タグ別アーカイブ: 東札幌

反り腰は女性の天敵!?その理由とは-札幌市白石区の整骨院・整体

おはようございます!札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です。

 『反り腰』とは何か知っていますか?

『反り腰』とは、『腰が反ってしまう状態』のことをいいます。
特に女性や年配の男性に多く、自分では背筋を真っ直ぐに伸ばしているつもりでも無意識に反ってしまっていることが多いようです。
放っておくと、腰痛や肥満の原因となってしまう可能性が高いため、早めの改善が必要になります。
今回は、そんな反り腰について、詳しく説明していきます。

 反り腰とはどういう姿勢?

見た目は普通なのに、下っ腹だけぽっこりしている・・・」とお悩みの女性もいるかと思います。見た目などを非常に気にされる女性にとっては、非常に嫌で仕方のない体型ですよね。

実は、このぽっこりお腹になってしまう原因のひとつとして、骨盤が過前湾することで腰の反り方が人よりも強くなりすぎていることがあげられます。

骨盤が通常より前傾することによって腰の骨も一緒に前側へカーブします。この状態で長期間いると、腰の骨のある一定の箇所に負担がかかってしまうので、腰痛などを発症しやすくなります。

また、意外と多く見かけますが、自分で姿勢を正そうとすると腰だけを反ろうとし、自分では良い姿勢をしているつもりですがこれだと逆に腰に負担がかかりやすくなってしまうので、腰痛を引き起こしてしまいます。
そして、このような姿勢でいると背中の筋肉のみを使うことになるので、腹筋やお尻の筋肉を使わなくなり、ぽっこりお腹下半身太りに悩むことになります。

 反り腰を放置すると大変なことに…

反り腰になると、腹筋やお尻の筋肉をあまり使用せず、逆に太ももの筋肉が酷使されるので、下半身太りやお尻が垂れ下がる原因となってしまいます。ボディラインが気になる女性にとっては、大変な問題になります。

また、反り腰を放置すると上半身の体重を腰や股関節のみで受け止めることになるため、腰痛ヘルニアになってしまう、なんてこともあります。
反り腰を放置しても良いことは一切ないので、反り腰だと気付いたら早期に改善することをオススメします。

 反り腰かも?と思ったら

「ずっと悩んでた腰痛はもしかして反り腰のせいかも?」
「お腹のぽっこりがどうしても気になる…」
そんな方はぜひ、札幌市白石区の札幌あゆみ整骨院へお越しください!

反り腰は、日常生活での悪い姿勢が長期間続くことで癖づいてしまい、痛みが出たりぽっこりお腹の原因となってしまっています。

長い期間蓄積された悪い状態は、一度のみの施術で完治することは難しいです。
しっかりと少しずつ、元の良いバランスへと戻していくことが何より大切です。

札幌白石区の札幌あゆみ整骨院では、商標登録済みの『ACR骨格バランス調整法』によって、骨格と深層筋を調整し、根本から改善する施術を行います。
人の手だけでは届かない場所へアプローチを送り、しっかりと良い状態の安定化をはかります。

札幌あゆみ整骨院の施術者は、全員が『柔道整復師』や『鍼灸師』という『国家資格』を持っておりますので、お身体のことは安心してお任せくださいね!

LINE@でのご予約やご相談も受付中!お気軽にご登録ください!
▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加
▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

…………………………………………………………

これからの季節は【冷え腰痛】に注意!-札幌市白石区の整骨院・整体

こんにちは!
札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です!

寒くなったり暖かくなったりなかなか安定しませんが、お身体の調子は大丈夫でしょうか?
季節はもうすぐ秋。寒くなればなるほど、身体に痛みが出始めます。

今回は、寒い日の腰痛についてお話していきます。

 腰痛の原因は冷え?

寒い季節になると、腰痛や肩こりに悩む人が増えます。
特に、本格的に寒くなって仕事や家事で慌ただしくなる年末年始は、一年の中でも特に肩や首、腰の痛みを感じやすい傾向にあります。

 冷えからくる腰痛対策いろいろ

寒さや衣服の厚着などで身体が縮こまり、仕事や家事等で忙しくなる年末年始は、肩や首、腰のコリや腰痛を感じる方、ぎっくり腰になる方のご相談が多くなります。
年末年始は1月の大寒に向けてどんどん気温が下がり、忘年会や新年会をはじめ飲み会等の付き合いも増えます。更に、大掃除など普段やらないような作業も発生し、大きい荷物を持ったりすることでギックリ腰にもなりやすくなります。

お風呂に入って身体が温まると腰の痛みが緩和するという人は、冷えから起こっている腰痛だと考えられます。

冬など寒い季節特有の冷えからくる腰痛対策は、当然のことながら冷やさないことが大切です。これから簡単に実践できる腰痛対策を、いくつかご紹介していきます。

 1.衣服         

冷えからきている腰痛は、下半身を冷やさないことが何よりポイントなので、服装はパンツスタイルがおすすめです。スカートをはかなければいけない場合には、必ず厚手のスパッツやタイツ等を併用しましょう。

足元も冷やさないことが大切です。パンプスやヒールよりも、ブーツなどの保温に適したものを選ぶことがポイントです。足を巡った血液は、心臓に戻るまでの過程で腰の付近を通ることになるので、足が冷えれば腰も冷え、身体全体が冷えてしまうことになります。
使い捨てのカイロや温熱パットを利用するのもいいといえます。

 2.食事         

レタスやキャベツ、ほうれん草などの身体を冷やす食べ物は出来るだけ控え、身体を温める食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。

身体を温める食べ物の一例をご紹介します。

あじ、いわし、サバ、エビ、牛肉、鶏肉、かぼちゃ、玉ねぎ、さくらんぼ、桃、らっきょう、クルミ、栗、シナモン、にんにく、生姜、ネギ、カカオ、胡椒、日本酒、唐辛子、もち米など

普段の飲み物も、糖分の多い清涼飲料水や緑茶、烏龍茶、麦茶、牛乳、コーヒーなどは身体を冷やす傾向にあるようなので、冬場は紅茶やジャスミンティー、ココナッツミルクなどを出来ればホットで飲むようにしましょう。

 3.仕事         

デスクワークや立ち仕事などで同じ姿勢が長い時間続く場合、寒冷な場所である・ないに関わらず、身体の筋肉を緊張させるので血行不良になり、腰だけでなく全身に不調が出てしまいます。
定期的に身体を動かすように意識し、こまめに筋肉のこりをほぐす習慣を身に付けるようにしましょう。

 4.入浴         

忙しい方も多いとは思うのですが、シャワーだけで済ませると身体が十分に温まらないので、冷えを溜め込んでしまいます。
だからといい、熱いお風呂に入ればいいという訳ではありません。熱いお湯は、身体の表面を急激に温めるだけで、お風呂から出ると急激に冷えてしまうので体温が下がってしまいます。

一番適切なのは、ぬるめのお風呂に時間をかけてゆっくり浸かることです。
身体が芯から温まり、筋肉のこりもほぐれやすくなります。毎日が難しい方は、週に1〜2回でもいいのでゆっくりとお風呂に浸かる時間を作りましょう。

 冷え対策で腰痛改善!

徐々に冬に近づきつつありますが、今から日常生活で出来る対策をとり、年末年始になってから腰痛に困らない身体づくりを行なっていきましょう!

札幌市白石区の札幌あゆみ整骨院白石院では、『柔道整復師』という『国家資格』を持った施術者が、責任を持ってあなたのお身体を診させていただきます。
更に、商標登録済みACR骨格バランス調整法によって、今悪い状態で癖づいてしまっている身体を良い状態へと定着させ、根本改善を目指します。

お身体のことに関して分からないことがあれば、なんでもお聞きくださいね!

当院では電話だけでなく、LINE@での相談やご予約も受付中です!
メッセージを送る際は、お名前フルネームとご連絡先、今お悩みの症状、希望日時を記入の上送信してください。
▼友達追加はこちらから!▼
友だち追加

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加
▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

…………………………………………………………

放置NG!肩こりを放置するとこんなに怖い!-札幌市白石区の整骨院・整体

こんにちは!
札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です!

普段、無意識に肩を揉んでいたり、肩こりがつらいと感じていませんか?
肩こりというのは放置しておくと大変怖い症状です。
今回は、肩こりについて詳しく解説していきたいと思います!

  肩こりの原因は姿勢?それとも…  

肩こりの原因は人によって様々ですが、日常生活での姿勢の崩れからくるケースが多いです。特定の筋肉や骨に負荷がかかった姿勢が癖づいてしまうと、身体がその形を覚えて骨格が変形してしまいます。
パソコンやスマートフォンを使用する際、どういう姿勢で使用していますか?
覗き込んだり下向き気味の姿勢が一番多いのではないでしょうか?
そうなると、うなじや肩甲骨部分の筋肉に

負担がかかるだけでなく、ストレートネックになりかねません。

普段から何気なく座っている姿勢が猫背になってしまう人や、気付くと前かがみで頬杖をついてしまう人などは要注意です。悪い姿勢が癖になってしまうことで、肩の筋肉の血行不良を引き起こします。
さらに、冷房の効きすぎた部屋にいる、枕や寝具が自分に合っていない、眼鏡やコンタクトの度が合っていない、精神的なストレスなどでも影響を受けてしまうことがあります。

  大きな病気の予兆の恐れも…  

肺や心臓・胃腸・肝臓などに病気がある人や貧血・低血圧の人、歯の噛み合わせが悪い人などにも肩の痛みや肩こりが現れることがあります。さらに、肩の痛みだけでなく『腕や手の痺れ』が長期間続くようであれば、他の病気である可能性が高くなります。「ただの肩こりだから」と放置せずに、整形外科等で診察を受けて見てください。

  立ち姿勢では猫背に注意!  

猫背の姿勢は頭の重みが前に傾き、それを支えるために肩の筋肉に負荷がかかります。人間の頭の重さは、体重50kgの人の場合、約5kgです。
500mlのペットボトル10本と考えると結構重いですよね。
支える角度が違うだけで、実際の負担は2倍にも3倍にもなります。いつも猫背でいると、肩にかかる負担がどんどん蓄積するので、首こりや肩こりといった原因になってしまうのです。

  座り姿勢では前かがみの姿勢に注意!  

デスクワークや長時間勉強する方は、背中を丸めた前傾姿勢や首が俯きがちになっていると身体に負担がかかるので注意しましょう。集中しすぎると、無意識に前のめりになっていることもあるので気をつけましょう。

  肩こりが悪化するとどうなる?  

・頭痛やめまい

肩こりによって筋肉が緊張した状態になると、周囲からの刺激に対して敏感になり、首や肩の周りや頭の付近の筋肉まで緊張してしまいます。
このことから、頭部や頚部の血流が低下するのでめまいを引き起こしやすくなり、頭全体を締め付けられるような「筋緊張型頭痛」を招きやすくなると考えられます。

・精神的不調

肩こりと精神的な不調の関係は根強く、肩こりが原因でイライラしたり気分が落ち込むこともあれば、反対にストレスが強い生活をしていることによって筋肉の緊張が高まって、肩こりを引き起こすこともあります。
特に肩こりと併発しやすい首こりの出る首は、自律神経と関係が深いため、この部分がこりによって正常に機能しなくなってしまうと、うつ病や更年期障害のような慢性的なイライラ、落ち込み、あるいは不眠等の症状が現れてしまうこともあります。

・薄毛・抜け毛

肩こりがひどくなることで、肩周辺から頭部、頚部付近の血流が低下するため、頭皮にも十分な血流が行き渡らなくなってしまいます。
それが原因で、髪の毛の生育や維持に必要な栄養素が行き届かなくなってしまい、抜け毛や薄毛になってしまう可能性もあります。

  悪化する前に早めの治療を!  

肩こりにお悩みの場合は、札幌市白石区の札幌あゆみ整骨院白石院へご相談ください!

札幌あゆみ整骨院の施術は、『良い状態』を『定着』させ、『根本から体質改善』させることを目的としています。

肩こりの場合、日常生活や悪い身体のバランスが癖づいてしまい、身体に負荷がかかった状態が続くことで辛いこりや痛みが生じます。
長い間蓄積されたコリは、表面を揉みほぐすだけのマッサージだと真の原因が解消されず、一時的な気持ち良さがあってもすぐに元に戻ってしまい、痛みをぶり返してしまいます。

札幌あゆみ整骨院では、商標登録済の独自の施術法【ACR骨格バランス調整プログラム】によって、肩こりの原因となっている、頭を支える筋肉の緊張をとっていきます。
更に、緊張の原因となっている骨格のバランスも整えることで、筋肉が持つ本来の動きを取り戻して血流を良くし、コリを解消していきます。

根本的に改善するためには、一度だけの施術では残念ながらどうにもなりません。
長い間積み重ねられた痛みの原因は、その分治療にも時間がかかってしまうものです。
今のうちに根本から改善して、今後辛くならない身体づくりをしていきましょう!

札幌あゆみ整骨院の施術スタッフは、全員が『柔道整復師』という『国家資格』を取得しておりますので、お身体のことは安心してお任せくださいね。

当院では、LINE@でのご予約やご相談も可能です!
お名前ご連絡先お悩みの症状希望日時を記入し、メッセージを送信してください。
▼友達追加はこちらをタップ▼
友だち追加

…………………………………………………………

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00 PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00 PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

休診日

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加
▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

…………………………………………………………

ぎっくり腰は再発する!?対処法をお教えします!-札幌市白石区の整骨院・整体

こんにちは!
札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

こんなお悩みをお持ちではないですか?

・重いものを持ったときに急に腰に激痛が走った
・朝起き上がろうとしたら腰が痛くなって動けなくなった
・腰が痛くて夜眠れない
・くしゃみをしたときに腰に激痛が走った
・ぎっくり腰を何度も繰り返している
・痛み止めや湿布を処方されたが変化がない

もしかすると、ぎっくり腰かもしれません。
ぎっくり腰について、詳しく解説していきます。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰には、『急性腰痛症』という正式名称があります。欧米では、突然想像もしなかった痛みが襲ってくることを例えて『魔女の一撃』と呼びます。そう例えられる急性腰痛症は、重度になるとその場で立てなくなったり寝返りを打てなくなります。
原因は人によりけりですが、骨の歪みや腰の筋肉の脆弱化、過度なスポーツによる筋肉負荷、日常生活での悪い姿勢やバランス、疲労など多岐に渡ります。
いずれにせよ、腰に異常なストレスがかかっているときに発症します。つまり、若かろうが、普段運動を充分に行なっていようが、腰に負担が蓄積されるとギックリ腰になる可能性があります。

発症したらどうすればいいの?

ぎっくり腰が発症した直後、痛みが強い場合は腰に負担のかからない楽な姿勢をとるようにしましょう。
膝を軽く曲げて横向きに寝る』、『仰向けに寝て膝を軽く曲げ、膝の下にクッションを入れる』、『仰向けに寝て低めの台に両足を乗せる』などの姿勢が勧められます。

ギックリ腰になった2〜3日後は、冷湿布や保冷効果のあるもので冷やし、ある程度痛みが軽減されて来たら温めるのが良いとされています。
入浴もこのタイミングで行なって良いとされていますが、一番良い判断は自身の感覚です。不快と思った時は入浴は控え、湯温は自分が一番心地よいと思う温度に調整してください。
一般的には、お湯の温度は38℃が良いといわれています。

ぎっくり腰は再発する?

ぎっくり腰を経験すると、その後1年間で約4分の1の患者さんが再発するといわれています。
再びつらい思いをしないためにも、しっかりと再発防止に取り組むことが重要です。再発を予防するためにすべきことは主に4つです。

⑴無理な姿勢をとらない

腰に負担のかかるような、前かがみの姿勢などはとらないように心がけましょう。

⑵ストレスを軽減する

ストレスが続くと痛みに敏感になってしまいます。音楽や食べ物など自分の趣味や好きなものを生活に取り入れ、ストレスを軽減しましょう。

⑶肥満を防ぐ

肥満だと体重が重いので、腰にそれだけの負担がかかり腰痛が起こりやすくなります。

⑷適度に運動をする

痛みがなくなって完治した後、身体を動かすことは、腰を労るという意味で効果が期待できます。

ぎっくり腰がなかなか良くならない時は

札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院へお越しください!

札幌あゆみ整骨院は、老若男女誰でも受けられるソフトな施術となっております。バキバキと矯正したり、強い刺激のある施術ではありませんのでご安心くださいね!

ぎっくり腰の場合、腰に溜まった疲労からくる筋肉の緊張や硬さを、しっかりと原因にアプローチを送って痛みを和らげていく施術をします。

マッサージや骨格のみをボキボキと矯正するだけでは、真の原因である深い部分の筋肉になんら変化がなく、痛みがまたすぐに戻ってしまいます。
そうならないためにも、悪い状態で癖づけられた骨格と深層筋を良い状態へと調整し、根本改善を目指しましょう!

札幌あゆみ整骨院の施術者は全員、柔道整復師という国家資格所持者ですので、お体のことは安心してお任せくださいね。

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加
▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出て真っ直ぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

…………………………………………………………

その痛み、放置しないで!【眼精疲労】-札幌市白石区整骨院・整体

おはようございます!
札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です!

近年、スマートフォンやパソコンの普及が進み、常に目を酷使している状態の方が多いのではないでしょうか?
そんな中で、流行ってきている症状…それは『眼精疲労』です。
もしかしたら眼精疲労かも…?と思っている方は、ぜひ下のチェックをしてみてください!

 

眼精疲労セルフチェック

  • メガネやコンタクトレンズを長時間使用することが多い
  • 目の乾燥に悩んでいる
  • 首や肩のこりがひどい
  • 夜更かしする日が多い
  • 最近近くのものが見づらくなった
  • ストレスが溜まっている
  • 偏食気味である
  • スマートフォンやパソコン、ゲームをする時間が長い
  • エアコンの効いた場所にいることが多い
  • 目の疲れや痛み、頭痛や吐き気を感じやすくなった

当てはまる項目が多ければ多いほど眼精疲労である可能性が高いです。

 

眼精疲労の原因は?

眼精疲労が起こる主な原因として、以下のようなものがあります。

⑴目の使いすぎ・環境

インターネットや携帯電話など社会の情報化が進み、目にとっては過酷な環境になりました。眼精疲労は様々な原因で起こりますが、最も多いのはこの『目の酷使』によるものです。

⑵目の病気

近視・乱視・老眼など

視力が悪かったり、メガネやコンタクトレンズの度が合っていないと眼精疲労になってしまうことがあります。物が見えづらくなってしまうので目を凝らしたり、首を前に出す姿勢となってしまい、目が疲れたり首筋や肩がこったりします。
また、老眼は40代半ばから60歳くらいの間に急速に進みますが、この年齢は眼精疲労の患者さんの年齢層のピークと一致しており、老眼が眼精疲労の大きな原因となっていることがわかります。

ドライアイ

眼球の表面が乾燥する病気です。目を酷使する人がなりやすく、眼精疲労を伴う場合があります。

パソコンやスマートフォンを使用したり、ゲームをする時間が長い人は、瞬きが極端に減るので、ドライアイになりやすくなってしまいます。

緑内障・白内障・眼位異常など

緑内障は進行すると視野障害や視力低下を起こします。また、一部のタイプの緑内障では急に眼圧が上昇して眼痛・頭痛を起こす場合があります。
白内障も進行するとまぶしさや視力の低下が生じ、眼精疲労を起こすことがあります。
両眼の視線が外側にずれている間歇性外斜視などでは、ものを見るときに左右の視線を合わせることに努力を強いられるので、眼精疲労を起こしてしまうことがあります。

⑶精神的ストレス

ストレスが高血圧・血行障害・胃潰瘍などの病気を引き起こすことがあるように、眼精疲労を引き起こすこともあります。

 

眼精疲労でお悩みなら…

目の疲れや痛み、吐き気にお悩みの方は札幌市白石区の札幌あゆみ整骨院へご相談ください!

目を酷使することで目の周りの筋肉が疲れ、目の周りの筋肉のこりが慢性化すると血流が悪くなり、首こりや肩こりにも繋がってしまいます。

マッサージだと表面的な筋肉しかほぐされず、真の原因である部分には一切変化がないため、すぐに痛みをぶり返してしまいます。
この記事を読まれているということは眼精疲労に悩まれているということだと思いますので、ぜひそのお悩みを札幌市白石区札幌あゆみ整骨院白石院へご相談ください。

当院では国家資格を持った、専門知識や経験の豊富なスタッフがあなたの症状に合わせたオーダーメイドの施術をさせていただき、根本改善を目指します。

些細なことでも構いません!お気軽にご相談ください(*^^*)

お時間のない方やお電話が苦手な方は、ぜひLINE@からご予約ください!
LINE@でのご予約の際は、お名前フルネームとご連絡先、お悩みの症状、希望日時をご記入の上メッセージお願いいたします!
▼  友達追加はこちら♩  ▼
友だち追加

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加
▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

…………………………………………………………

 

その肩の痛み、四十肩・五十肩かも?-札幌市白石区の整骨院・整体

こんにちは!
札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です!

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

・肩こりとは違う激しい痛みがある
・腕を上げると痛い
・腕が上がらない
・服を着るときに痛みが出る
・髪を洗うのがつらい
・腕に痺れが出ている

そのお悩み、四十肩・五十肩が原因かもしれません。

今回は、四十肩・五十肩について詳しく解説していきたいと思います。

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩はみなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
肩が痛くなると「四十肩・五十肩かな」と心配されるかと思います。

年齢と共に、肩にある関節を覆う膜や骨同士を結びつける靭帯の柔軟性が低下することで起こると考えられています。また、上腕部の筋肉と骨を繋ぐ腱板が加齢に伴い変形し、炎症を起こすことも原因になります。

症状として、急性期と慢性期があります。

①突然激しい痛みが現れる急性期

ある日突然、腕を動かしたり上げたりした際に肩に鋭い痛みが発生するのが四十肩・五十肩の典型的な発症パターンです。
ほとんどが片側の肩のみに症状が現れます。その後、肩を動かす時に、痛みが二の腕や手先にまでも伝わり痺れが出たりして、眠れないほど激しい痛みが生じてしまうことも少なくありません。
これは肩関節の炎症によるもので、急激な痛みは数日間で治ります。

②肩を動かせる範囲が制限される慢性期

急性期の痛みが治ると共に、鋭い痛みから鈍い痛みへと変化し、肩を動かせる範囲が徐々に狭くなっていくことがあります。
特に肩を上げたり、後ろに回す動きが困難になってしまいます。これを拘縮(こうしゅく)といいます。
痛みのせいで肩を動かすことが億劫になると思いますが、だからといって筋肉を動かさずにいると組織の癒着が起こり、さらに動かなくなってしまうので治癒が長引いてしまいます。

四十肩・五十肩を発症しやすい人と条件

四十肩・五十肩は40代以降の人に発生しやすく、男女での差はありません。左右の発生率も違いがなく、利き腕だから発症しやすいというわけでもありません。

ただし、若い時に野球を始めとしたスポーツや仕事で肩を酷使したり肩を痛めた経験のある人は発症しやすい傾向にあります。普段から猫背になりやすい人も注意が必要です。猫背の人は重心が前のめりになり、身体の歪みが生じやすいので、四十肩・五十肩のリスクが高まります。

また、不規則な生活習慣、寝不足、偏食、過度なストレスによる肩の血行不良なども、四十肩・五十肩を引き起こすといわれていますので、生活習慣の見直しが必要です。

札幌あゆみ整骨院白石院の四十肩・五十肩施術方法

札幌白石区東札幌の札幌あゆみ整骨院白石院では、商標登録済みの【ACR骨格バランス調整法】という独自の施術法を用いた、安全かつソフトな施術方法となっております。

四十肩・五十肩の場合、デスクワークなど肩をあまり動かさない職業に多く発症するといわれています。
あまり肩関節を動かす習慣がない場合、その肩関節自体を支えている筋肉に炎症が起きてしまう場合があります。その場合、表面の筋肉を揉みほぐすだけでは、真の原因である深層の筋肉は改善されません。

ACR骨格バランス調整プログラムでは、四十肩・五十肩の原因となっている、関節を支える筋肉の緊張をとっていきます。
さらに、緊張の原因となっている骨格のバランスも整えてあげることで、炎症の緩和に繋がります。

札幌あゆみ整骨院では、国家資格を持った専門知識や施術経験豊富なスタッフが、あなたの症状に合わせたオリジナルのプログラムで四十肩・五十肩の根本改善を目指します!

マッサージで改善しなかった方、ぜひ当院へお越しください!

治療だけして終わりではなく、日常生活でのアドバイスやストレッチ方法などのアドバイスもさせていただきますので、お気軽にご相談くださいね!

当院では、忙しくてなかなか電話ができないという方や、お電話が苦手な方のためにもLINE@をご用意させていただいております!
お気軽にご登録ください!
友だち追加

 

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00 PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00 PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

休診日

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加

▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

…………………………………………………………

 

腰からお尻にかけての痛みや痺れ…その原因は?-札幌市白石区整骨院・整体院

こんにちは!札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です!

このようなお悩み、お持ちではありませんか?


・腰痛がつらく、臀部(お尻)の辺りまで痛みがある
・お尻からつま先にかけて、痛みや痺れが出る
・屈んだり身体を反らすと、痛みが痺れが出る・痛みや痺れのせいで寝つきが悪い

・足に力が入りづらく、動作に支障が出ている
・ずっと立っているのが辛い
・座るのもつらい

腰痛には色々種類があります。上記のような症状が出ていると、坐骨神経痛である疑いが高いです。
坐骨神経痛について、詳しく解説していきます!

“坐骨神経痛”とは?

坐骨神経痛は症状であり、病名ではありません。
坐骨神経は人体の中で最も太い神経で、腰からお尻、太ももの後ろを通って、枝分かれしながら足先まで繋がっています。
坐骨神経の走行部位に沿って痛みや痺れ、違和感がある状態のことを坐骨神経痛といいます。
なんらかの原因で坐骨神経が圧迫されることで痛みが生じ、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みがあります。また、症状が深刻になると脚の痺れが徐々に下まで伸び、指先まで痺れてしまうケースもあります。

坐骨神経痛の原因は?

先ほど、坐骨神経痛は症状名であり病名ではないといいましたが、果たして原因はなんなのか?と疑問に思われるのではないでしょうか。
原因ですが、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、梨状筋症候群、仙腸関節園などです。
『腰椎椎間板ヘルニア』と『梨状筋症候群』が多く、お年寄りは『腰部脊柱管狭窄症』と『腰椎椎間板ヘルニア』が多いです。

なぜ坐骨神経痛が改善しないのか?

病院で処方される湿布や痛み止め、マッサージなどを受けても改善しなかった方は多いのではないでしょうか?
「何をしても改善しない…痛みが続いたまま」と悩まれている方、痛みが改善しない原因は、本当の原因にしっかりとアプローチしていないためです。

どの症状でもそうですが、治療をする上で一番大切なことは『深い部分の原因から治療すること』です。
「原因を治療することなんて可能なの?」
「怪しい施術法じゃないの?」
安心してください。
当院は商標登録済みの、札幌あゆみ整骨院独自の施術法で、痛みのないソフトな施術法になっております。

札幌あゆみ整骨院の坐骨神経痛へのアプローチ方法

坐骨神経痛の場合、日常生活で積み重ねられた疲労や悪い癖が原因で身体のバランスが崩れてしまい、痛みや痺れといった症状が出てしまいます。

札幌市白石区にある札幌あゆみ整骨院では、深い部分にある骨格と深層筋を調整することで、悪い身体バランスを良い身体バランスへ整えます。

当院の先生方は全員『柔道整復師』という国家資格所持者ですので、お体のことは安心してお任せくださいね!

札幌白石区の札幌あゆみ整骨院は、一人でも多くの患者様を救いたいと考えています。
お気軽にご相談ください!

お電話が苦手という方のためにも、LINE@をご用意してありますのでお気軽にご登録くださいね♩
友だち追加

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00 PM 16:00 – PM 20:00

AM 09:00 – PM 12:00 PM 13:30 – PM 17:30

AM 09:00 – PM 12:30
木 休診日

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加
▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師石塚翔平が監修しています

…………………………………………………………

冷えと腰痛の関係性&対策方法をご紹介!-札幌市白石区の整骨院・整体院

こんにちは!
札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です!

暑い日が続きますが、みなさん熱中症対策はしっかりとされていますか?
脱水症状や熱中症というのは、自分では気付かないうちにどんどん悪化して、いつのまにか床に倒れていた…なんてこともあるので注意してくださいね∑(゚Д゚)!

いきなりですが、こんな生活していませんか?

・冷たい飲み物をたくさん飲む

・お湯につからず、シャワーで済ませてしまう

・普段から食べ過ぎてしまう

・クーラーの効き過ぎた部屋で寝る

・お風呂に入ると腰痛が一時的に楽になる

などなど…

実は、こうした『冷え』が腰痛や肩こりを引き起こしてしまうことをご存知でしょうか?

今日は、冷えからくる腰痛について詳しくお話していきたいと思います。

冷えと腰痛のメカニズムは?

じゃあ、冷えと腰痛にはどんな関係があるの?と疑問に思われるかと思います。
冷えと腰痛のメカニズムですが、身体は冷えると、筋肉や血管を収縮させて血流を抑え、外気に熱を奪われないようにします。腰痛の男性のイラスト
血管が収縮することで、血流が悪くなってしまいます。
血流が悪くなるということは、酸素や栄養素が運ばれにくくなるので疲労物質が溜まり、腰痛を発症してしまいます。

腰の筋肉が強張った状態が続くと、周囲の抹消血管を圧迫し、血行不良を引き起こすという悪循環にも繋がってしまいます。
冷えと腰痛の根深い関係は、出来るだけ早く断ち切りましょう。

冷え腰痛には何をしたら良い?

冷えによって血流が悪くなることが原因ならば、逆に温めることが腰痛を和らげます。
一番大切なのは、血液の循環をよくすることです。

ただ、腰を温めることはもちろんですが、足やお尻など下半身全体の血流をよくすることが何より大切です。
なぜかというと、血管は身体全部で繋がっているので、腰だけでなく身体全体として考えることが大事です。
例えば、足やお腹です。足湯・フットバスのイラスト
足:心臓から一番離れていて、しかも重力に逆らい血液を送り返さなければいけないので、どうしても血流が悪くなりやすい場所です。血液を送り返すために心臓のような役割を果たすのがふくらはぎですが、運動不足だとふくらはぎの筋力が低下しているので血行不良の原因となってしまいます。
お腹:生命を維持するために最も重要な内臓が集まる場所です。一番温めるべき場所なので、内臓が冷えていると腰や足は後回しになります。

冷え腰痛の予防について

まずは、自分で調整できる家の冷房から対策を行いましょう。
ただ、とても暑い日に冷房を使わずにいると、脱水症状や熱中症を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうので、冷房を我慢する必要はありません。温度計のイラスト

上手に使うコツとして、屋外と屋内の温度差をなるべく少なくするように温度調整することです。

困るのが、自分で調整ができない職場や通勤電車での冷房です。
暑いと感じる人がいては困るので、そういった人に合わせて温度設定されていることがほとんどです。
こうした場所の冷房対策としては、カーディガンなど羽織るものを1枚持ち歩きましょう。

また、お腹周りを冷やさないような洋服を選ぶようにしてください。

どうしても冷房の強い部屋にいなければならない時は、温かい飲み物をのみ、身体の中から温めるようにしてください。

コーヒーなどのカフェインの多い飲み物は、飲んだ直後は温かくても、すぐに体温を下げてしまう作用があるので注意が必要です。

こうした対策をうつだけでも、かなり変わってくるのでぜひ意識してみてくださいね!

札幌白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院では、腰痛施術も行っております!
札幌あゆみ整骨院白石院の腰痛施術は、表面だけの筋肉を揉みほぐすのではなく、手では届かない痛みの原因に直接アプローチを行い、根本的な部分から体質改善を行っていきます。

施術だけでなく、家や職場などで気軽に行えるストレッチ法などもお教えさせていただきますので、ぜひ一度ご連絡くださいね♪

また、札幌白石区の札幌あゆみ整骨院白石院LINE@でのご予約も受付中!
お時間がない方や電話が苦手な方はぜひこちらからどうぞ♪
▼友達追加はコチラ▼
友だち追加

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

月〜金
AM 10:00 – PM 13:00
PM 16:00 – PM 20:00

AM 9:00 – PM 12:00
PM 13:30 – PM 17:30

AM 9:00 – PM 12:30

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

▼友達追加はこちらをタップ!!▼
友だち追加
▼PCの方はこちらのQRコードを携帯で読み取ってください!!▼

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

…………………………………………………………

肩こりは放置すると吐き気まで出てくる!?-札幌市白石区の整骨院・整体

こんにちは!
札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です!

最近雨ばかりで憂鬱でしたが、やっと天気が良くなりましたね!
ただ、まだ肌寒い日が続くので風邪を引かないようにお気をつけください!

いきなりですが、みなさん肩こりにお悩みではありませんか?
このブログを書いている私も、日々デスクワークも多いので肩こりに悩まされています。
「ただの肩こりだし…」
そう思って放置してはいませんか?

実は肩こりというのは怖いもので、影響が全身に出てしまう場合もあります。
肩こりは首への負担が大きい事で発症してしまうこともあり、さらに首にはほぼ全ての神経が通っているために、身体の他の場所へも影響が出てきやすいです。
肩こり一つでも様々な症状が現れ、頭痛や吐き気まで催してしまう場合もあります。

肩こりとは

人の首は、背筋を伸ばして身体をまっすぐにした時に、頚椎が緩やかに湾曲した状態になるのが良い状態です。この状態であれば、頭の重みが上手い具合に分散されるので、肩や首周辺の負担を少なくすることができます。しかし、デスクワークや長い間座るなど、前傾姿勢や猫背での時間が長くなると首が下がってしまい、頚椎がまっすぐになりやすくなってしまいます。この状態を「ストレートネック」といい、負担の分散が上手く行われなかったために、疲れがたまっていくのです。これが肩こりの原因となってしまい、悪化すると頚椎が変形してしまいます。

なぜ肩こりで吐き気が?

首への負担が大きくなると、頚椎への影響も大きくなります。頚椎の中には脊髄があり、そしてその脊髄の中には交感神経と副交感神経が通っています。
交感神経は活動中に、副交感神経はリラックスした時に働きます。本来であればその切り替えは自動で行われますが、肩こりによってその切り替えが上手くできずに、吐き気だけでなく頭痛やめまい、手足のしびれが起こってしまうのです。

昔ながらの「揉む」方法では治りにくい?

「つらい肩こりをどうにか少しでも和らげたい!」
そう思ってマッサージやカイロプラクティックなどにお世話になる人も多いと思います。
ですが、そういったような施術を受けて一時的に肩こりが緩和したとしても、その効果はなかなか長続きしません。

スマートフォンやパソコンが普及し、便利で近代的な生活の中で生じた肩こりというのは、かつての肩こりとは違い、昔ながらの「強く揉む」方法では効果が出なくなっています。
その理由としては、現代の肩こりが肩や首の周りにある小さな筋肉をはじめとして、特に『筋膜』などにダメージが蓄積されているためです。

昔の肩こりというのは、仕事などで大掛かりな手作業、いわば肉体労働的に大きな筋肉を使用することで起きていました。ですが、現代はパソコンやスマートフォンなどの操作を伴う、小さな筋肉や細かい筋肉を酷使し続けることに原因があります。

デスクワークや長時間の勉強、運転などによって同じ姿勢を長時間続けることで、緊張した状態を身体に与え続けていることになります。小さなスマホの画面を指先だけで操作する回数が多く、細かく小さな動きの集積が、肩の深い部分にある筋肉を硬くしています。

こりや痛みを感じる部分を指先で押してみると、ゴリゴリとした硬い塊に当たると思います。これこそがこりや痛みを発しているのですが、マッサージなど表面だけをほぐす施術ではこのコリはほぐれにくくなっています。

ではどうすれば良いのか?

「ストレッチなどは三日坊主で終わってしまう」
「つらい肩こり…1日でも早くなんとかしたい!」
「肩の重だるさを取りたい!」

こう思われている方は多いと思います。
ではどうしたら良いのか?どうしたら楽になれるのか?というお話をさせていただきます!

先ほども言いましたが、「もむ」だけのマッサージでは、痛みを取り除くことはほぼ不可能に近いです。
そのつらい症状、いつからでしょうか?
今までの悪い姿勢の状態や疲労などが蓄積され、それが痛みに繋がっているのだと思います。
人間は、普通であれば睡眠をとることによって疲労が回復します。しかし、疲労が溜まりすぎてしまうと睡眠をとるだけでは疲れがとれません。
そのために、痛みがずっと長引いてしまうのです。

その長年蓄積された痛みや疲労は、一度の施術だけで完治させることは難しいです。
また、マッサージや指圧、ボキボキする施術などの表面的な筋肉をもみほぐすだけの施術では、一時的に効果が出るだけですぐに元へ戻ってしまいます。

札幌白石区東札幌の札幌あゆみ整骨院白石院では、表面的な部分でなく深い部分の筋肉と骨格のバランスを調整する施術を行います。
痛みの原因となっている根本的な部分に直接アプローチを送り、悪い位置状態に記憶されている深層筋と骨格バランスを調整することで根本的改善をはかります。

当院ではボキボキといった施術や強い刺激のある施術は行いませんので、老若男女関係なく安心して施術を受けていただくことが可能です。

また、ご予約優先制完全個室土日祝も開院なのでお忙しい方やプライバシーの気になる方でも落ち着いた空間で施術を受けていただけます!

札幌市白石区の札幌あゆみ整骨院白石院では、お時間のない方やお電話が苦手な方にも安心のLINE@での予約受付も行なっております♩
お気軽にご登録ください!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

…………………………………………………………

あなたの頭痛はどのタイプ?-札幌市白石区の整骨院・整体

こんにちは!
札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院です!

暖かくなったり肌寒くなったりと気温がなかなか安定しませんね( ;  ; )
風邪気味の人も多いようなので、みなさんも風邪にはお気をつけくださいね!

気温が安定しないことで、頭痛が発症している方はいらっしゃいませんか?

台風

台風や梅雨の季節になると、頭痛が起こりやすくなってしまう人がいます。気圧の急激な変動の影響ではないかといわれていますが、自然現象である台風や低気圧はどうしても避けようがありません。
天気予報をチェックする、頭痛薬を持ち歩くなど、頭痛が起きた時にスムーズにコントロールできるようにあらかじめ準備しておきましょう。その時期だけ偏頭痛の予防薬を処方してもらうのも一つの手かと思います。
また、花粉症の人は春先に偏頭痛が悪化しやすいことが知られています。花粉症の方は、花粉症予防や花粉症の治療はしっかりと行っていきましょう。

頭痛

頭痛というのは、先ほども言ったような気温や気圧の変化、環境の変化、花粉症など、痛む場所や痛み方によって原因が様々です。
頭痛の種類ごとに対策方法は異なってきますので、つらい頭痛に負けない為にも、今の自分の頭痛がどの種類なのか、どうすれば改善するのかを考えていきましょう!

頭痛1:緊張型頭痛

これは多くの方が経験したことのある頭痛で、最もポピュラーなものになります。
頭蓋を包んでいる筋肉が、持続的に収縮するために起こります。頭痛の程度に強弱はありますが、頭を締め付けられるような痛みが長引き、からりと晴れ上がることはありません。また、肩のこりや首のこりを伴い、頸部の筋肉には押すと痛みを感じる圧痛点があり、首が硬くて動かしづらいことが特徴です。

緊張型頭痛が起きる原因としては、精神的なストレスや痛み、眼精疲労などの刺激によって引き起こされる筋肉の収縮です。また、そこで起きた頭痛がストレスや刺激になり、さらに筋肉を収縮させて頭痛をひどくするという悪循環が起きます。

趣味やスポーツなどでストレス解消を心がけたり、無理せず続けられる運動をすることが対処法になります。背筋や腹筋を鍛える体操、肩や首の筋肉をリラックスさせるストレッチなども効果的です。また、姿勢が悪い方は良い姿勢を心がけることも大切になります。

こった部分を温湿布やホットタオルで温めたり、ぬるめのお湯にゆっくり浸かって疲れを癒すことも対処法の一つです。

頭痛2:偏頭痛

血管が拡張することで、ズキズキと拍動性の痛みが生じるのが偏頭痛です。
主にこめかみから目のあたりが痛み、痛みは4時間〜数日間続きます。
片側に現れることが多いのですが、両側が痛むこともあり、痛みが起きると光や音、においに敏感になることが特徴的な症状です。
女性ホルモンと関連があるため女性に多く、20〜40代の女性に起こりやすい頭痛ともいわれています。
典型的な偏頭痛では、頭痛に先立つ症状として目がチカチカしてギザギザした光が見えたり、閃輝暗点を伴うことがあります。
続いて片側または両側がズキンズキンと激しく痛み、吐き気を伴うこともあります。また、頭痛の最終に身体を動かして頭の位置を変えると痛みが悪化するのも偏頭痛症状の症状です。典型的偏頭痛の他に、前触れなく頭全体が痛む普通型偏頭痛もあります。

原因は明らかにされていませんが、完全主義、努力家、神経質な性格の人がなりやすいといわれています。体質にストレスや過労のほか、チーズやワインなど、特定の食べ物や薬などが刺激となってしまう場合もあります。

対処法としては、規則正しい生活を心がけたり、ストレス解消を心がけることが大切です。寝不足や寝すぎはやめましょう。

もし偏頭痛が起きてしまったら、部屋を暗くして寝たり、痛む部分を冷やしてみてください。カフェインも効くので、コーヒーなどもおすすめです。ただし、飲みすぎないようにしてください。

閃輝暗点とは…

偏頭痛の前兆として現れることがあるのが、閃輝暗点です。視界にチカチカと光が出現する現象が起き、人によって「稲妻のよう」「ギザギザした光が見える」「太陽を見たときのように眩しくチカチカする」など、見え方が異なってきます。
多くの場合、これが数分〜數十分程度続き、治った後に偏頭痛の症状が起こることがあるため、偏頭痛の前兆とされているのです。

※閃輝暗点が起こらない偏頭痛、起きても頭痛にならないケースもあります。

頭痛3:群発頭痛

1ヶ月程度、毎日のようにほぼ決まった時間に、片方の目の奥が激しく痛むのが群発頭痛です。男性に多く、20〜30代から発症することが多いのが特徴の頭痛です。通常、一年に1〜2回の周期で起こります。睡眠中、特に明け方に目の奥をえぐられるような激しい遺体が襲いかかってくることが多く、1〜2時間続くと自然に治ります。
痛みのある側の目が真っ赤に充血したり、涙が出る、瞳孔が小さくなる、鼻水が出るなどの症状を伴うケースもあります。

原因は明らかにはされていませんが、目のすぐ後ろにある太い血管が拡張し、その周囲に炎症が生じて、神経を刺激する為に起こるのではないかと考えられています。

症状が出ている時期はアルコールを摂取しない、入浴後に痛みが発症する人は湯船に浸からず、シャワーを浴びるだけにする、血管拡張薬を服用中の人は、医師に相談をするなどの対処をとりましょう。
もし症状がひどい場合は、病院にいきましょう。

病院

頭痛を甘く見てはいけません。
そのまま放置しておくと日常生活に支障をきたしたり、治りがどんどんと遅くなっていってしまう可能性があります。
また、大きな病気にかかってしまっている場合もあるので、あまりに痛みの強い場合は病院に行くことも大切です。

そうならないためにも、今のうちに根本的な原因から改善していきませんか?

札幌市白石区東札幌にある札幌あゆみ整骨院白石院では、こういった頭痛に悩む方も多数来院されています。
一人で悩む前に、まずは札幌白石区の札幌あゆみ整骨院 白石院へご連絡ください!
親身になってお話をお聞きするだけでなく、心のケア・サポートやお身体が楽になった後のメンテナンス、日常での簡単なストレッチ方法など、お身体に良い知識や情報をたくさんお伝えさせていただきます♪
遠慮せずにお電話くださいね。

お時間のない方・お電話が苦手な方は、LINE@からのご予約も可能となっておりますので、お気軽にご登録いただければと思います!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

…………………………………………………………