腰痛の原因は腰の筋肉だけじゃない!?

こんにちは!札幌あゆみ整骨院琴似院です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
最近少しずつ暖かくなって来ましたね!
早く雪が溶けて桜を拝みたいものですが、きっとまだまだ先の話なんでしょうね・・・(゚∀゚)

さて、本日は腰痛についてお話しさせていただきます。

腰痛でお困りの皆様!腰痛を少しでも和らげようとストレッチを自主的に行なっている方!!!
『腰だけ』ストレッチしていませんか?

実は腰痛が起きる原因として考えられるのは、腰の筋肉だけではないのです!

 

腰痛に大きく関係している筋肉は?


*脊柱起立筋

腰には脊柱起立筋と呼ばれる首の後ろから腰まで伸びている長く大きい筋肉があります。
骨盤と脊髄を繋いで、脊柱を起立させる体の根幹となる重要な筋肉です。

人間が立って2足歩行ができるのは、この脊柱起立筋が作用しているからです。
立っているときも歩いているときも、座っているときも正しい姿勢を維持できているのはこのおかげです。

ですがデスクワークやスマートフォン操作など、どうしても前のめりになる体勢が続いてしまうと重い頭を支えるために首や肩の筋肉が緊張状態になって硬くなり、その硬くなった筋肉に脊柱起立筋も引っ張られて大きな負担がかかり、全体的にこり固まっていってしまうのです。

背中に走る大きな筋肉が硬くなると腰の筋肉も引っ張られて硬くなる・・・そういった負の連鎖が続くと、肩こり首こり腰痛など、体のいたるところに不調が現れてしまいます。

 

*ハムストリングス(大腿二頭筋)

ハムストリングスとはいわゆる太ももの裏の筋肉です。
なぜ腰痛なのに太ももの筋肉?と思いますよね。
実際腰痛で悩んでいる方がマッサージに行って太ももをもみほぐされてもそこじゃないのに!と思ってしまうかもしれません。
ですが腰痛が起きる原因として考えられるのは腰の筋肉だけではなく、体の様々な部分が関係しているのです。
このハムストリングスは骨盤からひざ下の骨まで繋がっている筋肉で、正常な場合は前屈したときに骨盤も前傾し、腰とハムストリングスが一緒に伸び、お互いが引っ張り合うことなく滑らかに動くのですが
ハムストリングスが硬くなってしまっていると前屈したときに骨盤が前傾しにくくなり、その分腰部筋が大きく曲がらなくてはいけなくなります。
そのため腰周りの筋肉への負担が大きくなり、腰痛を引き起こしてしまいます。

前屈が苦手、という方はこのハムストリングスが硬くなっていることが多いです。


*足首

足首が硬いのがどう関係しているんだ!と思いますよね。
先ほどからお伝えしている通り、腰が痛い=腰の筋肉だけが硬くなっているというわけではありません。
これは腰痛に限らず肩こりなどにも言えることです。
では、なぜ足首が腰痛と関係しているのかをご説明させていただきます。

まず自分で足首を回してみてください。ぎこちない動きではありませんか?
すいすい回らないという方は足首が硬くなっている可能性が大きいです。

運動不足や長時間同じ体勢を取ることが多い方は、足首の動きが悪くなりやすいです。
足首が硬くなり、動きが悪くなってしまうと足を地面に付けたときに正常な状態よりも衝撃を受けやすくなってしまいます。
筋肉は体全体に繋がっているので、足首が硬いとふくらはぎが硬くなり、ふくらはぎが硬くなると太ももが硬くなり、太ももが硬くなると股関節が硬くなり、股関節が硬くなると腰が硬くなり・・・結果的に腰痛に繋がってしまうのです。

腰が痛い!腰を治療しよう!では根本的な解決にはなりません。
なぜ自分は腰痛が起きてしまったのか?真の原因を突き止めるのが非常に重要となってきます。

ただ、大概の場合は上記の筋肉が硬くなってしまっている可能性が高いです。
自分ではあまり疲れを感じていなくても、実はかなり筋肉に負担がかかっていたりするもの。
全身のこり固まった筋肉をほぐして腰痛を改善しましょう。

 

腰痛に効果的なストレッチ

脊柱起立筋をほぐす

まず、四つん這いのポーズをとります。手は肩幅くらいに開きましょう。

ゆっくりと息を吐きながら背中を反らしてください。

このときしっかり肩を開いてください。

 

 

 

 

 

ゆっくり息を吸いながら背中をできるだけ丸めます。
じぶんのおへそを覗き込んでください。

これを1セットとして、5セットを目安に行なってください。
ポイントはゆっくりです!

 

 

 

ハムストリングスをほぐす

まずあぐらをかきます。
次に右足を伸ばし、足先を立てます。左は曲げたままです。

ゆっくり息を吐きながら右側に体を倒します。
余裕のある方は右足の裏を掴んでください。

10秒倒したらゆっくり息を吸いながら元の状態に戻ります。
これを1セットとし、5セットを目安として行いましょう。
ポイントは、背中を丸めず、折りたたむイメージ。
ゆ〜っくり息を吐きながら、少しずつ無理のない範囲で倒していきましょう。

終わったら反対も同じように5セット行なってください。



足首をほぐす

まず椅子に座ります。右足を左膝の上に乗せ、ゆっくりと時計回りで回します。
10回回したら反時計回りでまた10回ゆっくり回します。
終わったら反対も同じように回してください。

これも、ポイントはゆっくりです。

 

 

 

 

ちょっと上級者編

こちらのストレッチは硬くなった股関節をほぐすのに効果的なストレッチです。

まずよつんばいのポーズをとり、右足を後ろに伸ばし、左足を内側に曲げて身体の下に入れます。
両手は身体の横に置きます。

 

 

 

ゆっくり腰の力を抜き、上半身を倒して両手を前に伸ばします。
この状態でゆっくり深呼吸。15回を目安にしてください。
終わったら反対の足をゆっくり入れ替えて行なってください。

 

 

 

 

注意事項としては、今の時点でかなり腰痛がある方、後屈したときに強く痛みを感じる方は避けましょう!
また、腰痛がある方は筋肉が緊張して硬くなってしまっているため、痛みが出やすいです。
少しでも痛いと感じたら無理せず一旦休憩しましょう。
少しでも早く腰痛を直したい!とつい頑張ってしまう方は多いですが、これらのストレッチを痛みを我慢しながら行うのは逆効果です。
自分で心地よいと思う範囲で無理なく行なってくださいね。

 

『自分一人で腰痛を緩和するには限界がある気がする・・・』
『そもそもこのポーズすら痛くて(硬くて)出来ない・・・』
『そろそろ根本的にこの腰痛をどうにかしたい・・・』
そんなお悩みをお持ちでしたらぜひ札幌あゆみ整骨院琴似院へご相談ください!


札幌あゆみ整骨院琴似院では、人の手では届かない深い部分の筋肉までアプローチすることのできる微弱電流を使った治療を行なっております。
微弱電流と言ってもビリビリチクチクは感じません!
電気治療に抵抗のある方やご年配の方、小さなお子様でも安心して治療を受けていただくことができます。

痛くないソフトな施術ですので、痛いのが苦手な方でも大丈夫ですよ♫

当院はご予約優先制となっておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

あわせて読みたい