女性に多い腰痛と骨盤の関係性

こんにちは!札幌あゆみ整骨院北郷院です( ^ω^ )ノ

今日は大きい道路は雪が溶けていますね!お車を運転される方や道路を通行される際は充分お気をつけてくださいね!

さて本日は腰痛についてお話させていただきます!腰痛といっても色々な種類があります!今日はその中でも女性に多い骨盤の関係性についてお話いたします!

働く女性が感じている腰痛、腰の不調はある調査結果によると6割が夕方に感じ、4割が週末に発生しているようです!

長時間のデスクワークにより、1日または1週間に渡って蓄積される骨格や筋肉への負担と疲労が原因で腰痛や腰の不調が起きていると考えられます!

そこで、腰の歪みや不調の原因は実は骨盤にあった!!!腰痛を引き起こす腰椎と骨盤の深い関係性とは?

骨盤とは?

骨盤は仙骨、寛骨、尾骨という3つの骨によって成り立っています!

身体の中心にあり、上半身と下半身をつなぐ要というべき存在ですが仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節がひとつあるのみで、その周りは筋肉と靭帯の力だけで支えられているため、もともと不安定で歪みやすい骨と言えるのです!

歪みのタイプですが大きく分けて
3種類あります!

1、そるタイプ

これはほっこりお腹や出っ尻になりやすいといえるでしょう!
仙骨がそり、骨盤全体も後ろ側にそってしまいます!
放っておくと背骨のS字がゆがんで猫背になってしまうこともあります!

2、左右に開く

本来は綺麗なハート型をしている骨盤が、左右に開いて四角く変形しているタイプ。
筋力の低下が主な原因でこのタイプはお尻も四角くなります!

3、前後、上下にずれる

骨盤が前後、上下にずれて、ねじれているタイプ。お尻の筋肉がゆるんでたれたり、お尻の肉が流れて太ももが太くなってしまうこともあります!

ではどんなことが原因で骨盤がゆがんでしまうのでしょうか?

🌟座り方のチェック⭐️

横座り
床などに直接座る時に女性は特にやりがちな座り方で、同じ方向に左右の足を出す座り方です!
正座がつらくでついついしてしまいがちですが、同じ方向で長時間座ることは歪み原因になります。せめて方向を変えて座ってみましょう。反対方向が座れない、座りにくい時はすぐに歪んでいるサインなのです!

ぺたんこ座り

外側に足を出してお尻も一緒に床に直接つけて座ると、パンだけではなく、膝もねじれているので、膝関節の痛みにもつながってしまいます。骨盤だけではなく、膝もねじれているので、膝関節の痛みにもつながってしまいます。

あぐら

あぐらもよくありません!!バランスが良いようで、楽な座り方でもありますが、股関節が外に向いてしまい、骨盤を歪めてしまいます!

骨盤の歪みやねじれこそ、腰痛の原因になってしまうのです!

また生活習慣などはいかがでしょうか?きちんとした生活が送れているでしょうか?女性に多くあるのがハイヒールでの長時間いるということです!ヒールがあるとつま先だちになるため、ふくらはぎの筋肉は過度に緊張してしまいます!すると逆に太ももの筋肉はゆるみ、運動してお腹の筋肉も緩むことで骨盤の歪みが発生してしまうのです!

脚を組んでしまう

日常生活において脚を組んではいませんか?ソファーに座るときや駅のホームで待っている間ついつい脚を組んだりしていませんか?脚を組むとどうしても骨盤が左右に傾いた状態になります!つまり歪んだ状態を自ら引き起こしているということです!脚を組むイコール骨盤が歪むイコール腰痛の原因になる!と覚えておきましょうね!万が一、あ!私やっているかも!?なんて方がいましたらすぐやめる癖をつけましょう!脚組みなどが自分では気がつかないで行っている方が多いのです!

荷物を利き手のみでもってしまう

女性に多いのですがバッグなどをついつい利き手で持ってしまうなんて方も多いのではないでしょうか?体のバランスが崩れてしまうため骨盤の歪みも引き起こしてしまいます!左右のバランスが崩れないようにするため利き手に持ちがちな方は利き手と反対側にもつ意識をしましょうね!たとえは通勤中のカバンを意識的に利き手と反対側にもつようにするだけで骨盤の歪みは防げますのでぜひやって見てください!

当院の骨盤矯正は簡単なストレッチを交えながら骨盤の歪みやねじれの矯正を国家資格を持った先生が丁寧に矯正していきます!あなたのねじれや歪みのタイプを判断して適切な施術を行います!また整骨院に行ったことがないを不安に思っている方がもしいましたら、そんな不安は一切不要です!♪( ´▽`)なぜなら体の知識や技術には当院では資格をもった先生しかおりません!当院痛い施術や無理なことは絶対にしませんのでご安心くださいね!

腰痛でお悩みの方はぜひ札幌あゆみ整骨院北郷院にご相談くださいね!当院で腰痛だけではなく、交通事故などの怪我にも対応させていただいております!お気軽にお電話やラインでご相談ください( ^∀^)ノ

あわせて読みたい