヘルニア』や『脊柱管狭窄症』の様な状態がない場合でも、日頃から前傾姿勢を身体が覚えてしまっていたり、デスクワークなど腰に負担がかかるお仕事をされている方は『坐骨神経痛』の症状が出てしまうケースがあります。
  3. 坐骨神経痛』の治療方法とは?
    先ほども書いた通り『椎間板ヘルニア』や『脊柱管狭窄症』といった変形した場合から来る場合は、生活自体で支障をきたしてしまうレベルで整形外科から手術を勧められるケースがあります。(痛みが強すぎて歩行ができないなど)ですが、もともと生活や仕事の中での負担からこの『椎間板ヘルニア』や『脊柱管狭窄症』が、起こってしまうケースがほとんどなので、一度手術をしても、再発してしまうリスクが大きく、リハビリの負担も大きいため、ほとんどの場合が、手術をしない保存療法での治療になります。整形外科による保存療法では、腰やお尻の筋肉に負担がかからない様なするリハビリや痛み止めなどの薬の処方、ブロック注射などがメインになります。ですが、薬が効きにくい体質の方は、痛み止めやブロック注射の効果が出にくかったり、使い続ける事で、薬に対して免疫がついてしまい、なかなか痛みが取れにくくなってしまう場合もあります。また『椎間板ヘルニア』や『脊柱管狭窄症』といった状態でなく、『坐骨神経痛』になってしまう場合は、もともとの筋肉の硬さや歪みを改善していかないと、痛みは改善していきません。

札幌あゆみ整骨院山鼻院の『坐骨神経痛』の治療はまず、痛みの原因になる、腰やお尻の筋肉の緊張をしっかりとり、姿勢や骨盤の歪みの矯正まで再発をしない様な、治療を行なっています。
また、筋肉に対しての治療や矯正をする際に痛みはほとんどないので、ご高齢の方で『坐骨神経痛』に悩まれている方でも、安心して施術を受けることができます。なので、『坐骨神経痛』でお悩みの方は、ぜひ札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!またご予約優先制なのでお電話やLINE@からのご予約をオススメしております!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

実は増えています…テニス肘|札幌市中央区山鼻行啓通近くの整骨院・整体院

こんにちは札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院です。

明日から3連休ということでお車での遠出される方もいらっしゃると思います。
季節は秋で行楽シーズンでもあるので交通量も多くなり、交通事故に遭われてしまう確率もあがってしまうため、お車で遠出される際は、スピードの出し過ぎや、対向車、歩行者への気遣いなど十分に、気をつけて、事故に遭わない、巻き込まれない様にしましょう!交通事故は遭わないことが一番ですが、もし遭われた際は、札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!痛みが少ない場合でも、交通事故の怪我は、後から痛みが出ることが、多いので油断をせずに治療を受けましょう!

さて札幌あゆみ整骨院山鼻院で、来院される患者様で、増えて来ている症状として、『テニス肘』の症状があります。もちろん肩こり腰痛が特に多いですが、この『テニス肘』は、女性に増えて来ています。そこで本日はこの『テニス肘』について書いていきます。

テニス肘の要因

この増えて来ている『テニス肘』ですが、実は正式な、名前がありその名前は『上腕骨外側上顆炎』と言います。名前の通り、上腕骨にある外側上顆と言われる部分に、負担がかかり続けることで、炎症が起こり、痛みに繋がってしまいます。また負担がかかりやすい肘の部分の炎症になるので、負担を減らすことが、難しく完治までに、時間がかかりやすい症状でもあります。

テニス肘の原因・発症までの流れ

もともとこの『テニス肘』は、テニスのバックハンドスイング時に負担がかかることで、発症することが多く『テニス肘』と言われていましたが、今では家事や、お仕事での負担でも発症してしまうケースが目立っています。特に、痛みが強く出る動きとしては、物を持ち上げる動作や、雑巾を絞る動作で痛みが出て来てしまいます。安静にしている時は、痛みが出ないことも特徴です。
特に写真の様な掴み方で椅子を持ち上げる時に肘に痛みが出る方は、『テニス肘』の疑いが強くなります。またほとんどの場合は、筋肉の柔軟性の低下から『上腕骨外側上顆』を引っ張ってしまい発症することが多いので、炎症を抑えるだけではなく、この『筋肉の柔軟性』をつけていくことが、改善や再発防止には必要になります。

治療方法

テニス肘』は基本的に保存療法がメインになります。
整形外科では、ほとんどの場合、抗炎症効果がある湿布や、飲み薬を処方されるが多いのですが
炎症が起きてしまう原因として、先ほども書いた通り筋肉へかかる負担により筋肉が硬くなり、柔軟性がなくなることが、考えられるので、炎症を薬で抑えても、抑えきれない場合もあります。
また、筋肉に柔軟性がない状態だと一度炎症を抑えることができても、痛みが再発してしまう可能性が高くもなります。なので、柔軟性をあげるためにストレッチも大事になります。

また、生活でいつも使う部分でもある肘に炎症が起こるため完全に負担をゼロにすることができず痛みがなかなか取れないことも、この『テニス肘』の特徴になります。抗炎症剤や個人のストレッチだけでは、根本からの改善が難しいこともあり、長い期間、なかなか痛みが取れない、治らない方が、かなり多くみうけられます。なので、なかなか薬を飲んでも痛みが取れず、普段の生活やお仕事でに支障をきたしてしまう方は、ぜひ札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください。炎症を抑えるだけでなく、しっかり筋肉の柔軟性をあげ根本からの改善、間違ったお身体の使い方を、しない様にお身体の歪みの矯正まで、お身体を施術させていただきますので、『テニス肘』でお悩みの方は、ぜひ札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!
ご予約優先制になりますので、お電話またはLINE@からご予約をお取りすることをオススメします。

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

肩こりの原因とは?|札幌市中央区山鼻行啓通近くの整骨院・整体院

こんにちは札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院です!
札幌もいよいよ季節は秋に突入して来ましたが季節の変わり目でもあるので体調を崩しやすい季節でもあります。お身体を冷やさないような格好や空調の管理などの対策を行い風邪を引かない様にしましょう!また季節が秋に入ると寒さから筋肉が固まりぎっくり腰など急な腰痛も起こりやすいので重たい荷物を持ったり、ゴルフやテニスなど腰をひねる様な動きがあるスポーツをされる場合は、十分にストレッチを行なったりなどの対策を行う様にしましょう!

 

 

 

 

 

さて札幌あゆみ整骨院山鼻院に見られる患者様で多い症状としてぎっくり腰などの腰痛もそうですが肩こりの患者様も多く来院されます。そこで本日は『もともとなぜ肩こりが起きてしまうのか?』を詳し解説をしていこうと思います。その『肩こりが起こってしまう原因』ですが大きく分けていくと以下の5個に分けることができます。

      1. 不自然な姿勢や同じ姿勢での長時間労働
        日本人が肩こりを感じる原因として多いものがこの原因になります。主に事務作業やデスクワークなど机に長時間、座りっぱなしのお仕事はどうしても猫背(前傾姿勢)になりがちで首や肩も前にせり出してしまいます。すると首や肩の筋肉も前にせり出される影響で、引っ張られる牽引力が働き筋肉にかかる負担が増え、その負担が疲労としてたまり、筋肉が固まるため、肩こりを発症してしまいます。
      2. 緊張やストレス
        人が本来、リラックスしている時は副交感神経と言われる神経が、優先して働くことでお身体を休める状態を作っています。ですが過度の緊張やストレスは交感神経と言われる神経を優位にしてしまうと言われています。この交感神経が長く使われてしまうことでリラックスしている時でも副交感神経がうまく働かなくなる状態になり、お身体が休めないため、疲労物質がたまり肩こりにつながってしまうのです。
      3. 睡眠不足
        お身体を休める時間はもちろん睡眠を取っている時間になります。
        なので睡眠の時間をしっかり取ることも必要になるのですが睡眠の質も自体も大事になって行きます。特に睡眠時の姿勢はとても大切で仰向けが一番お身体に負担がかからない寝方と言われています。理由としては、仰向けが一番呼吸がしやすく、寝返りを打ちやすい姿勢のためです。お身体の回復には酸素などの栄養素が必要になるので睡眠時でも呼吸はとても大切で、寝返りは、睡眠時にかかる圧力を、分散させるために必要になります。なので、回復力を上げるために睡眠時の姿勢を意識するために、寝起きに休んだ感じがしない方は、枕などの寝具を見直す対策をおすすめします。
      4. 冷え性などお身体の冷え
        先ほども書いた通り、筋肉は冷えることで固まってしまう傾向にあります。
        なのでこの季節の変わり目は、服装や空調をうまく使い分け、お身体が冷えない様にしないと肩こりが、悪化してしまう原因になってしまうのです。また冷え性の方は、もともと血流が、あまりよくないため、老廃物が溜め込みやすい体質でもあるため、お身体を温める対策を行いっていきましょう。
      5. 運動不足
        筋肉は使いすぎてしまうと乳酸がたまり固まってしまいますが、逆に使わないことで筋肉の柔軟性が落ち固まってしまう性質を持っています。なので、過度なトレーニングや、ランニングなどのオーバーワークは、お身体を壊してしまう原因になりますので、ストレッチやウォーキングなど軽い運動を行い、筋肉の柔軟性を維持できる様に心がけましょう。

以下の5つが日本人に肩こりが多い原因になります。
お仕事中、睡眠時の姿勢や、お風呂などお身体を冷やさない工夫、適度な運動などを意識することで対策はできますが、個人でできるケアも限界があります。またどおしてもお仕事や日常生活でかかる負担は完全にゼロにすることはできないため、肩こりでお悩みの方はぜひ札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!や肩の筋肉の緊張はもちろん姿勢などのお身体の歪みまで、根本からの改善のサポートをいたします!

◎山鼻院

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

秋は肩こり悪化にご用心!|札幌市中央区山鼻行啓通近くの整骨院・整体院

こんにちは札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院です!

本日の札幌市内はあいにくの雨模様で1日中、降り続けるようなので朝もそうですが
帰宅時の夕方や夜も、濡れない格好を意識し、体調を崩されない様にしましょう!

明日から9月に入り、どんどん季節は秋に移り変わっていきますが
秋と言えば、食欲の秋、芸術の秋、そして読書の秋と言われていますね。
読書に関しては、そのままですが読書に適している気候や、温度になるからだと言われています。
夏が終わり、暑さもひと段落することで、気温も18度前後になる秋は、人が集中しやすい気温になるので、確かに読書に適した季節ですね。ですが、長時間の読書は肩こりになりやすい行動でもあります。

 

 

 

 

 

読書を集中して長時間行うことで、どうしても同じ姿勢を続けることにもなります。
さらにその姿勢が猫背(前傾姿勢)になりがちになるので、首や肩が前に入りさらに負担がかかってしまいます。もちろん猫背は、読書の時だけでなく、他の日常生活の時でもなりやすいので、肩こりでお悩みの方はぜひ一度、ご自身の姿勢を一度確認してみるのも、肩こりの対策になります。

ではそもそも、『肩こりとはなんなのか?』、『なぜ重だるく感じるのか?』ですが
症状がでる首、肩周りの筋肉が、疲労が溜まることで緊張し、血液の流れが悪くなること
(血行不良)で疲労物質がたまり、筋肉の回復に必要な栄養素や、酸素が行き届かなくなります。
その結果、首や肩に重だるさが残る状態が続いてしまうのです。
聞いたことはあるとは思いますが、この肩こりになってしまう原因について書いていきます。

その1:姿勢の影響

先ほども書いた通り姿勢は肩こりへの影響がかなり大きく猫背の場合は症状が大きく出ます。
猫背は体勢的に前傾姿勢になるので、首や肩、背中、肩甲骨がもともとの正しい位置に比べると
前に入るため、筋肉が無駄に引っ張られる状態になってしまいます。すると肩や首、背中、肩甲骨周りの筋肉が、その引っ張られることで負担から疲労が溜まり、肩こりにつながってしまいます。
もともと現代人は、昔と比べると、デスクワークの様な座りっぱなしのお仕事以外にも、スマートフォンを使う時間など、生活の中で姿勢が崩れてしまう時間が増加しています。
なので姿勢が悪い状態を身体が覚えてしまうと、影響をうける時間が長くなるので姿勢が悪いと自覚がある方は一度札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談下さい!

 

その2:睡眠時の影響

普通ならお身体を休める睡眠時にお身体が休まらず疲労が溜まってしまう方がいらっしゃます。
他の国の方と比べると日本人の睡眠は浅かったり、寝返りを上手に打つことができなかったりと問題が多いとも言われています。その結果、肩や首こりの原因の他に腰痛の原因にもなることが多く、睡眠の改善が、お身体の不調の改善に繋がるケースが多くあります。特に寝具のサイズや高さがお身体とあわず、負担が増し回復の邪魔をしてしまう場合があり、マットレスもそうですが、枕のサイズが、高すぎたり、低すぎたりすることで、睡眠時の呼吸や、寝返りを阻害してしまいます。呼吸は、お身体の回復に必要な酸素や栄養素が不足し、寝返りがうまくできない場合は、同じ部分を下にしがちになるので圧が加わりつづけ、負担が増加してしまいます。なので寝具のサイズを一度見直してみることで、お身体の回復力をあげることにも繋がるので、最近、疲労が取れないと感じている方は、こちらも見直すことをオススメします!

以上の2つが日本人の肩こりの原因と言われています。
個人でも気をつけることで肩こりの悪化を防ぐことも可能ですが、一度お身体を覚えてしまった、悪い癖や歪み、姿勢はなかなか改善することができないのも事実です。そこで札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院では、首や肩の筋肉だけではなく姿勢に関わる筋肉の緊張を取るだけではなく、姿勢に関係してくる筋肉の状態や、姿勢矯正などの身体の歪み、枕の診断まで、肩こりの原因になる範囲をしっかり、施術させていただき根本からの改善と、再発の防止までサポートさせていただきますので、肩こりがなかなか改善しない方は、ぜひご相談下さい!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

季節の変わり目は腰痛に注意!|札幌市中央区山鼻の整骨院・整体院

こんにちは!
札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院です!

季節も8月が終わり9月に入る時期になり秋が近づいてきましたね。
なので昼はまだ暖かいですが徐々に朝、夜は寒くなりつつありますので、風邪など体調を崩されない様に外出される際は、服装には十分に気をつけましょう!

寒い日が増え季節の変わり目でもある9月は、風邪などの体調面も崩しやすいですが、
腰痛の悪化や、ぎっくり腰の症状が出やすい時期でもあります。
ではなぜ『腰痛の悪化ぎっくり腰の発症がしやすいのでしょうか?』というお話をしていきます。

その1:気温の低下

先ほども書いた通り9月に入ると肌寒い日が多くなってきます。
すると腰痛ぎっくり腰に大いに関係している筋肉が、冷えることで、固まってしまいます。(緊張)この状態が、続くことで筋肉が伸び縮み(収縮)がうまくできなくなり本来できるはずの腰の動きが、できなくなる。または負担が増えることで腰痛が悪化、ぎっくり腰の発症が、起こりやすくなるのです。なので服装を暖かくする以外にも、シャワーで済ませるではなく湯船に浸かる時間を作り、筋肉を温めてあげる時間も作る様にしましょう。

その2:スポーツの秋

寒さからくる筋肉の緊張もそうですが、冬とは違い、秋はまだまだスポーツやアウトドアなど、アクティブに身体を動かす時期でもあります。もちろん適度な運動や、ストレッチを十分に行うなどのケアまで含めた運動であれば、筋肉にもいい影響が出ますが急に普段では行わない動きをしてしまったり、筋肉が固まっている状態での運動は、腰痛ぎっくり腰に影響が出てしまいます。

その3:そもそもの生活集患

時期からくる腰痛ぎっくり腰とは違いますが、そもそもの生活集患や筋肉の緊張からくる身体の歪みなども大きく腰に影響します。特に日本人の腰痛で大きく関係していると言われているのは、睡眠時の姿勢になります。一番、腰やお身体に負担がかからない体勢は、仰向けで、逆に負担が増してしまう体勢はうつ伏せになります。なぜかというと、仰向けでなることでお腹の動きを制限しないので、身体の回復の必要な酸素をしっかり、お身体に取り入れるための腹式呼吸がスムーズに行うことができます。また睡眠時に大切な寝返りに関しても、うつ伏せからの体勢の変換は、とても難しいため、同じ部分の筋肉に圧がかかり続けてしまい、休んでいるはずの睡眠時に筋肉への負担が増えてしまいます。なので寝起きに腰痛が出てしまう方は、睡眠時に寝ている体勢が、あまり良くない場合が多いのです。もちろん寝ている時に体勢を意識することは難しいので、寝返りを打ちやすい環境を作ってあげる事が大切です。なので枕やマットレスなどの寝具を見直すことも対策になります。また他にも筋肉の緊張から骨を引っ張ってしまい歪みが発生し、姿勢が猫背になってしまったり、骨盤が前後の傾いてしまったりすることで、私生活でのお身体への負担が増え、腰痛が悪化してしまう事があります。

 

 

 

 

 

以上の3つの内容が影響し腰の状態を悪化させ痛みにつながってしまいます。
なので腰に痛みや違和感がある方は、第1にお身体を冷やさない。第2に無理な運動や急な運動は控える。第3に座っている時以外にも睡眠時の姿勢を意識してみる。この3点を意識する生活を送る様にしましょう!

意識をして生活を送ることで腰の状態を良い状態にあげることができますが
なかなか仕事や日常生活が忙しく、ケアがなかなかできない方もいらっしゃると思います。
そういった方は、ぜひ札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院へご相談ください!
腰や背中の筋肉だけではなく、腰痛やお身体の歪みに関係してくる筋肉の緊張から、歪み自体まで全体から腰痛の改善をサポートいたします!

 

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

札幌市中央区にお住まいの女性:『少しずつ良くなっている。』|札幌市中央区の整体院・整骨院

こんにちは!札幌中央区、行啓通の札幌あゆみ整骨院山鼻院です٩( ᐛ )و

最近は、雨が続いていて、蒸し蒸ししていますね。こんな日は体調を崩す方も多くみられます。
みなさんは大丈夫でしょうか?
また、洗濯物もなかなか乾かず大変ですよね。細菌の繁殖も増える湿度でもあるので、困りますね。
天気はどんよりですが、心は明るく1日を、元気に過ごしましょう!

さて、今日は札幌中央区、行啓通の札幌あゆみ整骨院山鼻院に通われている、患者様をご紹介させていただきます( ´ ▽ ` )

札幌市中央区にお住まいの女性:『少しずつ良くなっている。』

五十肩で1年位痛みがありますが、今回5回目の施術でしたが少しずつ良くなっている様に感じました。自分でも早く治したいので、ストレッチ等も頑張ってこちらの力もお借りして完治したいです。これからもよろしくお願いします。』

こちらの患者様は、長年、肩の痛み、五十肩でお困りになっていました。
五十肩は、関節包に炎症が起きてしまうことで痛みが出て、さらに炎症によって袋が固くなり肩が極端に動きにくくなってしまう症状です。五十肩の正式名称を「肩関節周囲炎」と呼びます。
五十肩は、長年の蓄積された負担が、症状を引き起こすので、自分の力だけではなかなか直すことが難しく、限界があると思います。
札幌中央区、行啓通の札幌あゆみ整骨院山鼻院のHPをみて来院していただけたのですが、初めは可動域が狭く、動かすことが困難で、痛みもありました。しかし、しっかり来院していただけたので、回復傾向にあります。
また、こちらの患者様は、お家でできる五十肩に良い、ストレッチを教えたところ、毎日行っていたようなので、それも回復傾向に強く、繋がったと考えられます。
これからも、少しでも早く健康になっていただくためにスタッフ一同サポートさせていただきますので、よろしくお願いいたします!!

札幌中央区、行啓通の札幌あゆみ整骨院山鼻院では「あなたの笑顔のお手伝い。」をモットーにしています。

その時の状態をしっかり見極め、信号の周波やリズムを変えることで、原因の質の異なる状態に対応できます。ストレスによる痛みやだるさ、急な怪我、天候や気温によって変化する状態に合わせたオーダーメイドの施術が可能です。
五十肩や、お身体のことでお悩みの方は、ぜひ札幌中央区、行啓通の札幌あゆみ整骨院山鼻院へご相談ください!悪化してしまう前に、早期発見、早期治療が大切になります。

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

…………………………………………………………

季節の変わり目は腰痛に注意!|札幌市中央区山鼻行啓通近くの整骨院・整体院

こんにちは札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ山鼻院です。
最近は低気圧や台風の影響で暖かい日と寒い日との差が多く体調管理がとても大変ですね。
特に今週末は台風が接近して天候がさらに荒れてしまうとのことなので外出を控えどうしても外出される時は強風や雨に十分、注意をして濡れにくい、気温に影響しにくい格好で外出される様に気をつけましょう!

また8月も終わりに近づき気温が下がり始める時期でもあります。
体調的に風邪のひきやすい時期でもありますが実は腰痛が悪化しやすい時期でもあります。
悪化してしまう原因としては筋肉は冷えてしまうと固まってしまう傾向にあり、筋肉が固まることで、筋肉がもともともっている伸び縮み(収縮)の機能がうまく働かなくなってしまうためです。
本来、持っている筋肉の伸び縮みの機能でなんら問題のない範囲での動き(可動域)でも
無理に腰を動かすことになるので、腰にかかる負担が増加し、痛みに繋がってしまうのです。

腰痛の原因は、ヘルニア狭窄症など、骨の変形が原因で起こり、病院で診断がでる腰痛よりも
レントゲンやMRIでは映らない診断名がない腰痛がほとんど(全体の7〜8割)と言われています。なのでこの気温の低下から悪化してしまう腰痛はもともと腰痛を持っている人もほとんどの場合で影響をきたしてしまいます。なので風邪を引かない様にも大事ですが、腰痛が悪化しない様にお腹や腰周りが冷えない様な格好をすることが腰痛を悪化しないために大事になります。

もちろんその他にも腰痛を悪化させない為に冷えを防止する以外でもケアをご自宅や職場でできるものがあるのでこちらもポイントに分けてご紹介していきたいと思います。

  1. 座る姿勢を見直す
    事務作業、パソコン作業、お車の運転など座っている時間が長い方はその時にかかる腰への
    負担が腰痛に繋がっている場合がとても多いので、その際の姿勢を見直すことで腰痛の状態
    が変化する場合がとても多いです。椅子に腰をかける場合は、膝の高さが椅子の高さより少し
    長い状態に調節したり、背筋を伸ばすことを意識しやすい様に、深めに椅子にかけることで
    腰にかかる負担を減らす事ができます。
  2. 歩行時の姿勢を見直す
    座る姿勢もそうなのですが歩行時の体勢が悪く、負担が増してしまう方もいらっしゃいます。
    特に無意識な状態でどちらかの足に体重をかけてしまう方は、負担自体も片方に偏ってしま
    うため注意が必要です。なので歩行時は、踵から地面につけて最後はつま先で床を蹴り上げる
    お腹の下を引き上げるイメージを持ち、歩幅を少し広めに取る様に歩行する事で、自然と腰
    にかかる負担を左右均等にできます。
  3. 睡眠時も意識をしてみる
    実は日本人の腰痛の理由として睡眠時の体勢が悪いことに原因がある様です。
    一番腰に負担がかかりにくい仰向けで睡眠を取りましょう。
    うつ伏せで睡眠を取る方がたまにいらっしゃいますがうつ伏せでは睡眠時なかなか呼吸が
    ができずに酸素が体内に行き届かなくなり回復を妨げてしまったり、寝返りがしづらい状態
    を作ってしまったりとお身体を回復するはずの時間なのに逆に腰に負担がかかってしまうこ
    ことあります。枕の高さでも呼吸や寝返りのしやすさに差がでるので一度、枕診断を受ける
    こともいいでしょう!
  4. 適度な運動を心がける
    筋肉は使わなさすぎも筋肉の緊張を増してしまう原因になる場合があります。
    もちろん使いすぎ(オーバーユース)でも腰を壊してしまうのでいきなりランニングや
    筋トレではなくウォーキングやストレッチを定期的に取り入れるなどの適度な運動を
    生活の中で行うことも大切です。

以上の内容を意識することで腰へかかる負担を減らす事ができるので腰痛でお悩みの方はぜひお試しください!ですがお仕事中の負担を完全になくすことは正直難しいとも思いますので腰痛がなかなか改善しない方はぜひ札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください! 腰痛のお悩みを解決、改善するためにスタッフ一同全力でサポートいたします!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

その頭痛、首こり・肩こりが原因かも…|札幌市中央区山鼻行啓通近くの整骨院・整体院

こんにちは札幌市中央区山鼻行啓通近くにある札幌あゆみ整骨院山鼻院です。

 

札幌あゆみ整骨院山鼻院では頭痛で悩まれている方も来院されています。
年齢も様々で、決して社会人だけではなく中学生や高校生、もっと年齢が若い小学生の患者様もいらっしゃいました。それほど現代人には起こりやすい症状の一つでもあります。頭痛には何種類かのタイプがあり、大きく分けていくと偏頭痛、筋緊張性頭痛、群発性頭痛の3種類なります。そしてこの中で日本人が起こりやすいものは筋緊張性頭痛になり日本人の2000万人いるとも言われています。

 

 

 

 

 

 

筋緊張性頭痛は名前にある通り筋肉が緊張(硬くなる)することで発症する頭痛になります。
頭痛が起こってしまうメカニズムとしては筋肉が固まる事で血行不良になり脳に行く酸素や栄養素が行き届かなくなってしまうため脳が酸欠状態になってしまったり疲労がなかなか取れない状態になってしまうことで発症してしまいます。原因になる筋肉ですが側頭筋、後頸筋群、僧帽筋といった首から背中にかけての筋肉が影響しているとも言われていてほとんどが生活習慣によるものになります。特に同じ姿勢を取り続けている人に多くなる傾向にあり、お仕事がお車の運転やデスクワークなどがメインの人になりがちです。発症する時間も疲労が溜まって来る夕方から夜にかけて30分で治る人から一度なると1週間ほど症状が続いてしまう人まで様々な様です。

 

 

 

 

 

 

 

長時間、同じ姿勢を取り続けてしまう以外にもその姿勢がそもそも悪い姿勢(猫背)や、お身体を休める睡眠時に使う枕の高さがあっていない、運動不足で筋肉を使わない事で緊張が起こるなどの原因もあります。この項目以外にもストレスが溜まってしまうことから発症してしまう事もあります。そもそもどういった頭痛が、この筋緊張性頭痛なのか?筋緊張性頭痛は特徴があり以下の6つになります。

1.片側ではなく頭の両面に痛みがでる。
2.圧迫・締め付けられる様な痛み。
3.頭痛で仕事ができないほどではなく、我慢をする事で仕事をこなす事ができる。
4.歩行時など身体を動かしても頭痛が悪化しない。
5.頭痛がおこっても吐き気までにはならない。
6.光や音から頭痛が悪化しない。

以上の項目に1つでも多く当てはまると、筋緊張性頭痛の疑いが強くあります。
対策としては先ほど書いた生活習慣を見直す事が大事ですが、なかなかお仕事の内容を完全に変えることは難しいとも思います。なので同じ姿勢で、長時間お仕事をされる方は1時間に1回、肩や首を回す様なストレッチを取り入れることで筋肉が緊張させ過ぎないような対策をする事ができます。他にも猫背(前傾姿勢)にならないようにあごを引くように心がけたり、スマートフォンの使い過ぎに注意をしたり、寝ている時に首や背中に負担がかからない様に枕の高さを揃えることが大事になります。そもそも血行不良が原因で発症する頭痛なので、首や肩の筋肉を冷やさない様に心がける、シャワーで済ませるのではなくしっかり湯船につかり、首や肩の筋肉を温め緊張をとる、適度な運動を日頃から行い代謝や血行をあげる事も対策としてはいいでしょう。

 

 

 

 

 

しかし、以上の様な対策をしても筋肉の緊張が強過ぎてなかなか頭痛が取れない場合もあります。
また、猫背の様な悪い姿勢を身体が覚えてしまうと、なかなか本来の負担が少ない正しい姿勢に戻す事は、難しい事も事実です。なので頭痛があり先ほどのチェック項目に当てはまる事が多い場合はぜひ札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!緊張性頭痛の原因になる首や肩、背中の筋肉の緊張の緩和や負担が増える猫背(前傾姿勢)の矯正まで根本からの改善を目指します!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

腰痛の原因が実は睡眠時に関係が…|札幌市中央区山鼻行啓通近くの整骨院・整体院

こんにちは行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院です。

お盆休みも長い人だと中盤になると思いますが、いかがお過ごしでしょうか?
帰省や観光等、お車や電車などの移動が多い人ですと、疲労もたまりやすく体調を崩される方もいらっしゃると思いますので、体調管理にも十分に気をつけてお仕事に復帰できる様にしましょう!

 

 

 

 

 

さて札幌あゆみ整骨院山鼻院もお盆休みをいただいていましたがその休みも明け通常通り受付を行なっています。もともと腰痛の症状は多いのですがお盆休みあけでもやはり腰痛を訴えられる患者様が多くいらっしゃいました。理由は、休み期間中に先ほども書いた様にお車の運転や観光や帰省などの疲労からくることもありますが、実は腰痛の原因として多いのが疲れを取るための睡眠時にある場合もあります。睡眠時に一番いい体勢は仰向けと言われていて理由は、睡眠時の呼吸と寝返りにある様です。

 

 

 

 

 

まず1つめの睡眠時の呼吸ですが、睡眠をしている時になかなか呼吸を意識することはないと思いますが、身体を回復するためにも酸素が必要になるためしっかり、お腹が動く腹式呼吸ができる状態が望ましいため睡眠を取る時の姿勢は邪魔にならない仰向けが一番適していて逆にうつ伏せでの睡眠はお腹の動きに制限をかけてしまうため睡眠時の体勢では一番適していない寝方になります。また呼吸がしづらい状態が続くことで酸素が体内に足りない状態になってしまうため、自律神経である交感神経が優位に働いてしまいます。この交感神経ですが、人が活動を行なっている時に働いている神経なので、リラックスできる状態ではなく、休んでいるとは言い難い状態になってしまいます。人が本来、休んでいる時に働いている神経は、副交感神経になるので、この神経を活動させてあげるためにも酸素が必要になるのです。

そして2つめの寝返りですが、こちらが腰痛に大きく関係してきます。
寝返りを打たずに同じ姿勢で寝続けてしまうと同じ部分を下にし続けてしまうため筋肉に圧がかかり続けてしまうためで寝返りをうちやすい環境をつくってあげることも大事になります。

ではどうすれば睡眠時におこる腰痛を起こらない様にできるのでしょうか?
対策として大事なのは、身体にあった寝具をしっかり選ぶことが大事になります。
まずはマットレスですが、柔らかすぎるものだと身体が沈みこんでしまい動きを制限してしまうため寝返りが打ちづらくなってしまうので、身体に圧がかかりやすくなるため少し固めなものを選ぶと寝返りが打ちやすくなります。次に枕ですが、たまに枕がない、またはタオルだけの状態で寝ている方もいらっしゃるのですが、まくらが低すぎる、またはない状態では、首が上をむき、空気の通り道でもある、気道を閉じてしまう傾向にあるため呼吸に制限をかけてしまうので、枕がない状態は極力控えましょう。逆に枕が高すぎる場合は、頭が下を向いてしまうので、気道を潰してしまいます。なので高すぎる枕も注意が必要です。ではどのくらいの高さが一番適しているのか?基準では女性だと1.5~3cmほど男性だと2~4cmが多いのですがもちろん体格の個人差があるので枕の高さも個人差が出てきます。なので枕の高さを診断していただけるところで診断を受けるのもいいでしょう。

また札幌あゆみ整骨院山鼻院では枕の高さ診断や腰痛自体の施術も行なっているので、寝起きに腰の痛みが出ている方はぜひ、ご相談ください!腰、背中、臀部の筋肉の硬さや、姿勢、骨盤矯正、枕診断まで腰痛の原因として考えられる範囲を問診や検査から探しだした上でしっかり施術させていただきます!腰痛のお悩みを解決するためにスタッフ一同全力でサポートいたします!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

『姿勢』と『ストレス』が肩こりの原因に?|札幌市中央区山鼻行啓通近くの整骨院、整体院

こんにちは札幌あゆみ整骨院山鼻院です。

いよいよ明日からお盆休みが始まる方が多いと思いますが、帰省や、観光などで交通量が増えるため、お車を運転される方は、交通事故にあわれない様にスピードの出し過ぎや、対向車や歩行者には十分に注意を払って運転をしましょう!ですがもし交通事故にあわれた際は、ぜひ札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!

 

 

 

 

 

さて、本日は札幌あゆみ整骨院山鼻院で多く見られる症状の一つである、肩こりについて書いていきたいと思います。日本人の国民病とも言われている肩こりですが、発症してしまう主な原因として『ストレス』と『姿勢』が大きく関係していると言われています。

まず『姿勢』ですが、もともと人の構造として首や、肩の上に、頭が乗っている状態なのですが、だいたい頭の重さは、ボーリングの玉ほどの重さがあると言われていて、軽い人でも5キロほどの重さがあるとも言われています。この重さが、横になっている時以外は、首や、肩を支えるため常に負担としてかかっています。この様に立っている時や、座っている時はただでさえ負担がかかる様な状態ではありますが、姿勢が悪い状態、特に猫背と言われている前傾姿勢になってしまうと、首や、肩の筋肉に、牽引力がさらにかかってしまうため、負担は倍増してしまいます。

 

 

 

 

 

さらに、今の時代では、パソコンに向かい続ける仕事も珍しくなく、単純な首や肩の筋肉にかかる以外にも、眼や頭を使うため神経をすり減らしたり、眼精疲労が起こってしまったりと、ストレスを感じてしまう状態にもなってしまいます。このようなストレスがかかり続けてしまう様な状態が続くと交感神経に乱れが出てしまい、常に交感神経が、働き続けてしまいます。交感神経が働き続けてしまうと血圧や呼吸数が増え筋肉が緊張してしまいます。またリラックスしている時に働くはずの副交感神経が、働きにくくもなってしまうので、休んでいる時でも、休んだ気がしなかったり、疲れが取りきれなかったりする時は、この様な状態が続いています。

もちろん、ストレスを感じない様な仕事に変えることが、一番の対策ではありますが、なかなかすぐに仕事の内容を変えることは難しいとも思います。なので、まずは『姿勢』を意識していくことが、肩こりに悩まれている方の対策として大事になります。自分はそこまで姿勢は悪くないと思っていても、外から見ると以外にも前傾姿勢(猫背)になってしまっていることも多いので、肩こりで悩まれている方は、姿勢を意識するきっかけをつくるためにも、家族や友人に、座っている姿勢を横からカメラで取ってもらい、自分の目で確認をすることも、対策としてとるといいでしょう。

 

 

 

 

 

負担が少ない正しい姿勢としポイントとして、首、肩、背中、腰を線で結んで、一直線にあると負担が少なくなるのですが、この正しい姿勢を取り続けても、姿勢を保つために、筋肉への負担はかかってしまうので、仕事をしている時でも、1時間に1回は、立ち上がったり等、姿勢を変える機会をつくるようにしましょう。同じ姿勢を続けると肩こり以外にも腰痛にも繋がることになるので腰痛に悩まれている方も意識するといいでしょう!

ですが自分の意識だけでは完全に姿勢を正しい姿勢に変えることは、難しいとも思います、
なので、肩こりで悩まれている方はぜひ札幌市中央区山鼻行啓通近くの札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!首や肩、背中の筋肉の緊張だけではなく、姿勢に関係する筋肉への施術、姿勢の矯正までしっかり個人のお身体の状態にあった施術を、行なっていきますので、お気軽にご相談ください!予約優先性になりますので、お電話やLINE@からのご予約をお待ちしています!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。
…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!