2021/09/21 症状について

坐骨神経痛

坐骨神経痛でお悩みの北海道札幌市の皆さま!札幌あゆみ整骨院へご相談ください!

こんなお悩みございませんか?

  • 脚の痺れにずっと悩まされている
  • 原因はわからないが、ふくらはぎが痛む
  • 立っているのが辛くて仕事にならない
  • 痛みがひどくて歩くことも難しい
  • 病院で処方された薬でも痺れが改善しない
  • 病院で手術した方がいいと言われたが、手術は嫌だ

 

そのお悩みお任せください!

症状についての説明

坐骨神経痛とは、実際は病名ではなく『症状の名前』を指すものになります。

人間が持つ神経の中でも最も長く太い神経が『坐骨神経』で、腰の辺りからつま先まで伸びているこの『坐骨神経』が様々な原因で圧迫、刺激を受けることによって出る痛みや、痺れるような痛みの総称が『坐骨神経痛』なのです。

多くの場合、腰の痛みに続いて、『坐骨神経痛』に発展します。

腰の後ろあたりからつま先にかけて、特に痛みやしびれ、皮膚の感覚異常や圧迫感、膨張感などが現れる場合もあり、重症になると歩くことも厳しい状況になる可能性もあります。

重症になる前に、症状が軽いうちに治療することが大切です。

傾向としては中高年に多いと言われてますが、当院にご相談に来られる方はその限りではなく、様々な年代の方が坐骨神経痛のお悩みでご来院頂いております。

原因

このつらい坐骨神経痛の一番の原因は、多くの場合「深層筋」の不調による骨格の歪みによるものです。

前述の通り、腰痛から誘発される坐骨神経痛を引き起こすそもそもの原因というのは、

①腰に対して継続的に負担がかかっている

②骨格自体が歪んでしまっていること

によります。

脚を組んでの長時間のデスクワーク、長距離運転などの、『良くない姿勢』を続けてしまうことで、腰への負担がどんどん溜まってしまいます。筋肉自体の疲労だけでなく、腰への負担から神経を圧迫してしまうこともあります。ですので、表面の筋肉を緩めるだけでなく、姿勢や骨格自体の問題が解決しなければ意味がありません。

姿勢の重要性については、良くない姿勢の例で挙げられる『猫背』の状態とまっすぐに立った時の状態を比較すると、なんと!2倍以上の負担が腰にかかっていると言われます。
腰痛や坐骨神経痛が現れる状態というのは、すでにこの『猫背』の状態が身体にくせ付いてしまっている状態です。

大切な役割を担う、この『筋肉』には繰り返しの動きや状態を覚えるという機能があります。

例えていうと、スポーツなどでも、何度も練習を重ねれば、動きをしっかりと覚えて、必要な筋肉もつき、良い状態を保てるようになるのがその例ですね。

つまり、『腰に良くない姿勢=猫背』がラクな人は、猫背の状態を筋肉が『楽だ』と覚えてしまっているためにその姿勢を取ってしまい腰への負担が増え坐骨神経痛になってしまう、というルートになるので、まずは悪い状態の筋肉の状態をリセットし、正しい良い姿勢のクセを筋肉に覚えさせる必要があるのです。

当院での改善法

実は、骨盤や姿勢は、強い力を加えずとも、人間の身体に備わっている『形状記憶の機能』により、骨格を支えている筋肉の状態を良い状態へ整えていくことが可能であり、骨格を優しく矯正してあげるだけでも十分に整います。

そして、骨格(姿勢)と深層筋の両方を整えることで、坐骨神経痛の根本的な原因から整え、

「深層筋」と「骨格」この両方の調整を同時に行うことで、坐骨神経痛の根本的な改善を目指すことができます。

この2つにアプローチするためには、手での表面の筋肉へのマッサージだけでは難しいのが実際のところです。なぜなら、これらの筋肉は深い部分にあり、手では届かないのです。

当院の「ACRバランス調整法」は、NASAの技術で開発された、プロスポーツの現場で活用されている最新技術を用いて、手では届かない深層筋へと直接アプローチすることができる当院オリジナルの施術方法です。

さらに、根本的な解決のために大切な骨格に対し、あなただけのオリジナルの骨格矯正も行っていきます。

身体の痛み・不調を感じている方を
全力サポート!!

治療に関する相談・ご予約は、
お電話LINEメールで承っております。

電話・LINE でのお問い合わせ

メール予約は365 日・24 時間受付中!

受付時間

平日
10:00~13:00・16:00~20:00
土曜日
9:00~12:00・13:30~17:30
日 ・ 祝
9:00~12:30

※診療時間は店舗によって替わります

受付時間 / 平日 10:00 ~ 13:00 ・ 16:00 ~ 20:00 土曜 9:00 ~ 12:00 ・ 13:30 ~ 17:30 日・祝 9:00 ~ 12:30

※診療時間は店舗によって変わります