タグ別アーカイブ: JR琴似駅

腰痛の原因とは!?|札幌市西区の整体院・整骨院

こんにちは!
札幌市西区の札幌あゆみ整骨院琴似院です!

最近、気温も急激に上がり下がりし、体調を崩される方がちらほら見られます。
気温が下がってしまうと血行が悪くなり腰痛になりやすくなります。
すでに腰痛の症状がある方は悪化してしまうケースが見受けられます。
今日は腰痛の原因についてお話しさせていただきます。

背中と腰から見た原因

脊柱を横から見ると、私たちの背骨は柱を立てたような感じではなく、首が前、背中が後ろ、腰が前というようにS字形のカーブを描いています。もし、これがまっすぐになっていると跳びはねたとき脳に振動が直接伝わってしまいますが、S字形になっているために、衝撃が吸収されて振動が響きにくくなっています。

さらに脊柱は上半身を支えるだけではなく、曲げたり伸ばしたりひねったり、という動きに対応できるようにしなやかな構造になっています。

仕組みを見ていくと、一番上にあり、重い頭を支える役目を果たしているのが頸椎です。頸椎の下に胸椎、その下に腰椎と続いていますが、腰椎は仙骨(骨盤)の上に乗っています。これらはそれぞれ、7個、12個、5個の椎骨からなっていて、あいだにクッションのような働きをする軟骨性の椎間板を挟んで、椎骨というブロックを積み重ねた構造になっています。椎間板があるおかげで、ある程度伸縮性があって曲げたり伸ばしたりの脊柱の動きができ、脊柱にかかる衝撃を吸収し、和らげるという役目も果たしてくれています。

しかし、椎間板は老化が早く25歳頃から椎間板の中央にある髄核の水分が減り始めてしまいます。35歳以降になるとその髄核を取り巻く線維輪という軟骨の水分も減少して弾力性が落ちてきます。そのためにクッション効果が弱まり、腰椎への衝撃を緩和できなくなって腰痛が起こり易くなります。

その他、筋肉の老化によって、状態を支えられなくなる場合や神経からくる痛みが原因の場合や脊柱(背骨)の中にある脊髄から出ている末梢神経が痛みの原因になる場合もあります。

腰痛になる原因

長時間での同じ姿勢

・前かがみや直立した姿勢を続けていると、腰の筋肉に大きな負担がかかります。姿勢を良くして、腰への負担をかけないようにしましょう。

運動のしすぎ

・激しいスポーツや、重いものを持ち上げたとき、また肉体労働などで腰の筋肉を酷使したときも腰痛が起こることがあります。急激な動作は避け、腰に負担をかけないようにしましょう。

筋肉の衰え

運動不足や、加齢のために腰の筋力が衰えている人は腰にかかる負担が大きくなり、腰痛を起こしやすくなります。普段から適度に運動して、筋力をアップしておきましょう。

骨の老化

閉経後の女性には、骨粗しょう症で骨がもろくなり、圧迫骨折を起こす人がいます。そのため、背中が曲がるなどして、背中から腰にかけて痛みが起こります。若いうちからカルシウムを十分にとって、骨を丈夫にしておきましょう。

腰痛のお悩みは札幌西区の札幌あゆみ整骨院琴似院にお任せください!
スタッフ一同全力でサポートいたします!
LINE@からの受付も対応しています。

札幌あゆみ整骨院琴似院では交通事故治療も行っております。
こちらもお気軽にお電話・ご相談ください!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》
◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休 診 木曜日

…………………………………………………………

札幌あゆみ琴似院
〒063-0861
札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!
ケンタッキーさん目の前です。
駐車場は院横に2台完備!
斜め向かいのタイムズさんとも提携しています。

…………………………………………………………

坐骨神経痛の原因とは!|札幌市西区の整体院・整骨院

こんにちは!
札幌市西区の札幌あゆみ整骨院琴似院です!

坐骨神経痛でお悩みの方はいらしゃいませんか?

・足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる。
・おしりに痛みやしびれがある。
・腰(身体)を動かすと足の痛みが激しくなる。
・身体をかがめると痛い。
・痛みやしびれ以外に冷感やだるさ、灼熱感(チリチリと焼けるような痛み)がある。
・足の筋肉が左右で差が出ている。

こういった症状がでている方は注意です。

今日は座骨神経痛についてお話いたします。

座骨神経痛とは?

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています。圧迫されたり刺激を受けると、腰やお尻、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ピリビリとしたしびれ、強く張っている感の症状がでます。これが坐骨神経痛のなります。

座骨神経痛の3つの原因

・腰椎椎間板ヘルニア

背骨は、椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板がはみだしたり、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアで腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫し、坐骨神経痛になってしまいます。
同じ姿勢を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに、 いきなり発症することもあります。

・腰部脊柱管狭窄症
脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄と、それに続く神経が通っています。 この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、腰のあたりで発症すると、腰部脊柱管狭窄症となります。腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれなどの症状がでます。
生まれつき脊柱管が狭い、弱い場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。

・変形性腰椎症
腰椎の形が変形し、神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを起こすのが変形性腰椎症です。
原因としては、加齢、同じ姿勢を長時間続ける、運動などで腰に過度の負担をかける、などがあげられます。また、変形性腰椎症は脊柱管狭窄症の原因にもなります。

原因になっている疾患によって改善法は違います。
なにもしないと悪化してしまうので原因となっている疾患を早期に発見し、治療することが大切になります。

坐骨神経痛のお悩みは札幌西区の札幌あゆみ整骨院琴似院にお任せください!
スタッフ一同全力でサポートいたします!
LINE@からの受付も対応しています。

札幌あゆみ整骨院琴似院では交通事故治療も行っております。
こちらもお気軽にお電話・ご相談ください!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》
◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休 診 木曜日

…………………………………………………………

札幌あゆみ琴似院
〒063-0861
札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!
ケンタッキーさん目の前です。
駐車場は院横に2台完備!
斜め向かいのタイムズさんとも提携しています。

…………………………………………………………

転倒した後から腰が痛い…そんな時は札幌市西区の札幌あゆみ琴似院へご相談ください!

こんにちは!
札幌市西区の札幌あゆみ琴似院です!

路面がツルツルですね〜!
今日に限らず、今年に入ってから何度も転びかけました(−_−;)
ヒヤヒヤしながら歩かなければいけないので怖いですよね。

歩道や路面がツルツルな日が長く続くので、滑って転んだ方も多いのではないでしょうか。
転んだ際に腰痛を発症していませんか?

雪道で滑って転ぶ方もいらっしゃれば、
スポーツ中に転倒したり、足を滑らせての転倒だったり、
自転車やバイクでの転倒、ジャンプして上手く着地できなくて転倒したりなど、転倒にも様々な種類がありますね。
ですが、転倒の仕方によっては怪我をする箇所が変わってきます。
今回は前に転んだ場合と、後ろに転んだ場合の怪我の状態などについてお話しします!

転倒の仕方によって、
腰の捻挫か、または背骨の圧迫骨折による腰痛かという風に考えられます。
腰の状態により対処の仕方や、治るまでの過程に違いが生じます。

前に転んで腰痛を発症

前に転んでの腰痛は、しりもちをつくことがないので圧迫骨折による腰痛は考えなくて大丈夫でしょう。
腰周囲の筋肉の捻挫での痛みだと思われます。
転んだ直後から痛みが生じてしまうことや、数日経った後に痛みが出てきたりする場合もあります。
転んだ際に手や肩をぶつけたが、直接腰を打ったわけでもないのに腰が痛くなってきたという方も中にはいらっしゃいます。
手や肩をぶつけた時の衝撃で腰に捻りが強制され捻挫を起こしてしまうのです。

後ろに転んで腰痛を発症

後ろに転んだ場合だと、捻挫だけでなく尻餅をついた衝撃で背骨の圧迫骨折も起こり得ます。
圧迫骨折は胸椎と腰椎の移行部に多く見られ、高齢者に多い骨折の一つですが、高齢者だけでなく若い人にも見られます。
スノーボードやスケートボードなどでジャンプをした際に、着地を失敗してという場合などに多いです。

結果、どちらも痛みが生じていることに違いはありません。
転倒によって腰痛が生じた場合、まずは病院で診てもらうことをオススメします。
ですが、病院では深い部分の筋肉となるとどうしても治せない場合もあります。
数日経っても腰痛が引かなかったり、悪化する一途を辿っている場合は札幌西区の札幌あゆみ琴似院までお電話・ご相談ください!

札幌市西区の札幌あゆみ琴似院では、深い部分の筋肉に直接アプローチをかけることで、骨格と深層筋のバランスを整え、人間が本来持っている自然治癒力を生かしていく施術を行なっております。
ボキボキと鳴らす痛みのある施術は行いません。
一人一人に合った、あなたに合ったオーダーメイドの施術を行います。

お身体のことでお悩みなら札幌市西区の札幌あゆみ琴似院まで!

LINE@でのご予約・ご相談も可能です!
ご登録お待ちしております♩

 

…………………………………………………………
《診察時間》

月〜土 AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
日・祝 AM 9:00-12:30
休診日 木曜

札幌あゆみ琴似院
〒063-0861 札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888
《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!ケンタッキーさんの向かいです!
駐車場も2台完備。
向かいのタイムズさんとも提携しております!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)

https://ja-jp.facebook.com/sapporo.ayumi

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

肩こりでお悩みの方はこちら。
http://ayumi-sapporo.com/03-kori.html

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………