タグ別アーカイブ: 腰痛

下半身のしびれは坐骨神経痛かも!? | 札幌市中央区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市中央区の整骨院、札幌あゆみ整骨院大通院です!!

だんだんと暖かい日が続くようになり、ライラック祭りなど外出される事が増えている方も多いかと存じます。人通りが多いところなどへお出かけの際はマスクの着用や手洗いうがいをしっかり行うなど、感染予防をしっかり行うことをおすすめします!

さて今回は坐骨神経痛についてお話させていただきます!

坐骨神経痛とは…?

まず「坐骨神経」は腰から足先にかけて伸びている人体の中でも特に太く長い神経です。

この坐骨神経が様々な原因によって圧迫される等の刺激を受けると腰から臀部(尻)、膝やふくらはぎ、足先などに鋭く電気が走るような痛みや、ピリピリとして痺れの感覚が生じます。これが坐骨神経痛です。それらの症状により麻痺したり歩行が難しくなる場合があります。

◎原因

年齢が若い方の場合は「腰椎椎間板ヘルニア」によることが多く、中高年の方になると「腰部脊柱管狭窄症」による事が多いです。また坐骨神経痛がそれらの原因によるものだった場合はそれらの症状のひとつとして扱われます。原因が特定できない場合には病名として坐骨神経痛と言われます。

◎原因となる疾患って…?

それでは坐骨神経痛の主な原因となる疾患についてご説明いたします。

①腰椎椎間板ヘルニア
背骨は椎体とよばれる骨と、椎体同士の間に椎間板とよばれる軟骨がいくつも交互に積み重なる事で構成されています。その椎間板の中には髄核(ずいかく)というゼリー状の部分があります。
椎間板ヘルニアはこの椎間板や髄核が押し出され神経を圧迫することで痛みや痺れを引き起こします。
これが腰部で発生したものが腰椎椎間板ヘルニアで坐骨神経を圧迫することで腰や下半身に痛みや痺れを引き起こします。これは特に中腰や前屈みの姿勢を取り続けたり、急に重いものを持ち上げようとしたりということによって発生する危険性があります。

②腰部脊柱管狭窄症
まず脊柱管というのは背骨の中心にあり、その中を脊髄やそこから続く馬尾(ばび)神経というものが通っています。
この脊柱管が老化などによる変形などといった原因により狭まってしまうのが脊柱管狭窄症で、これが腰部で発生したのが腰部脊柱管狭窄症で神経が圧迫される事で下半身に痛みや痺れ、麻痺や間欠跛行(※)といった症状があらわれます。

※間欠跛行:一定時間歩くと下半身に痛みやだるさが現れ歩くのが辛くなる症状で、前屈の姿勢で休むと回復します。

③他の疾患
上記2つの疾患以外にも、
・お尻の奥にお尻を横切るようについている筋肉(梨状筋)を坐骨神経が通っているために梨状筋が外傷やスポーツなどによって圧迫されることによって起こる「梨状筋症候群」

・腰の椎体がずれたり(「腰椎すべり症」)、骨折してふたつに分離(「腰椎分離症」)することにより発生することもあります。

・他にも腫瘍やストレス、変形性腰椎症等様々な要因が考えられます。

◎治療

坐骨神経痛の治療としてはまず症状を和らげ軽減していくことを目的に行われます。それでも症状が軽快しない場合や、膀胱に障害が出てきた場合などは手術を行うことも検討されます。

もしも以下の様な症状を感じた場合は一度整形外科や整骨院へ受診される事をおすすめします!

〇ずっと立っていられない
〇長期間足にしびれが続いている
〇ふくらはぎに原因不明の痛みがある
〇痛みのために歩行が困難になる
〇足の感覚が鈍っている

当院では坐骨神経痛だけではなく腰や下半身の痛みや痺れでお悩みの方も多く通院されております。お悩みに合わせた最適な施術を行わせていただきますので、ぜひ一度札幌市中央区の整骨院、札幌あゆみ整骨院大通院へお越しください!!

↓アクセス・ご連絡先はこちら↓

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

大通院
〒060-0061
札幌市中央区南1条西2丁目9-1
IKEUCHI ZONE 7F

電話:0120-73-7366
電話:011-200-3773

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線/東西線/東豊線
大通駅から徒歩約1分!
市電西4丁目駅 徒歩3分!
駐車場はカモンチケットと提携!
…………………………………………………………

”腰痛の日常生活から考えられる原因”札幌市豊平区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院南平岸です\\\\٩( ‘ω’ )و ////

本日は、暖かく過ごしやすい気温ですね!

さて、本日は腰痛についてお話します。

日常生活から考えられる腰痛の原因

1長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の緊張

立ちっぱなし、長時間座っている、猫背、中腰など、無理な姿勢を続けると腰の筋肉が緊張して、筋肉に疲労が溜まり、筋肉が硬くなり血行不良な状態になります。そうすると、何もしなくても痛みが出たり、前屈や後屈、ひねる動きをすると痛みが出ます。

2筋肉退化による筋力低下、運動不足

腰の周りにある大殿筋(だいでんきん)、中殿筋(ちゅうでんきん)大腰筋(だいようきん)の筋力が衰えてしまうと、腰椎に負担がかかり、腰痛を引き起こします。腹筋は横隔膜とともに背骨を支える働きがあるので、腹筋の筋力が低下し、正しい姿勢が保ちにくくなると、腰椎に負担をかけることになります。また骨盤の筋肉は姿勢を保つのに大きく関与しています。これらの筋力の低下が、腰痛の要因となります。

3過剰な動きや無理な負担

過度の運動によって筋肉は疲労し、徐々に緊張を強めて腰痛を引き起こします。また、腰に無理な力がかかるような動作を行うと、ぎっくり腰など急性の腰痛を招くことがあります。

4腰痛の原因となる主な疾患

代表的なのは、ぎっくり腰と、椎間板の一部が神経を圧迫して起こす椎間板ヘルニアです。他にも、過度な運動が原因となる脊椎分離症や、骨の変性などが原因となるすべり症、腰部変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、骨がスカスカになる骨粗鬆症も腰痛を引き起こします。また、腎結石や尿管結石、子宮筋腫、子宮内膜症、うつや自律神経失調症などの疾患でも腰痛が起こることがあります。

日常生活でできる腰痛予防法

1姿勢に気をつける

例えば同じ姿勢で長く立ち仕事する調理台やアイロン台などは、前屈みにならないよう補助台を置くなどして自分に合った高さに調節する工夫をしましょう。また、いすには深く座り、背骨を伸ばし、膝、足首が90度になるように高さを調節するなど、姿勢に気を配りましょう。

2腹筋と背筋を鍛える

日頃から、腹筋と背筋を鍛える運動を心がけましょう。仰向けに寝た状態で腰の下にたたんだタオルを当て、自転車を漕ぐように空中で足を回す動作は、腹筋と背筋を同時に鍛えることができます。ただし、腰の痛みがあるときは決して無理をしないことが大切です。

3靴の選び方やバッグの持ち方に注意する

ヒールの高い靴や厚底靴を避け、かかとが低く安定性のある靴を選びましょう。荷物は、片側にだけ負荷がかからないリュックサックがおすすめですが、バッグを片手で持つときは、こまめに左右持ち替えるようにします。

4重いものを力任せに持ち上げない

何かを持ち上げるときは、中腰で力を入れたり、腕の力だけで持ち上げずに、しゃがみ込むように腰を落としてゆっくり持ち上げるように心がけましょう。

例えば同じ姿勢で長く立ち仕事する調理台やアイロン台などは、前屈みにならないよう補助台を置くなどして自分に合った高さに調節する工夫をしましょう。また、いすには深く座り、背骨を伸ばし、膝、足首が90度になるように高さを調節するなど、姿勢に気を配りましょう。

 

腰痛でお困りの方はぜひ一度札幌市豊平区の札幌あゆみ整骨院南平岸院へお越しください!
一人ひとり辛さや症状の重さは違います。
札幌市豊平区の札幌あゆみ整骨院南平岸院では、その人に合ったオーダーメイドの施術を行い、改善へと導きます。
一人で悩まずに当院にご相談ください♪
スタッフ一同、全力でサポートさせていただきます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

…………………………………………………………

札幌あゆみ南平岸院
〒062-0933
北海道札幌市豊平区平岸3条14丁目3−1
電話:0120-85-9616

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

 

《アクセス》
地下鉄南北線 南平岸駅西口から徒歩1分!
道道453号線マックスバリュ平岸店目の前!
駐車場〇〇台完備!

…………………………………………………………

札幌東区Tさん「腰の痛みがなくなりました!」姿勢と腰痛の関係とはー札幌東区の整体院・整骨院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院整体院元町院です!
日中は上着もいらないような暖かさになり過ごしやすくなりましたね!
道路沿いに咲いているのチューリップがとても綺麗な時期なので
お散歩もとても楽しくなりますね(*^^*)

本日は札幌東区の元町院に通われている
患者様のお声をご紹介いたします!

腰痛

『定期的に痛みのあった腰の痛みがなくなりました!

担当の竹内先生も気さくで対応も良かったです。

またきたいと思いますのでその時は宜しくお願いします。』

こちらの患者様は腰痛に悩まれて来院されました。
朝から夜まで波はあるがずっと腰痛があり
長時間座っていると痛みが増すようでした。
また、時々頭痛にも悩まれており、
体の歪みも気になっていたようです。

まずは一番のお悩みの腰痛の治療、
その後肩こりからくる頭痛の改善と
不調の根本の原因になっていると思われる姿勢の矯正を目標に
治療を行いました。

腰部の固まった筋肉をゆるめる治療を行いながら
様子を見ながらコアストレッチも行い痛みの根本改善を目指して治療していき
”腰の痛みがなくなりました”と嬉しいお言葉をいただきました(*^^*)

では、腰痛と姿勢にはどのような関係があるのでしょうか?
正しい姿勢とは頭からつまさきまで骨が正しく並んでいる状態をいいます。
また、耳→肩→股関節→膝→くるぶしが綺麗にS時になっていることが正しい姿勢です。
肥満体型の方や妊娠時は身体の重心が正常に保てず
バランスを崩してしまい、腰に負担がかかってしまい
腰痛が出やすくなります。

また、デスクワークの際の座ってお仕事をされる姿勢も
前のめりになってしまうと腰部に負担がかかり腰痛の原因になってしまいます。

しかし、腰を反らせたり、前かがみになったりとなかなかまっすぐの姿勢は難しかったり
鏡の前で立っても横を向かないと見られないため判別ができなかったり
他の人に見てもらってもなかなか正確には判断できないのが現実です。

当院では姿勢矯正ご希望の方にはしっかりと問診で不明点などを解消いたします。
また、バキバキさせないソフトなストレッチでしっかりと矯正していき、
腰痛のお悩みもケアできるようあなただけの治療プログラムを組み立てます。

当院では症状に合わせて一人ひとりに合った治療を行っております。
腰痛と言っても痛みの原因になっている筋肉や、
それを引き起こしている生活習慣、癖は一人ひとり違います。
札幌あゆみ整骨院元町院では硬くなった筋肉を独自のACRバランス調整法で
マッサージなど手では届かない部分の筋肉を緩め根本改善を目指します!
長年悩まれている慢性的な腰痛でお悩みの方も
一度、札幌市東区の札幌あゆみ整骨院元町院までご相談ください♩

札幌東区の札幌あゆみ整骨院元町院ではお仕事や学校、ご用事の後に通いやすい様に
平日は夜8時まで受付を行っております。
少しでもお身体のお悩みがある方は症状が悪化する前にお気軽にご相談ください!
私たちと一緒に痛みの改善を目指していきましょう(^ ^)♩

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

元町院

〒065-0031
札幌市東区北31条東16丁目2-3
元町イオン前

電話:0120-50-8522
電話:011-786-8522

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

ご予約はお電話の他、LINE@でも承っております!
電話予約は営業時間内ですが
LINE@では24時間受付しております。
※営業時間外や休診日はお返事が遅れることがあります。
まずは登録しませんか?(*^^*)
こちらのQRコードをLINEのお友達追加画面で読み取ってください♩

《アクセス》
地下鉄東豊線 新道東駅から徒歩3分!
イオン元町店さんの目の前です!
駐車場は院前に4台完備!
※元町院の駐車場は右から4台分です。

その辛い腰痛の原因は足にもあった!ー札幌市白石区・整骨院

こんにちは、札幌市白石区にある札幌あゆみ整骨院白石院です♪
気づけば5月も残り半分切りましたね!
毎月思うことですが、1ヶ月がとても早く感じます(^^;笑

段々と気温は上がり、暖かい日が多くなってきましたが、腰痛はなかなか良くならない・・・
とお困りの方いらっしゃいませんか?
長時間にわたるデスクワークや重たい荷物を持っての移動などで、お仕事が終わって帰宅する時には腰が辛い!なんてことはありませんか?
なぜ痛みが起こるのか。原因の1つに「立ち方や歩き方」に問題があることがあります!
今日は腰痛と足・姿勢についてお話させて頂きます。

まずは【ゆがみチェック】をしてみましょう!
□脚を組むクセがある
□片足に重心をかけて立ってしまう
□脚の長さが左右で違う
□片方の歯で噛むクセがある
□歩いているとスカートが回ってしまう
□仰向けで寝ることができない

以上の中で1つでもチェックが入るようなら、ゆがみがある証拠です。

足の裏には3つのアーチがあり、この3つがしっかり保たれていると、綺麗な立ち姿勢が保つことができます。しかしこの3つのバランスが崩れると、姿勢や足の形も崩れます。
また、身体のバランスを支えるには、足の指がしっかりと動くことも大切です。
とくに重要なのが親指と小指です。親指は体を支える役割をしており、小指は歩く時に外側に流れやすい人間の体をコントロールしてくれています。足の指・足の指の付け根・かかとの3つがきちんと接地していると足裏が安定しますが、足の指が浮いてしまっていたりなど、2つだけが接地していると、重心がかかと寄りになり「浮足」の症状を招いてしまいます。これも身体のゆがみが原因ということです。

現在ではスマホの普及により、猫背の方がとても多いです。猫背が基本姿勢になると呼吸が浅くなり、あばら骨が前に浮き出し、上半身に厚みが出てしまいます。
さらに、首が前に出て肩こり・首こりを起こし、内臓が下垂するためぽっこりお腹になります。これにプラスで、内股で出っ尻の方も多いです。内股がひどくなるとO脚になり、骨盤が前傾してしまうので、生理痛がひどくなったりする場合もありまうす。
正しい姿勢・立ち方・座り方を日頃から意識し、身体にクセづけることが大切です。

《正しい立ち姿勢のポイント》
*つま先は少し開きましょう。
*くるぶしはしっかりつけましょう。
*両膝をくっつけましょう。
*左右の肩甲骨を中心に引き寄せながら胸を張りましょう。
*みぞおちを上に引き上げるように意識しましょう。
(壁に背中を付けて立ってみましょう。)

《正しい座り方》
椅子にやや浅めに腰掛け、脚の付け根に上半身をのせるイメージで、骨盤の上助骨をのせ、背中をまっすぐにしましょう。このとき腰が反ってしまうと腰痛を招いてしまうので、腰の後ろは真っ直ぐ立てるように意識しましょう!

ダメな座り方もご紹介します。
腰が丸まり背中が落ち、下腹が緩んでいる状態です。首や肩が前に出てしまい、肩こり・首こりの原因になります。

私たちの足は体を支える土台となっています。足がきちんと働くようにケアし、足本来の機能を果たすようになれば、膝や股関節の位置も自然と正しいところに収まります。そうなると、腰から背骨へと繋がる腰椎から胸椎、頚椎まで、全体の骨を整えることができます。全身の骨格が整えばリンパや血液の循環も良くなり、自然と全身が引き締まります。

何をしてもなかなか良くならなかったお辛い腰痛はぜひ、札幌あゆみ整骨院白石院へご相談ください!!

札幌市白石区にある札幌あゆみ整骨院白石院ではLINE@でのご予約・ご相談も受付中です!
忙しくてなかなか電話ができない方や、あまり電話が得意ではない方、お手軽なLINE@でご予約されてみませんか?^ ^

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。
交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

札幌あゆみ整骨院白石院
札幌市白石区東札幌2条6丁目4-10
電話:0120-77-2210
電話:011-820-1822

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄東西線 白石駅1番出口出てすぐ!
トマトハウスさん横!
駐車場は院前に2台完備。
向かいのローズパーキングさんと提携。

…………………………………………………………

“椎間板ヘルニアの原因と予防法”〜札幌市豊平区整骨院・整体院〜

こんにちは!
札幌市豊平区の札幌あゆみ整骨院です(*´꒳`*)

今日は気温も暖かくなってきてやっと春がきた!という感じですね。
今日から気温が徐々に上がって来るという予報なので、お休み中にお出かけするという方も多いのではないでしょうか?

さて、本日は椎間板ヘルニアについてご説明させていただきます。

椎間板ヘルニアって何?

まずヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態のことを指します。
有名なところでは、臍ヘルニア、鼠径ヘルニアがあります。
これが背骨のクッションである椎間板におこったものを『椎間板ヘルニア』と呼びます。
椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態になっています。

神経が圧迫されることにより腰痛、脚のしびれや痛み、ひどい場合には足が動かせなくなってしまったり、感覚が無くなってしまったりする事もあります。
背骨は頚椎・胸椎・腰椎の3つに分けられ、その全てに椎間板が存在しますが、構造的に負担がかかりやすい頚椎と腰椎に好発します。
20~40歳代の男性に多く、整形外科では非常にポピュラーな病気です。

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアは、腰に大きな負担がかかることで起こりますが、生活習慣や加齢、遺伝などが関係していることもあります。

原因1.生活環境

立ち仕事や力仕事など腰に負担がかかる仕事の方は、椎間板ヘルニアを起こしやすいです。
急に重たい物を持ち上げる時など、腰に急激な負荷がかかる時は注意が必要です。
また、デスクワークなど悪い姿勢で作業を行ったり、トラックやタクシーなどの長距離ドライバーなども椎間板ヘルニアにかかるリスクが高くなります。

原因2.年齢

骨は加齢と共に低下していきますが、椎間板ヘルニアは20代~40代など若い世代に起こりやすい病気です。
これは加齢によって線維輪の弾力性が衰えても、その中にある髄核は、まだ十分に水分が含まれていて、弾力性があるからです。
そのため、椎間板に圧力が加わると、一時的に椎間板の内部圧力が高まります。
すると、線維輪の亀裂から髄核が外に飛び出してしまう場合があるからです。

原因3.遺伝

骨の造りや体格・体質などが関係していることがあります。
椎間板ヘルニアの家族既往歴のある方は要注意が必要です。

原因4.育児

育児中のしゃがんでオムツを交換したり、赤ちゃんをベットから抱き上げる時など腰に負担がかかります。
抱っこや授乳などは想像以上に腰に負担がかかっています。

椎間板ヘルニアの予防方法

1.姿勢に注意する

姿勢を正すことは、腰痛を引き起こさないためには大切なことです。
腰の負担を軽減するためにも背もたれにお尻をしっかりつけ、背筋を伸ばして座るよう心掛けましょう。
正しい姿勢でも長時間座っていると腰の筋肉などに負担がかかってしまうので、1時間に1回は立ち上がりストレッチをするなどリラックスするようにすると良いです。

2.低い姿勢で膝を曲げる

重たい荷物を持ち上げたり、赤ちゃんを抱きかかえる時などは、低い姿勢で膝を曲げることで腰への急激な負担を減らすことができます。
反対に前かがみの状態で急激に持ち上げると腰を痛める原因となるのでやめましょう。

3.体重を管理する

過剰な体重増加は、心臓や脳などの血管系以外にも腰に負担がかかります。
体重が増加すると腹部が出てくるようになりますが、お腹が出ることによりのけ反った姿勢になります。
適度な運動やカロリーを抑えた栄養バランスの摂れた食事などで体重管理するようにしましょう。

4.ストレッチで筋力を維持

腰の筋肉が低下すると椎間板ヘルニアにかかりやすくなります。
腰や腹筋、背筋などの筋肉を鍛えることで腰の負担が軽くなります。

椎間板ヘルニアでお困りなら札幌市豊平区の札幌あゆみ整骨院南平岸院にお任せください!
スタッフ一同全力でサポートいたします!
一人で悩まずにぜひ一度当院にお越しください。

札幌あゆみ整骨院南平岸院では交通事故治療も行っております。
もし事故にあってしまった際には、お気軽にお電話・ご相談ください!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

…………………………………………………………

札幌あゆみ南平岸院
〒062-0933
北海道札幌市豊平区平岸3条14丁目3−1
電話:0120-85-9616

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

 

《アクセス》
地下鉄南北線 南平岸駅西口から徒歩1分!
道道453号線マックスバリュ平岸店目の前!
駐車場4台完備!

…………………………………………………………

腰痛の治療はぜひ札幌あゆみ整骨院山鼻院で!|札幌市中央区の整骨院、整体院

こんにちは札幌あゆみ整骨院山鼻院です。
札幌あゆみ整骨院山鼻院にみられる患者様で多い症状として腰痛があります。
日本人の8割は1度は腰痛を経験するとも言われるほどの症状ですが、分けると2つに分類することができます。それは『急性腰痛』と『慢性腰痛』です。2つとも病院(整形外科)では原因がはっきりしないものが多く、数字に直すと腰痛全体の85%にのぼり、気がつくと腰に違和感を感じたり、痛みが出てしまう方がほとんどのようです。

その、病院(整形外科)で腰痛が原因で診断を受けた場合ですが『坐骨神経痛』や『腰痛症』と診断がくだることが多いようですが、このどちらもレントゲンやMRIなどの検査でも原因がはっきりしないケースになります。レントゲン、MRIなどの画像診断では、骨折や筋肉や靭帯の断裂などは映りますが、筋肉の微細の損傷や硬さは画像に残ることはないので、原因がはっきりしない場合はこのようなケースがほとんどになります。なので1度、腰痛が原因で整形外科に行かれたけど、原因がはっきりしない、または痛め止めの薬や湿布だけの処方で終わってしまい、元々の痛みが変わらないままの方は筋肉からくる場合が考えられます。

この筋肉からくる腰痛ですがデスクワークや、事務作業などで同じ姿勢を長時間とっている場合に起こりやすく、まさしく現代の社会人に多い症状と言えます。座っている時も筋肉を使っていないワケではなく同じ姿勢をキープするためにも背中や腰、お尻周りの筋肉を使っているので、その部分での負担が疲労になり疲労物質として身体に溜まってしまうため、筋肉が固まってしまうのです。筋肉には血液を循環させるポンプ機能があり固まってしまうことで、ポンプ機能がうまく働かず、回復に必要な栄養素や酸素を身体に分配できずに腰痛がひかない、改善しない身体になりその状態で仕事を行うことで痛みが増してしまい悪循環になってしまうのです。

また、これからの時期は、職場の空調が冷房に変わることで、身体を冷やしてしまう方が、増えるため筋肉自体も冷えることで、筋肉が固まりやすくなるケースも多く見受けられるので、夏に向けても身体を冷やさないように注意が必要です。他にも負担を減らすために、日頃の姿勢を意識したり背中や腰に対してのストレッチを習慣的に行うことも腰痛を防ぐ対策になります。しかし1度固まってしまい腰痛まで起こってしまうと、なかなか自分のケアだけでは改善が難しいのも事実です。
なので腰痛でお悩みの方はぜひ1度、身体の専門家がいる整骨院でお身体をみていただくことをオススメします!札幌あゆみ整骨院山鼻院の腰痛治療ではまず、患者様のお悩みを聞き、お身体の硬さや動きをみた上でその患者様に合わせた治療を行なっていますので、少しの違和感や、痛みがある方は、ぜひ札幌あゆみ整骨院山鼻院までご相談ください!スタッフ一同全力でお悩み解決のためにサポートいたします!

 

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

※受付時間は変更する場合がございます。

…………………………………………………………

山鼻院
〒064-0914
札幌市中央区南14条西14丁目2-21

電話:0120-06-2133
電話:011-520-2133

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
市電西線14条駅 電停すぐ目の前!
ツルハドラッグさんすぐ横です!
駐車場は院前に5台完備!

「腰痛」:前屈が出来ないひと|札幌市北区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌市北区の整骨院、
札幌あゆみ整骨院麻生新琴似院です(*^▽^*)

本日は腰痛でお悩みの患者様の中でも多くいらっしゃる、
”前屈ができない原因”についてご紹介していきます。

「前屈が出来ない」腰痛

ほんの少し上体を倒しただけで太ももの裏側・膝の裏などが伸びてしまい痛みを感じるなど、一般的に身体が硬く柔軟性に自信がない方にも共通しているのではないでしょうか?

前屈できない5大原因

「身体がもともと硬いだけ」と、ご自身の「腰痛」と絡めて考えている方も少ないと思うのですが、筋肉が正常に動かないということはそれだけで身体のバランスをくずし、余計な負担をかけているんです。

まずは、前屈ができない原因を紹介していきます。

(1)お尻の筋肉に柔軟性がない!

お尻の筋肉は骨盤や股関節まわりの動きに必要な筋肉で、下半身の前後左右の動きに大きく関わっていてお尻の筋肉が硬くなってしまった場合、骨盤も後ろ側に傾いてしまい、背中や腰が丸まっていわゆる”猫背”になり、上手く上体を前に倒しずらくなります。

前屈をすると、【 股関節→太ももの裏側→ふくらはぎ 】

と通常は上から順番に動いていくのですが、お尻の筋肉が硬いことで、股関節の動きが制限されてしまい、前屈しようとすると股関節から曲げることが難しくなってしまうのです。


(2)「ハムストリングス」と呼ばれる(太ももの裏側)に柔軟性がない!

前屈をした時、一番伸び・つっぱる痛みを感じる太ももの裏側の筋肉の柔軟性です。

「ハムストリングス」は骨盤を支える筋肉の1つなのでこの筋肉硬くなってしまっていると、骨盤を後ろ側に引っ張る力が大きくなり、骨盤が後傾した状態にあると「ハムストリングス」の付着部分の距離が短くなって、筋肉は常に縮んだ状態になります。
この結果、骨盤を土台にしている背骨が丸くなってしまい(猫背)、前屈をするときに骨盤から前に倒れられずに腰が途中で折れてしまうことで、床まで手が届きにくくなってしまいます。


(3)ふくらはぎに柔軟性がない!

なんと、ふくらはぎの柔軟性が乏しいだけで前屈がしにくくなってしまいます!

これは、ふくらはぎの筋肉は膝の裏側まで繋がっており、筋肉が硬くなってしまうと膝を曲げるように筋肉を引っ張ってしまいます。このとき硬い状態のままでは膝を伸ばしたくても上手く伸びることができず、前屈をした際につっぱりが生じて前屈がしにくくなってしまうのです。

 

(4)肩甲骨の可動域が狭くなっている!

「肩甲骨」ときくと、前屈のできるできないには関係がないように思いますが、実は大切な筋肉です!
なぜ大切なのかというと、肩甲骨の開く動きと腕や背骨の動きの関係があります。
私たちの身体は腕を動かすとき、肩甲骨と上腕骨が連動する働きがあり、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなり動かなくなると、この連動が行われなくなってしまい腕の可動性が制限され小さくなってしまいます。
また、肩甲骨が動かないことにより、背骨の弯曲が浅くなることが原因で床に手がつきにくくなってしまいます。

(5)腰回りの柔軟性がない

やはり、どんなに上半身・下半身の柔軟性が高くとも、腰まわりの筋肉がかたまってしまっていては、どうしても前屈は難しくなってしまいます。

なぜかというと、前屈をする姿勢の時に股関節から身体を折り曲げていく状態になりますが、腰まわりの筋肉が硬いと腰が突っかかったり、また腰が丸まったようになることで、そこから先身体を倒すことが難しいのです。

主には身体を倒したり・回したりする動きには、下半身や上半身の筋肉が使われます。
しかし、上半身と下半身のつなぎ目である腰まわりの筋肉の柔軟性も勿論必要となるのです!


きれいに前屈できるメリットとは?

前屈ができることでの、身体にとってのうれしいメリットを4つ紹介いたします!

1、まず、姿勢が良くなり機能的な動きができる

前屈に関わる筋肉の柔軟性を上げれば、骨盤を正常な位置に保つことができるので、身体のバランスが取りやすくなり仕事のあとも疲れにくく&休日もアクティブにスポーツなど楽しむことが可能になります。

そして、その時の姿勢に応じて正しい筋肉が使われるようになり、無理に他の筋肉で補うことがなくなるので身体の不調や日常生活でも無駄なく機能的に動くことができます。

2、腰痛になりにくい身体づくり

骨盤を真っすぐ立てることができれば、日々の生活でかかる腰椎への負担を最小限に抑えることができるので、骨盤の後傾を改善することができる前屈は腰痛になりにくい身体づくりをすることができます。

3、むくみや冷えのないの身体へ

下半身の筋肉は、それぞれが大きくかたまってしまうことで血行が悪くなりやすいです。
前屈ができるようになると、下半身の大きな筋肉を使うので、例えば心臓のように下半身の筋肉がポンプののうな役割をして、常に血行がいい状態や老廃物の循環も上手くいく体になっていきます。

4、最後に、怪我のしにくい・パフォーマンスも向上することができる!

当然、可動域が広がりますので身体に負担が少なく、ダイナミックな動きが可能になります。

柔軟性がないことで起こりやすいのが、捻挫や肉離れといった筋肉や腱を痛めてしまう怪我です。ジャンプしたり走ったりと瞬発力を必要とするスポーツは、気をつけなくてはなりません。

怪我をした際の度合いにもよりますが、復帰までに数ヶ月〜1年とかかり体のバランスを取り戻すのも大変です。そのためスポーツをしてる方は、ウォーミングアップも大切ですが、クールダウンも忘れずしっかりとストレッチをして頂けたらと思います。

ただし、ストレッチも適切な筋肉にしっかり伸びていないと、効果を感じることができないおそれもあります。せっかく、取り組んでいるのに腰痛も良くならず、それではとても残念ですよね?
そんな時は、ぜひ当院にご相談ください。
腰痛のお悩みはもちろん、姿勢矯正や、日々の適切なストレッチもその方の症状に合わせてご提案させていただきます!

辛い痛みを我慢せず一度ご連絡くださいませ(*^o^*)

あなたに合わせたオーダーメイドのプログラムでサポートさせていただきます!!

ご予約優先制・土日祝日開院・夜8時まで開院しております!
LINE@からもご予約OK♪

ご連絡お待ちしております(*^^*)

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》

…………………………………………………………

麻生新琴似院
001-0905
札幌市北区新琴似51丁目3-29

電話:0120-34-6611
電話:011-747-6611

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線 麻生駅3番出口 徒歩6分!

…………………………………………………………

腰部椎間板ヘルニアとは・・・|札幌市中央区整骨院・整体院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院大通院です!
GWも終わり、日常の学校生活やお仕事にも身体が慣れてきたでしょうか?
ここ数年は4月末〜5月半ばにかけて春のインフルエンザが流行っているようです。
旅行へ行かれたり、旅行に来られる観光客からの感染が多いようなので、日常の手洗いうがいはもちろんですが、外出先などではマスクをするなど、自身でも予防を心がけましょう。
また、ここ数日も肌寒い日が続いておりますので、体調には十分気をつけて下さい。

さて、今日は腰椎椎間板ヘルニアについてお話させて頂きたいと思います

腰椎椎間板ヘルニアとは…
背骨は椎骨という骨が連なってできています。この間に椎間板といった軟骨があり、背骨のクッション的な役割をしています。ヘルニアとは、この椎間板の組織の一部が飛び出してしまうことで、神経を圧迫し、腰や足に痛みや痺れといった症状を引き起こしてしまいます。

腰椎椎間板ヘルニアの多くは、日々の生活習慣の中で背骨(椎間板)への負担が徐々に積み重なっていくことで発症します。長時間の車の運転や中腰での作業、重い荷物を持つなどをすることにより椎間板には通常の2.5倍の圧力がかかり、こうした動作を繰り返すことによってヘルニアがおきます。このように、腰に負担のかかりやすい生活を送っている人は腰椎疾患を発症しやすいです。また、遺伝的要因や加齢も関係してきます。
特に男性では、職業ドライバーや金属・機械業etc.の方は、約3倍腰椎椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

症状
腰や臀部に痛み、下肢に痺れや痛みが放散、足に力が入りにくい、
脚につっぱった感じがある、歩行に障害が出る、尿失禁、筋力の低下、筋肉の萎縮などがあり、日常生活に支障をきたすような場合には手術をすることもあり得ます。

予防・再発防止のために
主な腰痛の原因は、日常生活での何気ない姿勢や動作によっておきます。腰への負担を日頃から減らし工夫することが椎間板ヘルニア発症の予防、再発防止になりす。
また、ストレッチや体重の増加に気をつけ、筋力を強化することも効果的です。
特に腰椎椎間板ヘルニアの場合は、腹筋を鍛える事で腰への負担を軽減することができるので症状を抑えることができます。

当院では椎間板ヘルニアの施術も行っています。上記の通り、椎間板ヘルニアには日常での生活習慣が関わってきます。日頃の疲れや姿勢の歪みからくる痛みの治療していきます。姿勢の矯正も行っておりますので、何かお困りの症状がありましたら札幌あゆみ整骨院大通院までお越し下さい。

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら
コメントやイイネ!お待ちしています♪

当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

 

…………………………………………………………

大通院
〒060-0061
札幌市中央区南1条西2丁目9-1
IKEUCHI ZONE 7F

電話:0120-73-7366
電話:011-200-3773

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄南北線/東西線/東豊線
大通駅から徒歩約5分!
駐車場はカモンチケットと提携!
…………………………………………………………

腰痛、坐骨神経痛でお悩みの方は札幌あゆみ整骨院南平岸院へ!!

こんにちは!札幌あゆみ整骨院南平岸院です(о´∀`о)

本日は坐骨神経痛についてご説明します!

まず腰の痛みというと、坐骨神経痛を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
では、坐骨神経痛の原因はご存知ですか?

 

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています。この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、 太もも、ふくらはぎや足の先、腰や腎部(尻)などに、鋭く、電気が走ったような痛み、強く張っている感じ、ピリピリとしたしびれなどの症状が生じます。
これが坐骨神経痛です。
坐骨神経痛は原因がはっきりと特定できる場合は、症状のひとつとして扱われます。
例えば、「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」などの疾患が原因のときは、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症が病名、坐骨神経痛が症状、ということになります。
実際、坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいです。
しかし、病名ではなく症状として扱われることが多いです。
ただ、検査をしても原因が見当たらない場合は、坐骨神経痛が病名となります。

坐骨神経痛が起こったときの主な症状

  • 足のしびれ
  • 足の痛み
  • お尻の痛み
  • 椅子から立ち上がる時の痛み
  • 柔らかいイスで痛みが出る
  • 朝起きる時の痛み

これらの痛み方に該当される場合には坐骨神経痛の可能性が高いです。

坐骨神経痛の原因について

腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
③変形性腰椎症

原因になっている疾患によって改善法は違います。
また改善法を行なったがために悪化してしまうという危険性もあります。
坐骨神経痛を起こす疾患には、悪化すると座っていられなくなる、歩行が困難になる、排泄をうま くできなくる、といった重篤な症状を引き起こすこともあります。
ですから、原因となっている疾患を早期発見、早期治療をすることが、とても大切です。
激しく痛む、日に日に痛みが増してくる、安静にしていても痛い、発症から1週間以上経っても痛む、しびれが続く、下肢に力が入らない、と いった症状がある場合には、整形外科を受診し、検査をしてもらってください。
もし、痛みはあるのに「骨に異常はありません」といわれ痛み止めを処方されてそのまま改善されないとお悩みの方はぜひ一度札幌あゆみ整骨院南平岸院にご相談ください。

スポーツなど趣味を楽しむ為にも健康なお身体であることがまずは一番ですよね。
私たちがお身体のケア、全力でお手伝いさせていただきます!

札幌あゆみ整骨院南平岸院では腰痛坐骨神経痛骨盤矯正など
腰回りの痛みでお悩みの方のサポートをさせていただいております!
また、当院では交通事故治療も行なっています。

辛い痛みを我慢せず一度ご相談くださいませ٩( ‘ω’ )و

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

≪ 受付時間のお知らせ ≫

 

 

 

 

…………………………………………………………

札幌あゆみ南平岸院
〒062-0933
北海道札幌市豊平区平岸3条14丁目3−1
電話:0120-85-9616

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

 

 

 

《アクセス》
地下鉄南北線 南平岸駅西口から徒歩1分!
道道453号線マックスバリュ平岸店目の前!
駐車場4台完備!

…………………………………………………………

札幌東区Gさん「とてもよくなった」整形・他の整骨院と当院の違いとは?ー札幌市東区の整骨院・整体院

こんにちは!札幌あゆみ整骨院整体院元町院です!
GWもあとわずかですね!
札幌は様々な場所で満開の桜が見られるようになりましたが
元町院の近くの図書館にも満開の大きな桜が咲いていました♩
わずかな期間しか見られないこの時期をたくさん楽しみたいですね(*^^*)

本日は札幌東区の元町院に通われている
患者様のお声をご紹介いたします!

『当初よりもとてもよくなったように思います。

また利用したいと思っています。

よろしくおねがいします。』

こちらの患者様は体を使うお仕事をされており
慢性的な腰痛でお悩みでした。
来院された時には施術台に座ったり、横たわることも辛い様子でした。
整形外科にも行かれたそうですが、骨には異常なし、
痛み止めの湿布をもらっていたが効かず、湿布でかぶれも起こしていました。

腰回り、臀部の筋肉に硬さや張りがあったので
しっかりとほぐしていくことで
2回目には痛みは変わらないが動きやすくなったとのお言葉をいただき、
3回目からは痛みも軽減してきたそうです。
しかし、お仕事終わりにはまた痛みが出てきてしまうため
しっかりと治療を行なっていきました。

腰痛の原因となるものは内臓疾患など含めいろいろとありますが
病院で異常が見られない腰痛は筋肉の疲労がたまり
筋肉が硬くなって起こる腰痛であることが多いです。
筋肉の疲労、硬さはレントゲンには映らないので
保険適用の整形外科に行っても異常なし、湿布や痛み止めの処方、
もしくは強い電気治療で痛みを散らしごまかして対処ということが多いです。
基本的に整骨院で健康保険を使用できるのは急性の怪我なので
本来であれば慢性腰痛に健康保険は使用できないのですが、
健康保険使用の整骨院に行っても、保険でできる治療の範囲は限られているため
手技での治療や冷やしたり温めたりなどご自宅でもできるケアで
治りがかなり遅かったり、効果がないものがほとんどです。

当院ACRバランス調整法では
手技では届かない深い部分の筋肉にしっかりアプローチすることができます。
筋肉はしらべてみるといくつもの種類が出てくるように、
腰痛といっても原因となり硬くなっている筋肉は人により異なります。
毎日のお仕事、勉強、家事育児の疲労や悪い姿勢やくせによる負担で
筋肉の深い部分の筋肉にまで疲労がたまってしまうと
温泉で温まったり、マッサージ機を使ったりなど
自分で行うケアでは深部に届かず、一瞬効果を感じてもすぐに元通りになってしまいます。

深い部分の筋肉に微弱な電流を流して治療を行いますが、
この微弱電流はみなさんのお身体に流れているもので
体脂肪を測れる体重計にも使用されている電流のため痛みはありません。
そのため、当院には女性やお子様も多く通われているんですよ(^O^)
体の奥まで届く電流で、痛みのある部分の筋肉の状態を即時に読み取ります。
体重計で体脂肪率が分かってしまうのも、読み取る電流が流れているからですね( ^ ^ )/
読み取った後に、その筋肉に最適な電流をスタッフが見極めて流していくので
しっかりと筋肉を最適な状態にすることができます。

当院の施術に腰痛コース、肩こりコースなど
症状別のコースなどがないのも、一人ひとりの症状に合わせた治療を行っているからです。
長年悩まれている慢性的な症状でお悩みの方も
一度、札幌市東区の札幌あゆみ整骨院元町院までご相談ください♩

札幌東区の札幌あゆみ整骨院元町院ではお仕事や学校、ご用事の後に通いやすい様に
平日は夜8時まで受付を行っております。
少しでもお身体のお悩みがある方は症状が悪化する前にお気軽にご相談ください!

ご予約は電話の他、LINE@でも受付しております!
電話予約は休診日の木曜日を除く平日10時〜13時、16時〜20時
土曜日は9時〜12時、13時30分〜17時30分、
日曜、祝日は9時〜12時30分ですが
LINE@では24時間受付しております。
どんな内容でも構いません。まずはご登録しませんか?(*^^*)
元町院,LINE
こちらのQRコードをLINEのお友達追加画面で読み取ってください♩
※営業時間外のメッセージには返信が遅れることがあります。

私たちと一緒に痛みの改善を目指していきましょう(^ ^)♩

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》
◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休 診 木曜日

…………………………………………………………

元町院

〒065-0031
札幌市東区北31条東16丁目2-3
元町イオン前

電話:0120-50-8522
電話:011-786-8522

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
地下鉄東豊線 新道東駅から徒歩3分!
イオン元町店さんの目の前です!

…………………………………………………………